吉川版『三国志』の考察 第280話 「美丈夫姜維(びじょうふきょうい)」

【この記事をシェアする】

安定太守(あんていたいしゅ)の崔諒(さいりょう)とは対照的に、天水太守(てんすいたいしゅ)の馬遵(ばじゅん)は諸葛亮(しょかつりょう)の偽使者の計略にかからなかった。その陰には「姜維」という名の若者の活躍があった。

諸葛亮は趙雲(ちょううん)に天水城を攻めさせるも、結果は意外にも完敗。さらに諸葛亮自身も姜維の巧みな戦略に敗北を喫してしまう。そこで今度は別の策を用いて姜維を追い込み、ついに彼を帰順させることに成功する。

第280話の展開とポイント

(01)天水(てんすい)

それよりも前のこと、天水太守(てんすいたいしゅ)の馬遵(ばじゅん)は重臣を集め、隣郡の救援について議するところがあった。

主記(しゅき)の梁虔(りょうけん)が言う。

「夏侯駙馬(かこうふば。夏侯楙〈かこうも〉)は魏(ぎ)の金枝玉葉。すぐ隣にありながら南安(なんあん)の危機を救わなかったとあれば、後に必ず罪に問われましょう。即刻兵を整え、しかるべき援護の策を取るべきでしょう」

「駙馬」については先の第278話(10)を参照。

ここへ「裴緒(はいしょ)」という者が夏侯楙の使いと称してやってきた。言うまでもなく、この男は先に安定太守(あんていたいしゅ)の崔諒(さいりょう)のもとへも訪れていた、例の偽使者である。

諸葛亮(しょかつりょう)が「裴緒」という偽使者を仕立てたことについては、前の第279話(06)を参照。

馬遵はそれと知る由もなく、折も折なのでさっそく対面した。裴緒は汗に濡(ぬ)れた書簡を出し、ここでも安定で催促したときと同じ言葉で申し入れる。

「早々に後詰めして諸葛亮の軍を突きたまえ」

書簡を開いてみるとこれも同文である。だが、まぎれもなく夏侯楙の親書と思われた。馬遵は拝承し、使者には客屋で休むようねぎらい、このことを重臣らに諮る。

井波版『三国志演義』(第92回)では、(偽者の)裴緒は南安への救援を要請した後、そそくさと立ち去ったとある。

ところが裴緒は翌朝再び城へ来て、半ば威嚇的(いかくてき)にこう告げ立ち去ろうとした。

井波版『三国志演義』(第92回)では、この時(安定から)やってきた早馬は(偽者の)裴緒とは別人だった。

「事が急を要する非常の場合に、悠々ご評議で日を送っておられるようでは心もとない。ありのままを夏侯楙駙馬へご報告申しておくゆえ、後詰めあるもなきも随意になさるがよい。それがしは先を急ぎますから、今朝お暇(いとま)申す」

後の祟(たた)りを恐れた馬遵はあわて、重臣たちも驚く。そこでただちに兵をひきいて救援に赴くことを約し、その場で誓書をしたため託す。

裴緒は尊大に構え、念を押して帰った。

「よろしい。ではそのようにお伝えしておくが、安定の崔諒はすでに兵を出している時分。遅れることなく全軍の兵を発し、諸葛亮の後ろを脅(おびや)かされよ」

その日のうちに廻文(かいぶん)が発せられ、天水郡の各地から続々と将兵が集まる。2日後には勢ぞろいし、馬遵自身もいよいよ城を出ようとした。

すると諸将の中から、胡蝶(こちょう)の可憐(かれん)な美しさに似たる一将が駆け出す。姜維(きょうい)」という名の若武者で、「ご出陣無用、ご出陣無用」と馬遵の駒を押さえて懸命に遮った。さらに声を励まし、身を挺(てい)して諫め続ける。

「この城を出たが最期。再び太守はお帰りになることができません。すでに太守は諸葛亮の計(はかりごと)に陥されておいでになる」

まだ年は20にも満たぬ紅顔の若者。その素性を知らない人々は傍らの者に聞いていた。

史実の姜維は建安(けんあん)7(202)年生まれなので、この年(魏の太和〈たいわ〉元〈227〉年)には26歳となる。ここでは史実より若く設定されているようだ。

同郷の者が語る。

「彼はこの天水郡冀城(きじょう)の人で『姜維』、あざなを『伯約(はくやく)』という有為な若者です。父の姜冏(きょうけい)は確か夷狄(いてき。未開の蛮族)との戦(いくさ)で討ち死にしたかと思います。ひとりの母に仕え実に孝心の厚い子で郷土の評判者でした」

「母も偉い婦人で、寒燈(かんとう)の夜遅くに物縫う傍らにも、常に孤(みなしご)の姜維をそばに置き、針を運ぶ間に子が群書を読むのを聞き、古今の史を教えていました。また、昼は昼で耕しつつ武芸を励まし、兵学を学ばせていたということです」

「子の姜維も天才というのでしょうか、年15、6の時にはもう郷党の学者や古老でも彼の才識には舌を巻き、『冀城の麒麟児(きりんじ)』と言っていたほどですよ」

そのようなうわさなども交わされながら、人々がざわめき見ているうちに、ついに馬遵も出陣を見合わせたものか駒を下り、諸将や一族に姜維をも連れ城閣へ戻ってしまう。

姜維は裴緒に会ってもいなかったが、それが偽使者であることは、天水城へ来るとすぐに看破していた。姜維は馬遵とその一族に向かい、掌(てのひら)を指すように敵の偽計を説いて教える。

馬遵は実(げ)にもと悟り、いまさらのごとく戦慄(せんりつ)し、彼の忠言に満腔(まんこう)の謝意を表す。年こそ若いが姜維に対する馬遵の信頼は、このことによって古参の宿将にも変わらない扱いを示すに至る。

馬遵はここまで問うようになった。

「今日の危難は逃れたが、明日からの難にはいかに処したらよいであろう?」

姜維は城の背後を指差し、目には見えませんが、あの搦(から)め手(城の裏門)の裏山には蜀(しょく)の伏兵がいっぱいに潜んでいるでしょうと言う。

そのうえでこうも言った。

「ご心配に及びません。『彼ノ計ヲ用イテ計ルハ彼ノ力(ちから)ヲ以(もっ)テ彼ヲ亡(ほろ)ボス也』です。願わくは太守には何もご存じない態で再びご出陣と触れられ、城外50里(り)ほどに進まれ、すぐにまたお城へ取って返してください」

「私は別に5千騎を擁して要害に埋伏し、搦め手の山にある敵の伏兵が虚に乗ってきたところを捕捉(ほそく)せん滅いたします。もしその中に諸葛亮でもいてくれればこちらの思うつぼです。必ず生け捕りにせずにはおきません」

井波版『三国志演義』(第93回)では、このとき姜維が馬遵に求めていたのは3千の精鋭部隊。

その言は壮気凜々(りんりん)だった。一城一郡の興廃をかかる弱冠の者のひと言に託すのは無謀であるとの意見もないこともなかったが、馬遵は深く姜維に感じていたのでこう言った。

「もし姜維の観察が間違っていたところで、何も味方に損失はないことだ。ともあれ彼の献策を用いてみよう」

馬遵は再び触れを出し、その日の午(ひる)すぎから出陣を開始。南安城の後詰めに行くと唱え、城外3、40里まで進んだ。

一方、諸葛亮の命を受け、天水城の後ろの山に旗を伏せていた趙雲(ちょううん)の兵5千。馬遵が出陣した直後、搦め手の門へと攻めかかる。

すると門内で、全城を揺るがすばかりにドッと笑う声がした。趙雲が励ましていると、続いてくる味方はない岩の山上から鬨(とき)の声が起こる。

振り返っている間に土砂や乱岩、伐木などが雪崩(なだれ)のごとく落ちてきた。備えを改める暇もない。また、たちまち一方の沢からも鉦鼓(しょうこ)を鳴らし一軍が奇襲してきた。

さしもの趙雲も狼狽(ろうばい)し、西の沢へ移れと号令したが、同時に城中から雨のような乱箭(らんせん。箭〈矢〉が乱れ飛ぶ様子)も加わり、倒れる部下は数知れない。

趙雲は、呼ばわりつつ追いかけてくる一騎の若武者を見て駒を止める。まさに花恥ずかしきばかりの美丈夫(びじょうふ)。彼はほとんど一撃にと思って迎えたらしいが、この若武者の槍法(そうほう)たるや世の常のものではない。

烈々と火華を交えること40余合(ごう)。さすがに古豪の趙雲にはかなわじと思ったか、不意に若武者は後ろを見せ逃げてしまう。

偽って城を出た馬遵は、城外30里ほども来ると後ろに狼烟(のろし)を見たので、すぐ全軍で引き返してきた。

すでに姜維の奇略に陥ち散々に駆け散らされた趙雲の兵は、平路を求めて壊走してくると、ここでもまた馬遵に出会う。腹背に敵を受け、完膚なきまでに惨敗を喫してしまった。

ただ、ここに蜀の遊軍の高翔(こうしょう)と張翼(ちょうよく)が救援に駆けつけたため、辛くも血路を開き得て、ようやく趙雲は敗軍を収めることができた。

(02)諸葛亮の本営

趙雲は諸葛亮の顔を見るや否や、衒気(げんき)でも負け惜しみでもなく正直に言う。

「見事に失敗しました。負けるのもこれくらい見事に負けると、むしろ快然たるものがあります」

諸葛亮は大いに驚く。さらに、この計を看破した者が「姜維」という若年の一将だと聞くと、いったい何者かと尋ねる。同郷の者がいて、即座に素性をつまびらかにした。

「彼は母に仕えて至孝。知勇人に優れ、学を好んで武を練り、しかも驕慢(きょうまん)ではありません。よく郷党に重んぜられ、また老人を敬うなど、誠に優しい少年です」

加えて、まだ20歳を出ていないはずだともいう。趙雲もその言葉を裏書きした。諸葛亮は舌を巻いて痛嘆。自ら軍容を改めたうえ、他日、慎重に天水城へ迫った。

(03)天水

蜀軍は堀を渡って城壁に取りつき、先手の突撃は盛んなるもの。けれど城中は寂として抗戦に出ない。すでに一手の蜀軍が、城壁高き所の一塁を占領したかにすら見えた。

すると轟音(ごうおん)一声。たちまち四方の櫓(やぐら)から雨のごとき矢石が降る。堀の近くにいる兵の上にも大木や大石が地響きして降ってきた。

昼の間だけでも、蜀軍はおびただしい数の死傷者を壁下に積む。さらに夜半に及ぶや、四方の森林や民家は炎と化し、鬨の声や鼓の音は横にも後ろにも城中に湧き上がる。

ついに諸葛亮も総退却を令せざるを得なくなった。彼自身も急に車を後ろへ返したが、時すでに遅し。火蛇のごとき炎の陣は行く先々を遮る。それはことごとく敵の伏兵だった。今にして思えば、敵の大部分は城中になく城外にいたのである。

退くとなるや蜀勢は一度に乱れ、一律の連脈ある敵の包囲下に随所に捕捉されてせん滅に遭った。討たれる者は数知れない。諸葛亮の四輪車すら煙に巻かれ炎に迷う。

危うく敵中に包まれるところを関興(かんこう)や張苞(ちょうほう)に救われて、ようやく死中に一路を得たほどである。さらに諸葛亮は姜維の軍勢とも出くわすが、戦わずにひたすら逃げて包囲から脱した。

(04)天水の郊外 諸葛亮の本営

遠く陣を退き味方の損害をただしてみると、予想外の痛手を被っていたことがわかる。戦えば必ず勝つ諸葛亮も、ここに初めて敗戦を知った。

深思した諸葛亮はにわかに安定郡の者を呼び、姜維の母が冀城にいること。そして、天水郡の金銀兵糧が上邽(じょうけい)に蓄えられていることを聞き出す。何か思うところがあるらしく、魏延(ぎえん)の一軍を冀城へ走らせ、別に趙雲に上邽を攻めるよう命じた。

(05)天水

蜀軍の動きが伝わると姜維は太守の馬遵に願い出て、3千騎をひきい冀城へ行くことを許される。彼が道を急ぐと、途中で魏延の兵とぶつかった。しかし魏延は、あえて勝利を求めず逃げ散った。

(06)冀城

冀城に至るや、すぐ姜維は家にいる母を守り県城へ立てこもる。

(07)上邽

趙雲が向かった上邽にも、天水から梁虔が一軍をひきいて救いに来た。

井波版『三国志演義』(第93回)では、このとき梁虔がひきいてきた軍勢は3千。

ここでも趙雲はわざと負け、梁虔らを城へ通す。これらの予備作戦がすべて諸葛亮の指図によるものであることは言うまでもない。

(08)諸葛亮の本営

諸葛亮は南安へ使いを遣り、捕らえておいた夏侯楙の身柄をこの地に移すよう命ずる。

諸葛亮が夏侯楙を捕らえたことについては、前の第279話(14)を参照。

夏侯楙が命を惜しむ様子を見せると、諸葛亮が言った。

「実は、いま冀城におる姜維から儂(み。われ)へ書簡をよこし、夏侯楙を許したまわるならそれがしも蜀に降らんと言ってまいった。そこで御身(あなた)を放つわけであるが、冀城へ行き姜維を伴ってきてくれるか?」

夏侯楙が承諾すると、諸葛亮は衣食を与えたうえ、馬も供えて陣地から放した。

(09)冀城の郊外

夏侯楙が一騎で急ぐと、途中で大勢の避難民に出会う。聞くとみな冀城の民だと言い、県城を守っていた姜維が蜀に降伏してしまったと話す。

もとより蜀に付く気など毛頭ない夏侯楙。放されたのを幸いに魏へ逃げ帰る心だった。道を変えて天水城へ向かう。その途中でも多くの避難民を見かけたが、みな異口同音に姜維の寝返りと蜀兵の略奪を訴えていた。

(10)天水

馬遵は驚いて夏侯楙を迎え入れ、姜維が寝返ったという話を聞く。梁緒(りょうしょ)は、姜維が敵に降るなどということは信じられないと言い張った。

ところが、夜に入ると蜀軍が四門を取り巻き、柴(シバ)を積んで火を放つ。かつひとりの将が先頭に出て、声をからし叫んでいた。

「城中の人々よ、よく聞け。この姜維は夏侯駙馬のお命を助けんものと、蜀に身を売って命乞いをいたしたのだ。おのおのもあたら命を無益に捨てず、われらとともに蜀へ降れ!」

馬遵と夏侯楙が櫓の上から望むと、鎧(よろい)といい馬といい年ごろといい、姜維には違いないが、どうも言っていることは合点がいかない。

城下の姜維は夏侯楙の姿を見て罵りながら城を攻めていたが、やがて暁近くになると兵をまとめ引き揚げてしまった。

もちろんこれは本物の姜維ではない。年配や骨格のふさわしい者を選び、諸葛亮が仕立てた偽者である。けれど夜中の乱軍中に堀を隔てて見たことなので、馬遵や夏侯楙にも真偽の見分けはつかなかった。

(11)冀城

一方、本物の姜維は依然として冀城に立てこもり、諸葛亮の軍勢に囲まれている。姜維が籠城(ろうじょう)に際し最も大きな苦痛だったのは、事が急だったために糧米を搬入する暇がなく、10日に足りない食糧しかなかったことだ。

だが城中から見ていると、多くの車が毎日のように食糧を満載し、蜀の輜重(しちょう)部隊に守られ城外の北道を通っていく。姜維は意を決し兵糧を奪いに出た。これこそ彼が諸葛亮の手に落ちる一歩だったのである。

(12)冀城の城外

魏延・張翼・王平(おうへい)らの伏兵に待たれ、姜維は二度と冀城へ帰ることができなかった。従えて出た手勢はことごとく討ち取られ、残る数十騎も張苞の一陣を突破するうちにほとんど死なせてしまう。姜維はただ一騎となり、逃げるに道もなく、ついに天水城へ奔る。

(13)天水

しかし開門を求めると、意外にも櫓の上の馬遵からこう罵られた。

「黙れっ。汝(なんじ)の後ろには遠く蜀の軍勢が見えるではないか。欺いて門を開かせ、蜀軍を引き入れん心であろう。匹夫め。裏切り者め。何の顔(かん)ばせあって来たか!」

姜維は仰天して様々に事情を訴えたが、叫ぶほどに馬遵は腹を立て、辺りの弓手を励まし矢を射かけさせる。

呆(あき)れ惑いながら姜維は目に涙をたたえ、是非なく乱箭を避け長安(ちょうあん)のほうへ落ち延びていった。そして上邽から馬首を巡らせ、長安を目指して逃走する。

井波版『三国志演義』(第93回)では、姜維は天水から上邽へ行き、そこでも梁虔から罵られ矢を射かけられていた。

(14)天水の郊外

こうして姜維が数十里も行くと、たちまち数千の軍馬をもって道を阻められる。蜀の関興の軍勢だった。戦うすべもなく、馬を返して別の道を急ぐとまた一林の茂みが開かれる。見れば旗列を割り、一輛(いちりょう)の四輪車が進んできた。

綸巾(かんきん。隠者がかぶる青糸で作った頭巾〈ずきん〉。俗に「りんきん」と読む)鶴氅(かくしょう。鶴〈ツル〉の羽で作った上衣)の諸葛亮は、車上から羽扇を上げしきりに呼びかける。

「姜維、姜維。なぜ快く降参してしまわぬか。死は易し、生は難し。ここまで誠を尽くせば汝の武門に恥はあるまい」

驚くべし。いつの間にか諸葛亮の後ろには、冀城に残してきた母が輿に乗せられ、大勢の大将に守られていた。姜維は胸がふさがり、馬を跳び下りるや否や大地にひれ伏し、すべてを天意に任せる。

諸葛亮は車を降りて彼の手を取り、母のそばへ連れてきて言った。

「私が隆中(りゅうちゅう)の草廬(そうろ)を出てからというもの、久しい間、常に天下の賢才を心の内で捜していた。それは、いささか悟り得たわが兵法のすべてを誰かに伝えておきたいと思う願いのうえからであった」

「しかるにいま御身に会い、日ごろの願いが足りたような気がする。以後はわがそばにいて、蜀にその忠勇を捧げないか? さすれば私もまた報ゆるに、自分の蘊蓄(うんちく)を傾けて御身に授け与えるであろう」

母子は恩に感じて泣き濡れた。すなわち姜維はこの日以来、諸葛亮に師事して蜀に身を置くことになったのである。

(15)諸葛亮の本営

本陣に帰ると諸葛亮は改めて姜維を招き、礼を厚うして尋ねた。

「天水と上邽の二城を取るの法はいかに?」

姜維は答えて言う。

「一本の矢を射れば足りましょう」

諸葛亮がニコと笑い、すぐ傍らの矢を取って渡すと、姜維は筆墨を乞い、即座に二通の書簡をしたためた。彼の知る尹賞(いんしょう)と梁緒へあてたものである。姜維はそれを矢にくくり、天水城の内へと射込んだ。

(16)天水

矢文を拾った城兵が馬遵に見せる。馬遵は文意を見て驚き、これを夏侯楙に示して尋ねた。

「この通り、城内の尹賞と梁緒も姜維と通謀しております。どう処置いたしましょう?」

夏侯楙はふたりを刺殺するよう命ずる。すぐ使いを遣って招いたものの、尹賞と誼(よしみ)のある者からこのことはすでに伝えられていた。

仰天した尹賞は友の梁緒を訪ねて誘った。

「犬死にをするよりは、いっそ城を開いて蜀軍を呼び入れ、諸葛亮に随身しようではないか」

馬遵の命を受けた軍士が屋敷を包囲し始めたので、ふたりは裏門から逃げ出し城門へ向かう。そして内から城門を開き、旗を振り蜀軍を招いた。

待ち構えていた諸葛亮は一令のもとに精鋭を繰り込ませる。夏侯楙と馬遵は施す策もなく、わずか100余騎をひきいて北門から逃げ出し、ついに羌胡(えびす)の国境まで落ちていった。

井波版『三国志演義』(第93回)では、夏侯楙と馬遵は数百の手勢をひきいて西門から脱出していた。

上邽の守将は梁緒の弟の梁虔だったので、やがて彼は兄に説伏され蜀の軍門へ下ってくる。

ここに3郡(南安・安定・天水)の戡定(かんてい。賊軍を平定すること)も成ったので、蜀は軍容を改めて大挙、長安へ進撃することになった。

それに先立ち諸葛亮は諸軍をねぎらい、梁緒を「天水太守」に推し、尹賞を「冀城令(きじょうのれい。冀県令)」とし、梁虔を「上邽令(上邽県令)」に任ずる。

諸将が、なぜ夏侯楙を追わないのですかと問うと、諸葛亮は言った。

「駙馬のごときは一羽の雁(ガン。カリ)にすぎない。姜維を得たのは鳳凰(ほうおう)を得たようなものだ。千兵は得やすく一将は得がたし。いま雁を追っている暇はない」

井波版『三国志演義』(第93回)では、夏侯楙を「一羽の鴨(カモ)」に、姜維を「一羽の鳳(おおとり)」に、それぞれたとえていた。

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮の計を看破し蜀軍に痛手を負わせた姜維。その姜維の偽者を仕立て、本物を味方に加えることに成功した諸葛亮。しかし、その母親まで使うというのは……。これでは曹操(そうそう)が徐庶(じょしょ)の時に使った手を批判できないでしょう。

このことについては先の第127話(01)を参照。

姜維の年齢を若く設定して偉さを強調したり、彼の降伏を好意的に描いたり……。吉川版『三国志』や『演義』ではこういう描かれ方が目立ちますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】