吉川版『三国志』の考察 第196話 「魏延と黄忠(ぎえんとこうちゅう)」

涪城(ふじょう)に入った劉備(りゅうび)は続いて雒城(らくじょう)を狙う。雒城は涪城と成都(せいと)の間に位置する要害だった。

雒城から出撃した劉璋(りゅうしょう)配下の冷苞(れいほう)とトウ賢(とうけん。登+阝)に対し、劉備側では魏延と黄忠が先鋒の座を巡って言い争う。結局ふたりもふた手に分かれ、それぞれ一方の敵陣を攻めることになるが……。

第196話の展開とポイント

(01)成都(せいと)

玄徳(げんとく。劉備〈りゅうび〉のあざな)、涪城(ふじょう)を取ってこれに拠る、と聞こえ渡るや蜀中(しょくちゅう)は鳴動した。とりわけ成都の混乱と、太守(たいしゅ)の劉璋(りゅうしょう)の驚き方といったらない。

痛嘆する一部の側臣を尻目(しりめ)にかけ、劉カイ(りゅうかい。王+貴)・冷苞(れいほう)・張任(ちょうじん)・トウ賢(とうけん。登+阝)などは「それ見たことか」と自分たちの先見を誇ってみたものの、今は内輪もめしていられる場合でもなかった。

彼ら4人は劉璋の一任を取り付け、成都の精鋭5万をひきいて雒城(らくじょう)へ向かうことになった。

この大軍が発つ日、劉カイが3人に諮る。錦屛山(きんびょうざん)の岩窟(いわあな)に住むという「紫虚上人(しきょしょうにん)」に、今回の勝敗を占ってもらおうというのだ。

張任は笑ったが、なお劉カイが万全を期すためだと言うと、強いて止めることはなかった。劉カイは数十騎の部下を連れ、すぐに錦屛山へ登っていく。

井波版『三国志演義』(第62回)では、劉カイだけでなく、冷苞・張任・トウ賢も一緒に紫虚上人を訪ねていた。

(02)錦屛山

一窟の前に、紫虚上人は霧を吸い瞑想(めいそう)している。劉カイはひざまずき、何が見えますかと尋ねた。

紫虚上人は無愛想に、「蜀中が見えるよ」と答えるのみ。重ねて劉カイが「西蜀四十一州だけですか。天下は見えませんか?」と尋ねる。

「西蜀四十一州」については先の第187話(01)を参照。

すると紫虚上人は童子を呼び紙と筆を取り寄せ、一文を書いて授けた。

左龍右鳳(さりゅううほう)
飛入西川(とんでせいせん〈蜀〉にいる)
鳳雛墜地(ほうすうちにおちて)
臥龍昇天(がりょうてんにのぼる)
一得一失(いっとくいっしつ)
天数如然(てんすうかくのごとくしかり)
宜帰正道(よろしくせいどうにきすべし)
勿喪九泉(きゅうせん〈あの世〉にほろぶるなかれ)

これを読んだ劉カイは、蜀は勝つでしょうかと尋ねるが、紫虚上人は、定業(じょうごう)逃れがたしだとしか答えない。

さらに劉カイは、劉備軍が蜀で成功するか失敗するかについても尋ねるが、これにも紫虚上人は、一得一失だとしか答えない。そして目をふさぐと、もう何を聞いても返事をしなかった。

劉カイは山を下り、「慎まねばいかん。どうも蜀にとってよい予言ではないようだ」と3人に伝える。張任はひどくおかしがり、即日軍勢を進めた。

(03)涪城

雒県の山脈と往来の喉(のど)を扼(やく)している雒城の要害とは、ちょうど成都と涪城の間にある。劉備軍の斥候の一隊が立ち帰って知らせた。

「蜀の四将が全軍5万をふた手に分け、一は雒城を固め、一は雒山の連峰を後ろにして強固な陣地を構築しております」

劉備は、敵の先陣が冷苞とトウ賢であることを告げ、これを撃破する将を募る。

すると、幕将のうちで最も老いぼれて見える黄忠(こうちゅう)が名乗りを上げた。また、彼が言い終わるか終わらぬうちに、まるで声からして違う若い魏延(ぎえん)が、横からその役を買って出た。

ふたりは互いに譲らず、いずれの志力や腕力が秀でているか勝負に及ばんと、堂を下りて闘おうとする。驚いた劉備は堂上から一喝し、ふたりには先鋒の大役は命ぜられないと言う。

しかし、龐統(ほうとう)はこれを執り成したうえ、一策を出して許しを求めた。

龐統はふたりに、冷苞とトウ賢が雒山の山脈を負い、左右二翼に分かれ陣取っていることを伝える。御身(あなた)らもふた手に分かれ、おのおのその一方に当たれと。いずれでも早く敵陣を粉砕し味方の旗を掲げた者を、第一の功名とするであろうとも。

ふたりは勇躍して進軍したが、また龐統は劉備に言った。

「あのふたりは必ず途中で味方喧嘩(げんか)をしますよ。君にも即刻兵を連れ、彼らの後陣にお続きください」

劉備が聞くと、涪城の守りには龐統が残るという。そこで支度を整えると関平(かんぺい)と劉封(りゅうほう)を連れ、その日のうちに雒県へ急いだ。

(04)雒城の郊外

黄忠と魏延の軍勢はほとんど一軍のように、やがて敵前に先鋒の備えを立てる。

魏延は、物見の兵に黄忠の軍勢の様子を聞く。夕刻を過ぎてから再び兵糧を炊(かし)ぐ煙が上がっていたということで、深更(しんこう。深夜)に陣を払い左の山路を取り、夜明けに敵へ攻めかかろうとしているのではないかとのこと。

そこで魏延は二更(にこう。午後10時前後)に兵糧を使い、三更(さんこう。午前0時前後)にここを発つとの命を下す。この命令は士卒たちの予想を超えひどく急だったので、一同は大いにあわてた。

涪城を発するとき、黄忠は冷苞に当たり、魏延はトウ賢の陣を突破するという方針になっていた。ところが魏延は陣払いの時刻を早め、道も変え、黄忠の進むべき左の山へ進路を取った。

夜通し山を踏み越え、未明に冷苞の軍営へ迫る。だが、思いがけず敵は八文字に営門を開き、堂々と迎え撃ってきた。

冷苞が決戦を挑むと魏延も大いに戦ったが、そのうち後方から崩れだす。山路のほうで敵の伏兵が現れたらしく、いつの間にか腹背とも攻め鼓に包まれていた。

魏延は冷苞を捨て、野のほうへ5、6里(り)も逃げ退く。しかし、野末の森や山際から起こった一軍が覆い包んできた。

魏延は逃げ道を変えたが、振り向くとトウ賢が追ってくる。トウ賢の大槍が魏延の背を串(くし)刺しにするかと思われたその時、一本の白羽箭(びゃくうせん。真っ白な羽を付けた矢)が飛んできた。

白い矢は喉笛深く食いつき、トウ賢は長槍を持ったまま勢いよく地上へ転げる。冷苞は代わって追い回すが、魏延の周囲には味方の一兵も見えない。

すると一彪(いっぴょう)の軍馬が野を横切り冷苞勢の横を打つ。真っ先にあるのは黄忠で、先に矢を放ち危急を救ったのも彼だった。この奇襲に、冷苞の勝色はたちまち変じて敗色を呈する。

算を乱し劉カイの陣地へ退却していったが、その営内には劉備配下の関平の旗がたなびいていた。狼狽(ろうばい)を極めた冷苞は、山あいに逃げ込んだところを魏延に生け捕られる。

おびただしい数の捕虜が劉備の後陣へ送られてきた。まず第一戦は味方の大勝に帰したので、劉備は将士に恩賞を分かち、降兵はことごとく許してそれぞれの部隊に配属させた。

黄忠が抜け駆けした魏延の処分を求めると、劉備は魏延を呼ぶように言う。魏延は捕らえた冷苞を自ら引いてくる。

劉備は若い魏延を軍法に処す気になれなかったが、気持ちを内に秘めてこう叱った。

「聞けばそちは、すでに危ういところを黄忠の矢に救われたというではないか。予の前で恩を謝せ」

魏延は黄忠に向かい、こう言うとひざまずき頓首(とんしゅ。頭を地面に打ちつけて礼をすること)した。

「貴公の一矢がなければトウ賢のために討たれていたかもしれない。謹んで高恩を謝します」

劉備はそれを見ながら、もうひとこと詫びよと言う。魏延は抜け駆けのことだと察したので、さらにこう言った。

「それがし若輩のため、気のみ逸(はや)って時刻や進路を誤り、自ら危地へ陥ったこと面目もありません。しかし、これもみな一途君恩に応えんためのみ。どうかご寛容願いたい」

黄忠は、もう何も言えなくなった。劉備は黄忠の働きを賞し、「目指す成都に入城した暁には必ず重く賞すであろう」と約した。

そして冷苞に鞍馬(あんば)を与え、雒城へ帰り友を説き、城を開いて無血で引き渡すよう諭す。縄を解かれた冷苞は大喜びで飛んでいった。

(05)雒城

雒城へ帰ると、冷苞は味方の劉カイや張任に会い、「一度は敵に生け捕られたが、番兵を斬り殺して逃げてきた」と偽り、かえって盛んな気炎を上げる。

雒城の3人から成都へ援軍要請が届くと、ほどなく劉璋の嫡子の劉循(りゅうじゅん)とその祖父の呉懿(ごい)が、2万余騎をひきいて援けにきた。

この援軍には「蜀軍の常勝王」と言われた呉蘭(ごらん)や雷同(らいどう。雷銅)なども加わっていた。だが総帥は、年齢や劉璋の舅(しゅうと)たる格から言っても呉懿だった。

「呉懿」については(正史の)『三国志』では「呉壱(ごいつ)」とある。これは(西晋〈せいしん〉の宣帝〈せんてい〉である)「司馬懿(しばい)」の諱(いみな)を避けているため。なお呉懿(呉壱)は、劉璋の兄である劉瑁(りゅうぼう)の妻の兄。なので劉璋の「舅」と言うよりは「義兄」にあたる。

呉懿は雒城に着くと、「いま涪江(ふこう)の水かさは高い。敵の陣地を一水に洗い流してしまえ」と命ずる。5千の鋤鍬(すきくわ)部隊は、夜陰を待ち涪江の堤防を決壊すべく待機を命ぜられた。

管理人「かぶらがわ」より

涪城を押さえた劉備はさらに雒城へ。魏延と黄忠のやり取りは創作なのでしょうが、『演義』におけるふたりの人物像に沿ったものだと思います。

ふたりとも(正史の)『三国志』に伝があるものの、かなりあっさりとした内容。こうした魏延の描かれ方については賛否が分かれるところかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】