吉川『三国志』の考察 第141話 「亡流(ぼうりゅう)」

曹仁(そうじん)と曹洪(そうこう)ひきいる第1軍の10万と、許褚(きょちょ)ひきいる精兵3千は、諸葛亮(しょかつりょう)の計略にことごとくはまり、新野(しんや)に続き白河(はくが)でも多くの味方を失う。

この敗報を聞いた曹操(そうそう)は大いに立腹し、一気に劉備(りゅうび)の拠点を屠(ほふ)ろうと考えた。だが劉曄(りゅうよう)に諫められると、あえて徐庶(じょしょ)を樊城(はんじょう)へ遣わし、劉備に降伏を促してみる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第141話の展開とポイント

(01)新野(しんや)の郊外

この夜、白河(はくが)の底に溺(おぼ)れ死んだ人馬の数はどれほどか、その大量なこと計り知るべくもない。

「白河」については先の第126話(01)を参照。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典』(沈伯俊〈しんはくしゅん〉、譚良嘯〈たんりょうしょう〉著 立間祥介〈たつま・しょうすけ〉、岡崎由美〈おかざき・ゆみ〉、土屋文子〈つちや・ふみこ〉訳 潮出版社)によると「『博陵』は渡し場の名。荊州(けいしゅう)南陽郡(なんようぐん)の新野県に属する。なお、この地名は後漢(ごかん)・三国時代にはなかった」という。

張飛は大魚を逸したものの、久しぶりに胸がすいたと言う。兵を収めて江岸を上ると、かねて示し合わせてある劉備(りゅうび)や諸葛亮(しょかつりょう)と合流。そこには劉封(りゅうほう)や糜芳(びほう。麋芳)らが船をそろえ待っていた。

劉備以下の全軍が対岸へ渡り終えたころ、夜は白みかけていた。諸葛亮は船をみな焼き捨てるよう命じ、樊城(はんじょう)へ入る。

(02)宛城(えんじょう)

曹操(そうそう)は味方の第1軍の大敗を聞くと、新野・白河・樊城などを一挙に屠(ほふ)るべく大行動に移ろうとした。

これを劉曄(りゅうよう)が諫め、この地方には丞相(じょうしょう。曹操)の威名や仁慈が知られていないと言い、武威を示すよりも降伏を促すべきだと述べる。

一時いきり立った曹操も大いにうなずく。それでも、誰を使いに遣るかということに考えを残している様子だった。

すると劉曄は徐庶(じょしょ)が適任だと言う。曹操は、徐庶を遣ったら再び帰ってくるはずがないと応ずる。

しかし劉曄は、劉備との交情が天下周知のことだからこそ、この使いから彼が帰らなければ天下の物笑いになると言う。曹操は徐庶に大命を授けると、劉備のいる樊城へ遣わした。

ここにあった劉曄の発想が理解できない。先の第130話(03)にあるような形で徐庶の母が自害したとするなら、徐庶が劉備のもとへ戻っても天下の物笑いにはならないと思うのだが……。

(03)樊城

こうして徐庶が樊城に着くと、劉備は諸葛亮とともに堂へ迎える。徐庶は、曹操の本志が和議にはなく、民心の怨嗟(えんさ)を転嫁せんための奸計(かんけい)だと告げた。

すぐに徐庶は帰っていったが、この返事が届くまでの間に劉備は再び城を捨て、ほかに安らかな地を求めなくてはならない。

誘降を拒絶したと聞けば、曹操は「民を戦禍に投じた者は玄徳(げんとく。劉備のあざな)である」と罪をなすり、台風のごとく攻めてくることが決定的とみられたからである。

劉備は、諸葛亮の勧めに従い(対岸の)襄陽(じょうよう)へ避けることにし、関羽(かんう)に渡江の準備を命じた。

(04)樊城の城外

関羽は江頭に舟をそろえ、数万の百姓を集めてこのように言い渡す。

「われらとともに行かんとする者は江を渡れ。後に残ろうと思う者は、去って旧地の田を耕すがいい」

百姓老幼みな声をそろえて泣き、ずっと付き従っていく意思を示した。そこで関羽は糜竺(びじく。麋竺)や簡雍(かんよう)らと協力し、この膨大なる大家族を次々に舟に盛り上げては対岸へ渡していく。

劉備も舟に移り渡江にかかったが、折もあれ約5万の曹操軍が、馬煙を上げ樊城の城外から追いかけてきた。岸に群れ惑う者、舟の中に泣き叫ぶ者、誤って河中に落ちる者など、男女老幼の悲鳴は水にこだまし思わず耳を覆うばかり。

劉備はその様子を眺め身悶(もだ)えしていたが、突然、船べりに立ち河中に身を投げようとする。左右の人々が驚いて抱き止め、嘆き諫めたので、ようやく死を思いとどまった。

関羽は逃げ遅れた百姓の群れを助け、老幼を守り後から渡ってくる。こうして対岸に渡り着くや、劉備は休む間もなく襄陽へと急いだ。

(05)襄陽

襄陽城には、先ごろから幼国主の劉琮(りゅうそう)やその母たる蔡夫人(さいふじん)以下が荊州から移住している。

「蔡夫人」については先の第122話(03)を参照。

ここでは明らかに(劉琮たちが)荊州から襄陽へ移住してきたとあった。先の第139話(04)と同様、ここも意味がわからない記述になっていると思う。「荊州城」と「襄陽城」との扱いに混乱が見られることについては、先の第122話(03)を参照。

この様子を城中で見ていた魏延(ぎえん)は、義憤を発し城門を開けようとした。仰天した蔡瑁(さいぼう)は張允(ちょういん)に命じて討たせようとする。

魏延は、吊(つ)り橋を下ろし劉備を迎え入れようと叫ぶが、張允や文聘(ぶんぺい)などが争って妨げた。

城外にいた関羽や張飛らは進退に迷い、諸葛亮に尋ねる。諸葛亮は同士討ちを起こしているようだと言い、道を変えて江陵(こうりょう)へ行くことを提案した。

劉備らが引き返していくのを見ると、日ごろ彼を慕っていた城中の将士は争って蔡瑁の麾下(きか)から脱走。城門の混乱に乗じ、後を追っていく者は引きも切らないほどだった。

魏延はただ一騎となっても戦い続けていたが、ついに一方の血路を切り開き城外へ出る。すでに劉備は遠く去ってしまっていたのでやむなく長沙(ちょうさ)へ落ち、後に長沙太守(ちょうさたいしゅ)の韓玄(かんげん)のもとに身を寄せた。

(06)江陵へ向かう劉備

劉備は数万の百姓を連れ江陵へ向かっていたが、なにぶん病人はいるし、足弱な女も多い。

幼を負い老を助け、家財を携え車駕(しゃが。本来は「天子〈てんし〉の乗る車」の意)や担輿(たんよ)なども雑然と続いていく始末。道は1日に10里(り)も進めば関の山という状態だった。

『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第41回)では、劉備に同行した兵士と住民は10万人以上だったとある。

これには諸葛亮も困り果て、劉備に決断を迫る。ここは一時、涙を飲んでも、百姓や老幼の足手まといを振り捨て、一刻も早く江陵へ行き着き処置を急がれるようにというのだった。

それでも劉備は依然として、「民とともに死ぬなら死ぬばかりである」と、ついてくる領民を捨てていくことを認めない。

諸葛亮も心を決め、領民たちに相互の扶助と協力の精神を徹底させる。そして、関羽と孫乾(そんけん)に兵500を分け江夏(こうか)の劉琦(りゅうき)のもとへ急がせ、江陵への援軍の急派を促す。

(07)樊城

曹操は中軍を宛城から樊城へと進めると、襄陽の劉琮に対面する旨を申し送った。

(08)襄陽

この旨が伝わったものの幼年の劉琮は怖がり、「行くのは嫌だ」と言って聞かない。そこで蔡瑁・張允・文聘の3人が名代として赴くことになったが、その際、劉琮に王威(おうい)がそっと勧める。

「いま不意を突けば、きっと曹操の首を挙げることができます。こんな絶好の機会は二度とあるものではありません」

蔡瑁は怒って王威を斬罪にしようとしたが、蒯越(かいえつ)の諫めによりようやく事なきを得た。

(09)樊城

曹操は荊州の軍馬や銭糧、兵船の数について尋ねる。

蔡瑁は包まずに答え、騎兵8万、歩卒20万、水軍10万。兵船は7千余艘(そう)もあり、金銀兵糧の大半は江陵城に蓄え、そのほかの各地の城にも1年余の軍需が常備してあると述べた。

井波『三国志演義(3)』(第41回)では、騎兵が5万、歩兵が15万、水軍が8万、合わせて28万だとあった。戦船(いくさぶね)の数は7千余隻(せき)で同じ。吉川『三国志』でいうところの兵数と食い違っている理由はわからなかった。

これを聞いた曹操は満足し、いつか必ず劉琮を「荊州王(けいしゅうおう)」に封じてやると約束する。

ここで出てきた「荊州王」というのは妙な感じ。当時は皇子でも「陳留王(ちんりゅうおう)」や「弘農王(こうのうおう)」などせいぜい「郡王(ぐんおう)」までなのに、なぜ劉琮が「荊州王」になれるのだろうか? ここは曹操が出任せを言ったという扱いなのだろうが、「○州王」というのはいかにもおかしいと思う。

さらに蔡瑁を「水軍大都督(すいぐんだいととく)」に任じて「平南侯(へいなんこう)」に封じ、張允を「水軍副都督(すいぐんふくととく)」に任じて「助順侯(じょじゅんこう)」に封じた。

井波『三国志演義(3)』(第41回)では、蔡瑁は「水軍大都督」に任ぜられ「鎮南侯(ちんなんこう)」に封ぜられたとあった。張允の官爵については吉川『三国志』と同じ。

蔡瑁らが帰った後、荀攸(じゅんゆう)が憚(はばか)ることなく放言。あのようなふたりに水軍を任せるとは、丞相(曹操)はあまりに人を知らなすぎると。

これを遠くで聞いていた曹操が、ふたりを水軍の「大都督」と「副都督」に起用した意図を話すと、荀攸は閉口し顔を赤らめながら姿を隠した。

(10)襄陽

蔡瑁と張允は劉琮と蔡夫人の前に出て、上々の首尾だったと詳しく報告。

翌日、曹操が襄陽への入城を伝えてくると、蔡夫人は劉琮を連れ江の渡口まで出迎え、拝礼して城内へ導いた。

曹操は蔡夫人の手から、亡き劉表(りゅうひょう)の印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)と兵符を受け取る。諸員が万歳を唱え、入城の儀式はまず終わった。

これが済むと曹操は荊州の旧臣中から蒯越を呼び出し、「江陵太守(こうりょうのたいしゅ)」に任じて「樊城侯(はんじょうこう)」に封ずる。

以下、旧重臣の5人を「列侯(れっこう)」に封じ、王粲(おうさん)や傅巽(ふそん)を「関内侯(かんだいこう)」に封じた。

ここで出てきた「傅巽」は、先の第139話(04)であざなの「公悌(こうてい)」として既出。

吉川『三国志』の考察 第139話 「許都と荊州(きょととけいしゅう)」
諸葛亮(しょかつりょう)の鮮やかな軍略の前に、博望坡(はくぼうは)で大敗を喫した夏侯惇(かこうじゅん)が許都へ逃げ戻ってくる。しかし曹操(そうそう)は夏侯惇をとがめず、今度は自ら80余万の大軍をひきいて荊州を目指す。この急報に驚いた...

それからようやく劉琮に向かって「青州刺史(せいしゅうのしし)」にすると言い、青州へ行くよう簡単に命ずる。劉琮は哀訴を突っ放され、母の蔡夫人ともども数日後に発つ。付き従う者は幾人もなく、王威が少しばかりの郎党を連れ、車馬を守っていったきりだった。

このあと曹操は密かに于禁(うきん)を呼び、何か密命を授ける。于禁は屈強な者ばかり500余騎を引っ提げ、すぐに劉琮の後を追いかけた。

凄愴(せいそう)な殺戮(さつりく)は白昼に決行され、王威はあえなく討ち死に。そのほか随身していた者に至るまで、ひとりとして生き残った者はいなかった。

管理人「かぶらがわ」より

新野に続き樊城も捨てた劉備。襄陽へは入らず江陵を目指すことにしましたが、まったく行程がはかどりません。

そして、降伏後にバッサリやられてしまった劉琮。ですが、これは吉川『三国志』や『三国志演義』における創作です。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・劉表伝)およびその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏武故事(ぎぶこじ)』によると、劉琮は「列侯」に封ぜられたうえ「青州刺史」として(殺されずに)着任しており、さらに「諫議大夫(かんぎたいふ)・参同軍事(さんどうぐんじ)」にも任ぜられていました。

基本的に『三国志演義』での曹操は貶(おと)されることが多いのですが、こういう貶し方は安っぽいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (6) 赤壁の巻
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました