吉川『三国志』の考察 第103話 「黄河を渡る(こうがをわたる)」

頼みの顔良(がんりょう)が関羽(かんう)に討たれたことで、袁紹(えんしょう)の本陣に衝撃が走った。

袁紹のもとに身を寄せており、こたびの戦いにも加わっていた劉備(りゅうび)は、ここで自分から願い出て文醜(ぶんしゅう)の第二陣となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第103話の展開とポイント

(01)白馬(はくば)? 袁紹(えんしょう)の本営

顔良(がんりょう)が討たれたため、その指揮下にあった部隊は支離滅裂となって壊走を続ける。後陣の支援により辛くも退勢を食い止めたものの、袁紹の本陣も少なからず動揺した。

袁紹が、顔良をたやすく討ち取った敵とは何者だろうと周囲に尋ねると、沮授(そじゅ)は、おそらく劉備(りゅうび)の義弟の関羽(かんう)だと答える。

袁紹は、劉備が自分のもとに身を寄せているうえ、こたびも従軍していたので疑って信じなかったが、念のため前線から敗走してきた兵士に問いただしてみた。

その兵士は見たままを語ったが、袁紹は話の中の容貌などから関羽だと確信。たちまち怒気を発し、劉備を連れてくるよう怒鳴った。

袁紹は頭から罵り、曹操(そうそう)と内応したとして責めるが、劉備は懸命に弁明する。

それを聴くと袁紹の心はすぐになだめられてしまった。劉備を座上に請じて沮授に謝罪の礼を執らせ、そのまま敗戦挽回の策を議し始める。

すると、顔良の弟の文醜(ぶんしゅう)が進み出て先鋒を願い出た。袁紹は願いを聞き入れ10万の精兵を授ける。文醜は即日、黄河(こうが)まで進出した。

ここで顔良と文醜が、なぜ「兄弟」と表現されているのかわからなかった。劉備と関羽のような「義兄弟」という意味合いなのかもしれない。なお『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第26回)では、文醜が、顔良とは兄弟同然だったと言っていた。

(02)黄河のほとり

文醜は曹操軍にさしたる戦意がないと見るや、無数の船に乗り分かれて打ち渡り、黄河の対岸へ攻め上がっていく。

(03)袁紹の本営

沮授は文醜の用兵ぶりを危ぶみ注意を促す。また今の上策として、官渡(かんと)と延津(えんしん)に兵を分け、勝つに従い徐々に押し進むに限るとも進言。

ところが袁紹はひどく我意を出し、叱って進言を退ける。その日から沮授は仮病を唱え、陣務にも出てこなくなった。

劉備は、日ごろ大恩を被りながら、空しく中軍にいるのは本望でないと言い、関羽の実否を確かめる意味でも先陣に出たいと嘆願。

袁紹が願いを聞き入れると、文醜が単身、軽舸(けいか。速く進むことができる小舟)に乗って中軍へやってくる。そこで劉備も先陣に起用されたことへの不満を述べると、袁紹は、劉備の才力を試そうというだけのことだと応じた。

文醜は袁紹の同意を得て、4分の1弱の兵を劉備に分け第二陣へ退がらせる。そして自身は優勢な兵力を抱え、第一陣と唱えて前進を開始した。

井波『三国志演義(2)』(第26回)では、文醜は(10万のうち)3万の軍勢を劉備に分け、後詰めに回している。

管理人「かぶらがわ」より

どうも袁紹の本営の位置がはっきりしませんでした。数話前から気になっていましたが、冀州(きしゅう。鄴城〈ぎょうじょう〉)から南下して黄河北岸の黎陽(れいよう)へ進むのはわかるのですけど……。

「白馬」というのは黄河の南岸にあるので、先鋒の顔良が黄河を渡り白馬へ進み、前の第102話(04)で関羽に斬られた、ということなのですよね?

顔良が斬られ指揮下の部隊が壊走するのは当然としても、なぜ袁紹の本陣にまで影響があったのかがわからない。このとき袁紹の本陣も(黄河を渡って)白馬にあったという設定なのでしょうか?

でもそれだと、黄河を打ち渡り攻め上がっていった文醜が、なぜ軽舸に乗り中軍にやってきたのかがわからない。このような記述にするなら、まだ袁紹の本陣は黄河の北岸にないと変じゃないですか?

まぁ文醜が軽舸に乗って、同じく黄河南岸の白馬にある袁紹の本陣に来た、という可能性もあるか? もう少し地名に触れてくださると、話の展開が理解しやすかったのですけど……。

ちなみに井波『三国志演義(2)』(第27回)では、文醜が出撃する前に劉備が同行を願い出たことになっています。なので、文醜が軽舸に乗って戻ってくるという記述はありません。
吉川『三国志』の考察 第102話 「報恩一隻手(ほうおんいちせきしゅ)」
白馬(はくば)の地で激突した曹操軍(そうそうぐん)と袁紹軍(えんしょうぐん)。曹操は袁紹配下の顔良(がんりょう)に手を焼き、味方の部将を次々と討たれてしまう。そこで曹操は程昱(ていいく)の進言を容れ、許都(きょと)に残してきた関羽(...

また、先の第101話(01)で「白馬の野に集まれ!」という檄文(げきぶん)が出て、白馬の国境にいた曹操の常備兵を蹴(け)散らしたとあったのに、このとき先鋒のひとりの顔良が、勢いに乗じ黎陽方面まで突っ込んでいたというのが、地理的によくわからないのですよね。
吉川『三国志』の考察 第101話 「白馬の野(はくばのの)」
愛児の病も癒えた袁紹(えんしょう)はようやく上洛の決意を固め、曹操(そうそう)との全面対決へ突き進んだ。そして袁紹は白馬(はくば)の野に自軍を集め、曹操ひきいる15万の軍勢と対峙する。第101話の展開とポイント(01)冀州(...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (4) 臣道の巻
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました