吉川『三国志』の考察 第108話「五関突破(ごかんとっぱ)」

曹操(そうそう)の承諾を得たうえで許都(きょと)を離れたはずの関羽(かんう)だったが、行く先々で曹操配下の部将たちに阻まれてしまう。

やむなく関羽は各地の守将を斬りながら進み、何とか船を手に入れて黄河(こうが)を渡る。

スポンサーリンク

第108話の展開とポイント

(01)東嶺関(とうれいかん)

胡華(こか)の家を発ってから、破蓋(はがい)の簾車(れんしゃ)は日々秋風の旅を続けていた。やがて洛陽(らくよう)へかかる途中にひとつの関所がある。曹操(そうそう)配下の孔秀(こうしゅう)が500余騎をもって関門を固めていた。

『三国志演義大事典』(沈伯俊〈しんはくしゅん〉、譚良嘯〈たんりょうしょう〉著 立間祥介〈たつま・しょうすけ〉、岡崎由美〈おかざき・ゆみ〉、土屋文子〈つちや・ふみこ〉訳 潮出版社)によると「東嶺関は関所の名。司隷州(しれいしゅう)河南尹(かなんいん)に属す。なお、この地名は後漢(ごかん)・三国時代にはなかった」という。

関羽(かんう)は劉備(りゅうび)の二夫人が乗る車を留め、ただ一騎で先に駆け出し、関門の通過を願い出る。しかし孔秀は、曹操(そうそう)の告文を持っていないことを理由に通過を拒む。押し問答の末、関羽は孔秀を両断して通り抜けた。

(02)洛陽

数日後、洛陽の城門が遠くに見えてくる。もちろんここも曹操の勢力圏内であり、配下の諸侯のひとりである韓福(かんふく)が守っていた。

ここで韓福が諸侯のひとりだとあった。ちょっと引っかかったので採り上げておく。韓福は正史『三国志』に見えない人物なので、ある程度は自由な設定もアリか?

市外の関門は夕べから物々しく固められている。関羽が孔秀を斬って東嶺関を破ったことは伝わっており、常備兵に屈強な1千騎を加え、付近の高地や低地にも伏兵を潜ませていた。

関羽が開門を呼びかけると、洛陽太守(らくようたいしゅ)の韓福は自ら馬を進め、告文を見せるよう迫る。

ここで関羽が漢(かん)の寿亭侯(じゅていこう)を称していた。だが先の第106話(06)では、寿亭侯の印も許都(きょと)の屋敷に置いてきたとあったはず。封侯の印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を置いてきたのに、なお爵号だけを唱えるというのは納得がいかない。ご都合主義的な展開になっていると思う。

小ネタとしてはうまいと思うが、史実の関羽は寿亭侯ではなく漢寿亭侯(かんじゅていこう。漢寿は地名)である。なお『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第26回)では、曹操の上表により関羽が漢寿亭侯に封ぜられ、印を贈られたとしか書かれていない。

また韓福は洛陽太守だとあったが、この官職はおかしいと思う。この時の都は洛陽ではなく許都ということになるが、洛陽太守に相当するのは河南尹ではないだろうか?

関羽が孔秀を斬ってきたことを公言すると、四面に銅鑼(どら)が鳴り、山地や低地には金鼓が轟(とどろ)く。

韓福配下の猛者である孟坦(もうたん)があっさり関羽に討たれると、ひるみ立った兵士たちは関門の中へ逃げ込んだ。韓福は門の脇(わき)に馬を立て、向かってくる関羽に一矢を放つ。矢は彼の左臂(ひだりひじ)に当たった。

関羽は韓福を目がけて駆け寄り、その首を斬り落とす。韓福配下の兵士たちは肝を冷やし、われがちに赤兎馬(せきとば)の蹄(ひづめ)から逃げ散った。

関羽は血震いしながら遠くにいる車を呼び、洛陽へ入る。一時はどこからともなく、しきりに車に向かって矢が飛んできたが、韓福と孟坦の死が伝わると全市は恐怖に満ち、行く手を遮る兵士もなかった。

(03)沂水関(ぎすいかん)

洛陽を出てから数日後、宵のころ沂水関にかかる。

『三国志演義(2)』の訳者注によると「この(井波『三国志演義』の)訳稿の底本である縦組繁体字版の『三國演義』(人民文学出版社、1957年1月北京第二版)は沂水関に作るが、横組簡体字版の『三国演義』(人民文学出版社、1973年12月北京第三版)は汜水関(しすいかん)に作る」という。

「毛本(もうほん)や明(みん)刊本はこの(『三国志演義』)第27回で、関羽が汜水関を通って鎮国寺(ちんこくじ)に至り、普浄(ふじょう)に出会うと叙述する。一方、(『三国志演義』)第77回で『法名を普静といい、もと汜水関の鎮国寺の長老である』という」ともある。さらに「北京第三版では、物語の地理的状況から判断して汜水関に統一している。ちなみに法名は普浄とする」ともある。

ここはもと黄巾(こうきん)の賊将で、後に曹操に降参した弁喜(べんき。卞喜)という者が固めていた。山には、漢の明帝(めいてい。劉荘〈りゅうそう〉)が建立した鎮国寺という古刹(こさつ)がある。

弁喜はこの寺に大勢の部下を集め、関羽が来たらばと何事か謀議していた。

この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「明帝は後漢の第2代皇帝(こうてい)。伝説では明帝期に白馬寺(はくばじ)に仏教が伝来したという」とある。

(04)鎮国寺

弁喜は山麓(さんろく)の関門をとがめずに通し、鎮国寺の山門で僧侶(そうりょ)たちとともに関羽の一行を出迎える。

長老の普浄和尚(おしょう)が簾中の二夫人に茶を献ずると、関羽はわがことのように喜び慇懃(いんぎん。丁寧)に礼を述べた。

普浄は関羽とは同郷で、蒲東(ほとう)の生まれだと話す。

『三国志演義大事典』によると「蒲東は地名で正しくは蒲州(ほしゅう)。司隷州河東郡(かとうぐん)に属し、関羽の原籍地とされる」という。また「蒲州という地名は後漢・三国時代にはなかった。この地名が行政単位として置かれたのは、実際には十六国時代の北周(ほくしゅう)の時である」ともいう。

さらに「『三国志演義』(第1回)では、関羽の原籍地は河東郡解良県(かいりょうけん。正しくは解県)となっている。そこで、ここにいう蒲東とは河東郡を指すという説もある」ともいう。

弁喜が見とがめて、早く賓客を堂中へお迎えせよと急かすと、その折に普浄は関羽へ、何か目をもって告げるらしい様子を見せた。

酒宴に臨んだ関羽だったが、この席で弁喜を両断。震い恐れた敵は十方へ逃げ散ったらしく、再び静かな松籟(まつかぜ)が返ってきた。

関羽は二夫人の車を守り、夜が明けないうちに鎮国寺を発つ。別れに臨み礼を述べると、普浄は近く他国へ雲遊するつもりだと告げる。こうして夜が明け放れるころには、すでに関羽は沂水関を越えていた。

(05)滎陽(けいよう)

滎陽太守の王植(おうしょく)は早打ちを受け取っていたものの、 城門を開き自ら関羽一行を出迎え、すこぶる丁重に客舎へと案内する。

井波『三国志演義(2)』(第27回)では、王植と韓福は妻同士が姉妹だったとあった。

夕刻に王植から使いが来て関羽を酒宴に誘った。しかし関羽は、二夫人のおそばを離れるわけにはいかないからと断り、士卒とともに馬に秣糧(まぐさ)を飼っていた。

王植はむしろ喜ぶと、従事(じゅうじ)の胡班(こはん)を呼び密かに謀計を授ける。ただちに胡班は1千余騎を促し、夜も二更(にこう。午後10時前後)のころ密やかに客舎を遠巻きにした。

そして関羽らが寝静まるのを待ち、客舎の周りに投げ炬火(たいまつ)をたくさん用意し、乾いた柴(シバ)に焰硝(えんしょう。火薬)を抱き合わせ、柵門(さくもん)の内外へ運び集める。

後は合図を上げるばかりに備えていたが、胡班は灯火の消えない一房が気になり、忍びやかに近づき房中をうかがった。

書物を読んでいた関羽が何者だと静かにとがめると、胡班は敬礼し、「王太守の従事、胡班と申す者です」と言ってしまう。

関羽は胡班の名を聞き、書物の間から一通の書簡を取り出して示す。以前に泊めてもらった家の主の胡華(こか)から、息子の胡班あてに書かれた紹介状だった。

関羽が胡華から紹介状をもらったことについては、前の第107話(04)を参照。

胡班は父の書状を読むと王植の謀計を打ち明け、一刻も早くここから落ちるよう促す。驚いた関羽は取るものも取りあえず、二夫人を車に乗せて裏門から脱出した。

その夜、王植は城門を擁して厳しく備えていたが、かえって関羽のために憤怒の一刃を浴び、非業の死を遂げる。

胡班は、関羽を追うと見せかけ城外の数十里(り)まで追撃してきたが、東の空が白みかけると遠く弓を振り、それとなく別れを告げた。

(06)滑州(かっしゅう)

日を重ね、関羽一行は滑州の市城へ入る。

『三国志演義大事典』によると「滑州は後漢では兗州(えんしゅう)東郡(とうぐん)の白馬県(はくばけん)の東に属す」という。また「この地名は後漢・三国時代にはなかった。滑州が行政単位として置かれたのは実際には隋代(ずいだい)のことである」ともいう。

太守の劉延(りゅうえん)は弓槍(きゅうそう)の隊伍を連ね、関羽を街上に迎えると、この先の黄河(こうが)をどうやって渡るつもりかと試問した。

関羽がもちろん船で渡りたいと言うと、劉延は、黄河の渡口は夏侯惇(かこうじゅん)の配下の秦琪(しんき)が要害を守っているから、渡ることを許さないだろうと応ずる。

そこで関羽が船を貸してほしいと頼むと、丞相(じょうしょう。曹操)の命令が届いていない以上は貸せないとの答え。関羽は一笑し、そのまま二夫人の車を押させ秦琪のもとに赴く。

(07)黄河の河港

やってきた関羽を見た秦琪は告文を見せろと言い、ないとわかると通過を拒む。

洛陽の時と同じく、ここでも関羽は漢の寿亭侯を称していた。

関羽は秦琪を討ち取り、埠頭(ふとう)の柵を破壊して繫船門(けいせんもん)を占領する。刃向かう雑兵らを追い散らしつつ一艘(いっそう)の美船を奪い、二夫人の車を移すや否や、纜(ともづな)を解いて帆を張り、満々たる水へ漂い出した。

ここで関羽が五関を突破してきたことを振り返っていたが、許都を発してから、襄陽(じょうよう)、覇陵橋(はりょうきょう)、東嶺関、沂水関、滑州と踏破したと言っていた。このうち襄陽はいきなり出てきた感じだが、どう解釈すればいいのだろうか?

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

各地の守将を斬りに斬って、何とか黄河を渡るところまで漕(こ)ぎ着けた関羽。この第108話で一挙に片づいたためテンポはよかったのですが、これをまとめるのは大変でした。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました