吉川『三国志』の考察 第034話「石(いし)」

荊州(けいしゅう)の諸城を手際よく陥し、劉表(りゅうひょう)の本拠である襄陽(じょうよう)を包囲する孫堅軍(そんけんぐん)。

ところが蒯良(かいりょう)の計にはまり、孫堅は思わぬ形で最期を遂げる……。

スポンサーリンク

第034話の展開とポイント

(01)襄陽(じょうよう)

旋風のあった翌日、蒯良(かいりょう)が密かに劉表(りゅうひょう)に進言。昼の狂風のほかにも、夜に入って常には見ない熒星(けいせい。火星)が西の野に落ちたことを伝える。

蒯良は、味方にとって憂うべきことではなく、むしろ壇を設け祭ってもいいくらいだと言い、この機を外さず、袁紹(えんしょう)に使者を遣わし援助を乞うよう勧めた。

劉表が、城外の孫堅軍(そんけんぐん)の囲みを突破して使いをする者を募ったところ、呂公(りょこう)が進んで命を受けた。

蒯良は一策を授け、敵の囲みを破ったあとで峴山(けんざん)に登り、山の要所に準備しておいた岩石や大木、そして矢をもって追撃してくる敵を撃退し、そのうえで袁紹のところへ向かうよう伝える。

その夜、呂公は密かに鉄騎(精鋭の騎兵)500を従え城外へ抜け出した。

(02)峴山

孫堅は襄陽城から兵が脱出したことに気づくと、自ら馬に飛び乗り真っ先に追いかける。急なことだったので、すぐに続いた者は3、40騎しかいなかった。

呂公が山上によじ登り迎撃の準備を整えていたところ、山の下まで追ってきた孫堅が部下たちとともに登りにかかる。

断崖(だんがい)の上にいた呂公が合図を送ると大小の岩石が一度に落とされ、下にいた孫堅とその部下3、40人を埋めるばかりとなった。さらに、四方の木陰からもすさまじい矢うなりが周囲を包む。

孫堅は、頭上に降ってきた一個の巨大な磐石(ばんじゃく。岩)に馬もろとも押しつぶされ亡くなった。このとき37歳。初平(しょへい)2(191)年の辛未(かのとひつじ)、11月7日の夜だった。

夜明けと同時に、疎林の中に残っていた射手の一部隊が孫堅の死体を見つけると、狂喜して城内へ奪い去った。

孫堅の死は初平2(191)年のことなのか、初平3(192)年のことなのかはっきりしない。『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝)では、孫堅が亡くなった年を初平3(192)年としている。

だが『三国志』(呉書・孫策伝〈そんさくでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』には、建安(けんあん)3(198)年に(孫堅の息子の)孫策が献帝(けんてい)に奉った、詔(みことのり)に対する謝意を示した上表文が載せられており、その中で父の孫堅を17歳の時に亡くしたことを述べている。

裴松之は、本伝に孫策が建安5(200)年に亡くなり、そのとき26歳だった(つまり熹平〈きへい〉4〈175〉年生まれ)とあることに着目。もし孫堅が亡くなったのが初平3(192)年であるなら、当時の孫策は17歳ではなく18歳だったことになる。そして『呉録』にある上表文の内容とも矛盾する、と指摘。

そのうえで、張璠(ちょうはん)の『漢紀(かんき。後漢紀〈ごかんき〉)』や胡沖(こちゅう)の『呉歴(ごれき)』が孫堅の死を初平2(191)年としていることも挙げ、「孫堅伝」のほうが誤りだと結論づけている。

なお、『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第7回)では「(孫堅が亡くなったのは)初平3(192)年、辛未、11月7日であった」とある。

(03)襄陽

黄祖(こうそ)・蔡瑁(さいぼう)・蒯良などがみな一斉に城門を開き、大混乱する孫堅軍を突き崩しにかかる。孫堅を失った兵士たちは戦うも力なく、討たれる者が数知れなかった。

黄祖も城内から打って出ていたが、いつ彼が鄧城(とうじょう)から戻ってきたのかわからない。なお、井波『三国志演義(1)』(第7回)では黄祖が襄陽に戻ってきたことが書かれており、このような疑問は感じない。前の第33話(08)を参照。

漢江(かんこう。漢水〈かんすい〉の別名)の岸に兵船をそろえていた黄蓋(こうがい)は、孫堅の不慮の死を知って大いに憤り。船から兵を上げ追撃してきた黄祖軍に当たり、乱軍の中で黄祖を生け捕りにする。

また、漢江まで逃げる孫策を見かけた呂公が追ってくると、孫策は程普(ていふ)とともに討ち取る。

井波『三国志演義(1)』(第7回)では、程普が(ひとりで)呂公を討ち取ったように描かれていた。

こうして完全に夜が明けると、劉表軍は城内に引き揚げ、孫策軍も漢水方面まで退いた。相互の死傷者は驚くべき数に上っていた。

孫策が、父の遺体が敵の手に収められたことを知り慟哭(どうこく)していると、黄蓋は敵将の黄祖を生け捕りにしてあると伝え、彼の身柄と交換する形で孫堅の遺体を味方へ乞い受けるよう進言。

孫策は軍吏の桓楷(かんかい。桓階)を遣わし、孫堅の遺体と黄祖の身柄との交換をまとめ、同時に両軍は停戦協定も結ぶ。

このとき蒯良は、桓楷の首を刎(は)ね漢水への追撃を命ずるべきだと反対したが、劉表は黄祖とは心腹の交わりがある君臣だと言い、その意見を退けた。

孫策は弔旗を掲げて国へ帰り、父の柩(ひつぎ)を長沙城(ちょうさじょう)に奉じ、やがて曲阿(きょくあ)で荘厳な葬儀を執り行った。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

孫堅の死にはいろいろな説がありますが、ここで採られている最期もかなり劇的なもの。それでも、ここまで大活躍だったわりには実に呆気(あっけ)ない死でした。

こういうところが孫堅の魅力のひとつなのでしょうけど、やはり大将自身が先頭を駆けるというのはリスクも大きいのですね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました