吉川『三国志』の考察 第140話 「新野を捨てて(しんやをすてて)」

病死した劉表(りゅうひょう)の跡を継いだ劉琮(りゅうそう)は、戦うことなく曹操(そうそう)に降伏してしまった。

関羽(かんう)は配下の部隊からこの話を聞き知ると、降使を務めた宋忠(そうちゅう)を伴い新野の劉備(りゅうび)に報告する。劉備は新野を捨て樊城(はんじょう)へ向かう決断を下すが――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第140話の展開とポイント

(01)宛城(えんじょう)

曹操(そうそう)の大軍が宛城に到着。近県の糧米や軍需品を徴発し、いよいよ進撃に移るべく再整備をしていた。そこへ荊州(けいしゅう)の劉琮(りゅうそう)から、降参の使いとして宋忠(そうちゅう)の一行がやってくる。

曹操は大満足で、劉琮を忠烈侯(ちゅうれつこう)に封じ、長く荊州太守(けいしゅうのたいしゅ)たる保証を与えようと言う。宋忠は衣服や鞍馬(あんば)を拝領し、首尾よく荊州へ帰っていった。

ここで出てきた忠烈侯というのがよくわからず。何だか雑号将軍(ざつごうしょうぐん)みたいな爵位だが、忠烈という地の県侯(けんこう)というわけでもなさそう。

なお『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第40回)では、曹操が宋忠に、劉琮に襄陽(じょうよう)の城外まで出迎えるよう言いつけ、そうすれば彼を長く荊州の主とすると話していた。ここでは忠烈侯についての言及はないようだ。

(02)新野(しんや)

宋忠が江を渡って渡船場から上がってくると、この辺りを守っていた関羽(かんう)の一隊に出くわす。話を聞いた関羽は宋忠を引っ提げ新野へ向かう。

初めて事情を知った劉備は悲涙にむせび、昏絶(こんぜつ)せんばかりだったが、いまさら首を刎(は)ねても仕方ないと、宋忠は城外へ放した。

そうしていたところへ、荊州の幕賓である伊籍(いせき)が訪ねてくる。

井波『三国志演義(3)』(第40回)では、伊籍は劉琦(りゅうき)の使者としてやってきたとあった。

彼は、蔡夫人(さいふじん)や蔡瑁(さいぼう)が劉琦を差し置き劉琮を国主に立てたことを痛憤し、その鬱懐(うっかい)を訴えに来たのだった。

伊籍は荊州降伏の話を聞くと、ただちに喪を弔うと称して襄陽へ行き、欺いて劉琮を奪い取り、蔡瑁や蔡夫人らの奸党(かんとう)閥族を一掃するよう勧める。

諸葛亮(しょかつりょう)も同意するが、劉備はただ涙を垂れるのみで、亡き劉表(りゅうひょう)の信頼に背くことはできないと拒む。

劉備は新野を捨てて樊城(はんじょう)に避けると言うが、そこへ早馬が着き、すでに曹操軍の先鋒が博望坡(はくぼうは)まで迫ってきたと伝える。

伊籍が帰ると諸葛亮は劉備を慰め、さっそく諸将に命を下す。

井波『三国志演義(3)』(第40回)では、曹操軍の接近を聞いた劉備が伊籍に、江夏(こうか)へ戻って軍馬を整備するよう命じている。

まずは城下の四門に高札を掲げ、領下の者に避難を促した。遅れる者は曹操のため必ず皆殺しにならんと。

孫乾(そんけん)には、西河(さいか)の岸に舟をそろえ避難民を渡すよう命ずる。糜竺(びじく。麋竺)には、渡ってきた百姓たちを導き樊城へ入れるよう命ずる。

関羽には、1千余騎をひきい白河(はくが)上流に埋伏し、土囊(どのう)を築いて流れをせき止めるよう命ずる。

明晩の三更(さんこう。午前0時前後)のころ、白河の下流で馬のいななきや兵の叫び声が聞こえたら、土囊の堰(せき)を切って落とし、激水とともに一斉に攻めかかれと。

さらに張飛(ちょうひ)も、1千余騎をひきいて白河の渡口(わたし)に兵を伏せ、関羽と一手になり曹操の中軍を完膚なきまで打ちのめすようにとも。

そして趙雲(ちょううん)に3千の兵を授け、乾燥した柴(シバ)・蘆(ヨシ)・茅(カヤ)などを十分に用意し、硫黄や焰硝(えんしょう。火薬)を包んで楼上へ積み置くよう命ずる。

明日の暮れ方から大風が吹くと言い、そのとき兵を三方に分け、西門・北門・南門の三手から火矢・鉄砲・油礫(あぶらつぶて)などを投げかけて一斉に兵なき東門へ駆け迫れと。

油礫はまぁいいとしても、ここで鉄砲が出てくるのはどうだろうか?

城内の敵兵はことごとく東門から逃げあふれてくるので、その混乱を存分に討ち、頃合いを見て引き返せ。白河の渡口で関羽や張飛の手勢と合流したら、樊城を指して急ぎに急げとも。

命を受けた諸将が勇躍して立ち去ると、諸葛亮は糜芳(びほう。麋芳)と劉封(りゅうほう)を呼ぶ。そこで糜芳には紅の旗を、劉封には青の旗を、それぞれ手渡し、何か計を授ける。

やがてふたりは1千余騎ずつを従え、新野から約30里(り)にある鵲尾坡(じゃくびは)へ急いでいった。

(03)新野の郊外

曹操は総軍の司令部を宛城に置き情勢を大観。曹仁(そうじん)と曹洪(そうこう)を大将とする先鋒の第1軍10万は、許褚(きょちょ)の精兵3千を加え、その日すでに新野の郊外まで殺到していた。

昼ごろ曹仁らは兵馬を休ませる。案内の者に聞くと、ここは新野まで30余里の鵲尾坡だという。

そのうち偵察に出た数十騎が引き返してきて、少し先には山に拠り、峰に沿い陣取っている敵がいると報告。一方の山では青の旗を打ち振り、もう一方の峰では紅の旗を打ち振って、何やら呼応の形を示しているようだとも。

これを聞くと許褚が当たってみると言い、手勢3千をひきい深々と前進。報告どおりふた色の旗が打ち振られているのを見るが、味方の手出しを戒めひとりで引き返し、曹仁の指示を仰いだ。

曹仁は一笑に付し、ふた色の旗などは敵の虚勢だと判断。許褚は再び鵲尾坡から取って返し、兵に下知して進軍を続けたものの、ひとりの敵も出てこない。

日が沈むと山懐は暗く、東の峰の一方が夕月にほの明るかった。その時、山の絶頂から大擂(だいらい)を吹く音が聞こえ、許褚の手勢はみな足を止める。

よく見ると峰の頂上にやや平らな所があり、そこに一群の旌旗(せいき)を立て、傘蓋(さんがい)を開き対座している人影がある。月の昇るに従い、それが劉備と諸葛亮であることがわかった。

許褚は愚弄(ぐろう)されたと感じてひどく怒り、手勢を励まし山の絶壁に取りすがる。ところが、たちまち巨岩や大木の雨が幕を切って落とすようになだれてきた。幾十か知れない人馬が傷つき、あわてて兵を退く。

許褚が考え迷っているところへ曹仁や曹洪らの本軍が合流。曹仁はみなを叱咤(しった)してしゃにむに猛進を続け、ついに新野の街まで押し入った。

(04)新野

曹仁らは劉備と諸葛亮の逃げ足のきれいさを笑い、ここで全軍を休ませて一泊することを決める。この後、曹仁や曹洪らが城に入り酒を酌み交わしていると、外の番卒が火事だと騒ぎ立てた。

曹仁は、兵卒が飯を炊く間に誤って火を出したのだろうと余裕を示すが、外の騒ぎはいつまでもやまない。西門・北門・南門の三門が火の海となり、曹仁と曹洪が敵の火攻めに気づいたときにはもう遅かった。

東門には火がないと、誰言うとなくわめき合い、幾万という人馬がわれがちに一方へ押し流れる。

(05)新野の郊外

曹仁や曹洪らは辛くも火中を脱したが、道に待っていた趙雲に阻まれ散々に打ちのめされる。あわてて後ろへ戻ると、今度は劉封と糜芳が一軍をひきいて前を立ちふさいだ。

仰天した曹操軍は白河の辺りまで逃げ去り、ホッとひと息ついていたが、かねて上流に埋伏していた関羽の一隊は、遠く兵馬の声を耳にし一斉に土囊の堰を切る。さながら洪水のような濁流は暗夜の底を吠(ほ)え、曹操軍数万を雑魚のように呑み消した。

管理人「かぶらがわ」より

あくまで荊州を奪おうとしない劉備。そして、この第140話は諸葛亮劇場でした。

曹仁も数多くの物見を使っているはずなのですけど、ここまで計略に引っかかると逆に噓(うそ)くさい感じが、と思っていたら、やはりこのあたりのことは史実に見えないもの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (06) 赤壁の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました