吉川版『三国志』の考察 第281話 「祁山の野(きざんのや)」

【この記事をシェアする】

227年、魏(ぎ)の曹叡(そうえい)は曹真(そうしん)を「大都督(だいととく)」に任じ20万の大軍を委ねる。副将には郭淮(かくわい)が選ばれ、さらに王朗(おうろう)が「軍師(ぐんし)」として従軍することになった。

やがて諸葛亮(しょかつりょう)ひきいる蜀軍(しょくぐん)と祁山の前で対陣した魏軍。ここで王朗が陣頭に馬を進め、諸葛亮を論破しようと試みるが……。

第281話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

この(蜀〈しょく〉の建興〈けんこう〉5〈227〉年)時、魏(ぎ)は「太和(たいわ)元年」にあたっていた。

原文「大化元年」だが、ここは「太和元年」としておく。ただの誤りなのか、何か特別な意味があるのかは判断つかず。

魏の国議は、国防総司令の大任を一族の曹真(そうしん)に命ずる。彼は固辞したものの曹叡(そうえい)は許さない。さらに王朗(おうろう)もこう言った。

「将軍(しょうぐん)は社稷(しゃしょく。国家)の重臣。ご辞退あるときではございません。もし将軍が行かれるなら、それがしも不才を顧みずにお供して、命を捨てる覚悟でともに大敵を破りましょう」

この言に動かされ、ついに曹真も決意し副将には郭淮(かくわい)が選ばれる。

曹叡は曹真に大都督(だいととく)の節鉞(せつえつ。天子〈てんし〉が賊を討伐する将軍に賜った割り符と鉞〈まさかり〉)を授け、王朗には「軍師(ぐんし)」たれと命じた。王朗は献帝(けんてい)の世より仕え、すでに76歳となっている。

(02)長安(ちょうあん)

長安の軍勢20万騎、実に美々しい出陣だった。先鋒の宣武将軍(せんぶしょうぐん)の曹遵(そうじゅん)は曹真の弟にあたる。副先鋒は盪寇将軍(とうこうしょうぐん)の朱讃(しゅさん)だった。

(03)渭水(いすい)の西

やがて魏の大軍は渭水の西に布陣。ここで王朗が言った。

「いささか思うところがあります。大都督には明朝、大陣を展開され、旌旗(せいき)のもと威儀厳かに、それがしのなすことを見ていてください」

曹真が何を計ろうとされるのかと尋ねると、王朗は何の計でもないと答える。ただ一舌の下に諸葛亮(しょかつりょう)を説破し、彼の良心をして魏に降伏させてみせると。

(04)祁山(きざん)

翌朝、魏蜀両軍は祁山の前に陣を張る。三通の鼓が鳴った。しばし剣箭(けんせん。戦〈いくさ〉)を休め、開戦に先立ってひと言なさんとの約声である。

「三通」については先の第91話(02)を参照。

諸葛亮は四輪車の上から、魏の軍(いくさ)立てを感じ入ったように眺めていた。そしてサッと門旗を開くや、関興(かんこう)や張苞(ちょうほう)らに守られつつ中軍を出て敵陣の正面に止まる。

「約により、漢(かん)の諸葛丞相(じょうしょう)これに臨めり。王朗、疾く出でよ」

声に応じて魏軍の門旗が揺れ動く。白髯(はくぜん)の王朗が黒甲錦袖(きんしゅう)をまとい、馬を進め近づいてくる。

「錦」は、いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物。

ここで王朗は陣頭の大論戦を挑む。まずは魏の正義を説き、この戦いの名分を明らかにしようとした。

敵味方とも鳴りを静め耳を傾けていたものの、特に蜀の軍勢までが、道理のあることかな、と声には出さぬが嗟嘆(さたん)してやまない様子。

心ある蜀の諸将は一大事だと思った。敵側の弁論に魅惑され、蜀の三軍がこう感じ入っているようでは、たとえ戦いを開始しても勝てるわけがない。

傍らに立つ馬謖(ばしょく)も心配そうな目をし、車上の諸葛亮の横顔を見ていた。諸葛亮は山より静かな姿をしている。終始黙然と微笑を含んでもいた。

馬謖は思い出す。むかし「季布(きふ)」という口舌の雄が漢の高祖(こうそ。劉邦〈りゅうほう〉)を陣頭で論破し、ついにその兵を破り去った例がある。王朗が狙っているのはまさにその効果だ。

早く丞相が何とか論駁(ろんばく)してくれればよいが、と密かに焦燥(しょうそう)していると、やがて諸葛亮がおもむろに口を開き言い返した。

「申されたり王朗。足下(きみ)の弁や誠によし。しかしその論旨は自己撞着(じこどうちゃく)と欺瞞(ぎまん)にすぎず、聞くに堪えない詭弁(きべん)である。さらばまず説いて教えん」

結論的には漢朝(かんちょう)に代わるべく立った、蜀の朝廷と魏の朝廷のいずれが正しいかになる。要するにその正統論だけでは、魏には魏の主張があり、蜀には蜀の論拠があって、これは水掛け論に終わるしかない。

そこで諸葛亮はもっぱら理念の争いを避け、衆の情念を突いたのである。果たして彼が言葉を結ぶと、蜀の三軍はワアッと大呼を上げその弁論を支持し、自己の感情をその言説に加えた。

それに反し、魏の陣は啞(おし)のごとく滅入っていた。しかも、当の王朗は諸葛亮の痛烈な言葉に血が激し、気がふさがり、恥じ入るごとくうつむいていたと思われる。だが、そのうちにひと声うめくと馬上から転(まろ)び落ち、そのまま息絶えてしまう。

諸葛亮は羽扇を上げ、次に敵の都督の曹真いでよ、と呼び出してこう告げる。

「まずは王朗の屍(しかばね)を後陣へ収めるがよい。人の喪に付け入り、急に勝利を得んとするようなわれではない。明日、陣を新たにして決戦せん。汝(なんじ)よく兵を整え出直してきたれ」

(05)曹真の本営

力と頼む王朗を失い、曹真は序戦に気をくじいてしまう。副都督の郭淮はそれを励ますべく、必勝の作戦を力説して勧める。曹真も心を取り直し、さらばと密なる作戦の備えにかかった。

(06)諸葛亮の本営

そのころ諸葛亮は帳(とばり)の内へ趙雲(ちょううん)と魏延(ぎえん)を呼び入れ、ふたりして魏陣へ夜襲を仕掛けよと命じていた。

魏延は、曹真も兵法にかけてはひとかどの者ですから、おそらく不成功に終わるでしょう、と不安を述べる。

これに対して諸葛亮が教えた。

「こちらの望みは、彼がこちらの夜襲があることを知るのをむしろ願うものだ。思うに曹真は祁山の後ろに兵を伏せ、蜀の夜襲を引き入れ、その虚にわが本陣を急突し一挙に撃砕せんものと、今や鳴りを潜めているに違いない」

「そこでこちらは、わざとご辺(きみ)たちを彼の望み通りに差し向けるのである。途中で変があれば、すぐにこうこうせよ」

次いで関興と張苞にもそれぞれ一軍を与え、祁山の険阻へ差し向ける。馬岱(ばたい)・王平(おうへい)・張嶷(ちょうぎ)には別に一計を授け、本陣付近に埋伏させておく。

かくとは知らぬ魏軍は、曹遵と朱讃らの2万余騎を密かに祁山の後方へ迂回(うかい)させ、蜀軍の動静をうかがっていた。

そこへ「敵の関興と張苞の両軍が蜀陣を出て、味方の夜討ちに向かった」という情報が伝わったので、曹遵らは突如、山の陰を出て蜀の本陣を急襲。敵の裏をかき、手薄な留守を突こうとしたものである。ところが諸葛亮は、すでに裏の裏をかいていたのだった。

魏軍が蜀の本陣へ突入してみると、柵(さく)の四門に旗風が見えるばかりで一兵の敵影もない。のみならず、たちまち山と積んである諸所の柴(シバ)がバチバチと炎を発し、その火炎は天を焦がして地をたぎらせた。

曹遵と朱讃は退くように命ずるが、どうしたわけか味方は少しも退かない。かえって好んで炎の中心へと押しなだれてきた。それもそのはず、魏軍の後ろには到る所で蜀軍が駆け迫り、隊尾から激しく撃滅の猛威を加えていたのである。

馬岱や王平などに加え、夜襲に向かったはずの張嶷や張翼(ちょうよく)なども急に引き返し敵の後方を断った。そして、ほとんど全魏軍を袋の鼠(ネズミ)としてしまったのである。

魏軍はしたたかに討たれ、炎の中に焼け死んだり、踏みつぶされた者も数知れない。曹遵と朱讃すらわずか数百騎を連れたのみで辛くも逃げ帰るほど。しかもまた、その途中でも趙雲の一手が道を遮り、なお完膚なきまでにせん滅を期すものがあった。

(07)曹真の本営

さらに魏の本陣へ戻ってみれば、ここも関興と張苞の奇襲に遭い、総軍壊乱を来しているというありさま。何にしてもこの序戦は、惨憺(さんたん)たる魏の敗北に始まり全壊状態に終わる。

曹真も遠く退き、おびただしい数の負傷者や敗兵をいったん収め、全軍の再整備をなすのやむなきに立ち至った。

管理人「かぶらがわ」より

陣頭で憤死する王朗って。この設定は何だかなぁ……。史実の王朗は魏の太和2(228)年に亡くなっていますが、曹真の軍師として諸葛亮と対峙したことはありません。

諸葛亮が陣頭に立ち、王朗を通じて魏を論破する。あぁすっきり、といったところでしょうけど、こういう創作はあまり感心しませんね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】