吉川版『三国志』の考察 第237話 「蜀山遠し(しょくざんとおし)」

【この記事をシェアする】

麦城(ばくじょう)に立てこもり上庸(じょうよう)からの援軍を待つ関羽(かんう)。しかし、この間にも傷病者や脱走者が増え続け、もはや手勢は300人ほどになった。

関羽は王甫(おうほ)と100余人の兵士を麦城に留め、自身は関平(かんぺい)らと200人たらずの兵士をひきい城外へ打って出ると、孫権軍(そんけんぐん)の包囲を突破して蜀を目指す。ところが彼らの行く手を遮るように、次々と孫権配下の部将たちが現れる。

第237話の展開とポイント

(01)麦城(ばくじょう)の城外 孫権(そんけん)の本営

麦城への使いから戻った諸葛瑾(しょかつきん)は、ありのまま孫権に復命する。関羽(かんう)に降伏を勧めたが耳も貸さなかったと。

この第237話の冒頭で「閑話休題(『それはさておき』の意。ただし余談の始めに使うのは誤用)」として、著者の吉川先生の中国観や三国志観が語られていた。

すると、そばにいた呂範(りょはん)が言った。

「私が占ってみましょう」

君前を退がると浄衣(白い色の衣服)に着替え、祭壇のある一房にこもる。伏犠(ふっき)や神農(しんのう)の霊に禱(いの)り、ひれ伏すこと一刻(30分?)、占うことみたび。こうして「地水師の卦(ちすいしのけ)」を得た。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「『伏犠』と『神農』はともに上古の聖王。『三皇』に数えられることが多い」という。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「(『地水師の卦』の)『師』は『易経(えききょう)』に見える卦の名称。『師』の卦は『坤(こん。地を指す)』の卦と『坎(かん。水を指す)』の卦を組み合わせたものであるため、『地水師の卦』という」とある。

もう夜に入っていたが、呂範は再び君前に戻り卦を披露する。このとき孫権と碁を囲んでいた呂蒙(りょもう)が、掌(たなごころ)を指すように言った。

「まさにその易は当たっている。『敵人遠くへ奔る』という卦の象(かたち)だ。それがしが思うところとよく一致する」

「おそらく関羽は麦城から逃れ出んものと、今や必死に腐心しておる。それも大路は選ばず、城北へ細く険しい山道を目がけ、夜陰に乗じて突破を試みるに違いない」

孫権は手を打ち、あわてて軍令に立ちかけたが、まだ呂蒙は碁盤に向かったまま、ひとりニヤニヤしていた。もう各所への伏兵の手配が行き届いているのだという。

ここで呂蒙が孫権に、「さあ、さしかけの局を片づけてしまいましょう…」と言っていた。「さしかけ(指しかけ)の局」という表現は将棋のものだろうから、囲碁に使うとマズいのでは? ただ、「うちかけ(打ちかけ)の局」という表現があるのかよくわからないので、あまり自信はないのだが……。

そう聞いて孫権も落ち着きを得、碁に戻る。だが今度は急に呂蒙が、「そうだ。北門の寄せ手が少し手強すぎる。誰か、潘璋(はんしょう)を呼んでくれぬか?」と独り言をつぶやき、後ろにいる武士に言いつけた。

潘璋が呼ばれてくると、呂蒙は碁を打ちながら振り向いて指示する。

「麦城の北門には3千の寄せ手を向けてあるが、それを弱兵ばかり7、800に減らし、ほかはすべて西北(いぬい)にあたる山中に埋伏するように。至急きみが行って指図してくれ」

潘璋が去ると、続いて朱然(しゅぜん)を呼ぶよう近侍に頼む。その朱然が見えると、呂蒙は言った。

「新手4千騎をもって、麦城の南、東、西の三方へいよいよ圧力を加えたまえ。そして足下(きみ)は別に1千騎をひきい、北方の小道や山野などをくまなく遊軍として見回るように」

碁のほうは孫権の負けになったが、呂蒙とともに哄笑(こうしょう)した。

囲碁には敗れても、今や敵城は余命旦夕(たんせき)。関羽を生け捕ることも神算歴々と、心には別の大きな満足があったからである。

(02)麦城

それに引き換え、昨日今日の麦城の内こそ実に惨たるもの。500の兵は300に減っていた。傷病者は増え、脱走者は絶えない。夜になると、城外の呉陣(ごじん)にいる荊州兵(けいしゅうへい)が声を潜めて呼び出しに来る。その誘惑には力があった。

さすがの関羽も今は百計尽きたかのごとくである。王甫(おうほ)や趙累(ちょうるい)に向かい絶望を漏らした。

王甫は思わず涙を流し、まだ活路があると言う。北門の搦(から)め手(城の裏門)は敵が手薄。そこを破って北方の山中へ駆け入り、蜀(しょく)を指してお落ちになるようにと。後は自分が命がけで固めているとも。

すでに糧もなく矢弾もない。ついに関羽は涙を飲み、王甫と別れる。わずか100余人を城中に残して200人足らずの兵をひきい、一夜、無月の闇を見定め、麦城の北から不意に打って出たのだった。

(03)麦城の郊外

関平(かんぺい)と趙累が先に立ち、北門付近の呉兵を蹴(け)散らす。主従200騎はひたすら山へ向かって走った。

やがて初更(しょこう。午後8時前後)のころ、真っ暗な山の細道へ登りかける。しばらくは出で合う敵もなく、草木を揺るがす伏兵の気配もなかった。

一山を越え、また次の一山を迎える。すると突然、前面の沢から無数の火が見えた。左の山からも一団の炬火(たいまつ)が駆け下ってくる。右の峰からも後ろのほうからも、火光はここに集まり、やがて天を焦がすばかりの火となった。

関羽が関平の開いた後から駒を進めかけると、呉の朱然が横合いから呼びかけ、執ように槍をつけた。関羽は馬を巡らせ一颯(いっさつ)、大青龍刀を後ろへ送る。

ここは「大青龍刀」とだけあったが、例の「青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)」ではないのかはっきりせず。先の第52話(05)第235話(05)を参照。ただ前後の記述を見れば、「青龍偃月刀」を使っているのだろうということは想像がつくので……。こだわるポイントではなさそう。

朱然は面を伏せ、念力を凝らし猛然と突いてかかったが、もとより関羽の敵ではない。ほどなく恐れ震えて逃げ出した。

(04)臨沮(りんしょ)

追うまじと戒めていたが、関羽はつい朱然を追い山の隘路(あいろ)まで行ってしまう。関平の姿もいつか見失い、味方の小勢も散りぢりになっていた。そこは「臨沮の小道」と言って、樵夫(きこり)さえよくまごつく迷路だった。

すると突然、四山の岩がなだれて、駒の脚も埋まるかと思われた。関羽の周りを離れずにいた7、8人の旗本も、ことごとく岩に当たって押しつぶされる。

急に馬を戻しかけたが、潘璋の伏勢が松明(たいまつ)を投げ前後を阻む。いよいよ孤立し、関羽が進退窮まっているのを確かめると、呉兵は一斉に鼓を打ち鉦(かね)を鳴らす。獣王を狩り立てる勢子(せこ)のように、ワアッと友軍を呼び、またワアッと友軍へ応えた。

ここで潘璋が馬を進め、関羽に言った。

「羽将軍、羽将軍。すでに趙累の首も打った。いつまで未練の苦戦をなしたまうぞ。潔く兜(かぶと)を脱ぎ、天命を呉に託されい」

ここは「関将軍」ではなく、「羽将軍」という呼びかけ方に違和感があった。

関羽は駆け寄るやいな、「匹夫っ。何ぞ真の武魂を知ろうや」と、振りかぶる大青龍刀の下に彼をにらむ。

10合(ごう)とも太刀打ちせず、潘璋は逃げ奔る。これを追いまくって密林の小道へ迫りかけたとき、四方の巨木から乱離として鉤(かぎ)の付いた投げ縄や分銅が降った。

「乱離として」という表現についてはイマイチつかめず。「世の中が乱れて、人々が離ればなれになること」という意味ではない感じで、「乱れ飛ぶさま」といった意味合いで使われているようだが……。

関羽の駒は、また何物かに脚を絡まれていななく。同時に彼は鞍(くら)から落ちた。

そこへ、潘璋の部下の「馬忠(ばちゅう)」という者が熊手(くまで)を伸べ、刺股(さすまた)を掛け、ついに関羽をねじ押さえると、群がり寄って高手小手(両手を後ろに回して、二の腕〈高手〉から手首まで厳重に縛る様子)に縛めた。

管理人「かぶらがわ」より

麦城からの脱出劇が丁寧すぎるほど丁寧に描かれていました。確かにこれは書くのが忍びないかも……。と、いくらか吉川先生の気持ちに近づけた感じがした第237話でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】