吉川版『三国志』の考察 第232話 「呂蒙と陸遜(りょもうとりくそん)」

【この記事をシェアする】

呂蒙の進言を容れる形で、密かに曹操(そうそう)と結ぶことを決めた孫権(そんけん)。

呂蒙は任地の陸口(りくこう)に戻り進撃の機会をうかがったものの、荊州(けいしゅう)の関羽(かんう)が厳重に備えていることを知る。そこで病と称し建業(けんぎょう)に帰り、孫権に陸遜を抜てきするよう求めた。

第232話の展開とポイント

(01)建業(けんぎょう)

陸遜(りくそん)は呂蒙(りょもう)より10幾歳も年下だった。まだ当時は呉郡(ごぐん)の一地方に置かれ、その名声は低く、地位も佐官級ぐらいにとどまっていた。

だが、彼の才幹は呉侯(ごこう。孫権〈そんけん〉)も日ごろから愛していたところだし、なおさら呂蒙は深く観て、その将来に嘱目していた。

陸遜は光和(こうわ)6(183)年生まれで、呂蒙は光和元(178)年生まれ。史実では陸遜が5歳年下となる。

ここで陸遜の名声や地位がまだ低かったとあったが、先の第211話(01)では10万の味方をひきいて濡須(じゅしゅ)へ駆けつけていた。10万もの大軍をひきいてくるほどの人物が佐官級と言えるのだろうか?

呂蒙と陸遜は同船して陸口(りくこう)から建業へ帰る。そして孫権に荊州(けいしゅう)の実情を詳しく告げた。併せて呂蒙は、自分の仮病は敵方に対する当面の一謀にすぎない旨を語り、心を煩わせたことを詫びた。

さらにこうも言い、自分の後任として陸遜を推す。

「この機会に陸口の守りには、ぜひ誰か別人をご任命ください。それがしがおっては関羽(かんう)は防御の手を緩めません」

初め陸遜の起用に難色を示した孫権も、呂蒙に説かれて決断。まもなく陸遜は「偏将軍(へんしょうぐん)・右都督(ゆうととく)」に昇った。

この肩書きを見る限り、それほど破格な昇進とも思えないのだが……。

こうして陸口への赴任が発令されると、驚いた陸遜は何度も辞退したが孫権は聞き入れない。

馬1頭と錦(にしき。いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物)2段(たん)、それに酒肴(しゅこう)を贈ったうえ「はや行け」と餞別(はなむけ)した。

ここは「餞別した」という用法がイマイチつかめなかった。

(02)陸口

是非なく陸口に着任すると、すぐに陸遜は礼物に書簡を載せ、関羽の陣に新任のあいさつを申し送った。この使者を前に置き、関羽はたいへん笑ったという。

「呂蒙病んで、いま黄口の小児に陸口を守らしむ。時なるかな。以後、荊州の守りは安し。祝着祝着」と、ひとり悦に入りながらしきりに笑っていたともいう。

帰ってきた使者から様子を聞くと、陸遜も同じように、「祝着祝着。それでよし」と限りなく喜んだ。

その後、わざと軍務を怠り、ひたすらジッと関羽の動静をうかがう。すると関羽は、ようやく臂(ひじ)の矢傷が癒えてくるとともに、樊城(はんじょう)の占領に意を注ぎ始めた様子。

先ごろから目立たぬように陸口方面の兵力を割き、ぼつぼつと樊城のほうへ動かしだしたようだった。

「時いたる」。陸遜はその由を建業へ急報した。

(03)建業

急報を受けた孫権は呂蒙を呼び、陸遜と協力して荊州を攻め取るよう命を下し、後陣の副将として特に弟の孫皎(そんこう)を添える。

ここでは孫皎が「孫権の弟」とあったが、実際のところは「従兄弟」。孫皎の父の孫静(そんせい)は孫堅(そんけん)の弟で、孫権にとって叔父にあたる。なお井波版『三国志演義』(第75回)では、孫権が「従弟の孫皎」と話しており、孫皎が孫静の次男(〈正史の〉『三国志』では三男)であると説明されていた。

一夜のうちに精兵3万が80余艘(そう)の速船(はやぶね)や軍船に乗り込む。参軍の諸将には、韓当(かんとう)・蔣欽(しょうきん)・朱然(しゅぜん)・潘璋(はんしょう)・周泰(しゅうたい)・徐盛(じょせい)・丁奉(ていほう)など名だたる猛者のみが選ばれた。

この中の10艘ほどは商船を装い、商人に変装した者ばかりが山をなす商品を積み、半日ほど先に長江(ちょうこう)をさかのぼっていった。

(04)象山(ぞうざん)

日を経て、呉の偽装船団は潯陽江(じんようこう)の北岸へ漂い着く。漆のような闇を風浪のすさぶ夜だったが、帆を休める暇(いとま)もなくすぐ一隊の兵に発見される。船から出た7人の代表者は、そのまま彼らの屯営へと拉致(らち)されていった。

番兵は関羽の麾下(きか)である。この象山には例の「烽火台(のろしだい)」があり、陸路荊州まで斜めに数百里(り)の間、同じ備えが諸所にあった。

屯営は山の下にあり、7人の代表者は厳重な調べを受ける。もちろん彼らは呉の武人だが、言葉巧みに商人と信じ込ませ、夜明けまで岸辺に留まる許可を求めた。

こもごもに嘆願したうえ、船中から携えてきた南方の佳酒や珍味を取り出して番将へ賄賂(わいろ)を贈ると、にわかに吟味も和らぐ。

番将が言う。

「ではまず大目に見ておくが、ここは烽火台もある要塞(ようさい)地帯じゃ。夜明け早々、潯陽のほうへ船を移せよ」

やがてひとりが岸へ戻り、さらに十数人の船夫(ふなこ)を連れてくる。手に手に酒の壺(つぼ)や食べ物を提げて船中一同の感謝を述べ、これを献上したいと申し出た。

番将は先に受け取った酒を開け、すでにほろ酔い気分。彼に続き、部下たちも酔いだしてしまう。船中から上がってきた面々は、蛮歌や民謡などの隠し芸まで披露して興を添えた。

そのうち番兵が異変に気づく。外へ飛び出すと、一陣の騎兵が取り巻いている。烽火台のほうも、山の裏から這(は)い上がった別動隊により占領されていた。

夜が明けてみると昨夜の商船ばかりか、80余艘の艨艟(もうどう。突撃艦)が江上を圧している。

「艨艟」は既出だが、「もうどう」と「もうしょう」でルビに揺れが見られる。

荊州の守備兵はみな呆然(ぼうぜん)とした顔つきで生け捕られた。呂蒙は上陸して捕虜を見ると、懇ろに諭す。

「驚くな。恐れるな。お前たちの命を取りはしない。むしろ汝(なんじ)らは今日以後、手柄次第では将来の大きな出世を約束されているものだ」

そして、金品を与え実際に優遇を示した後、捕虜の中から確実な降人とみられる者を選んで放した。「次の烽火台を守っている番将を説け。もし説き伏せて功を挙げたら取り立ててやる」と。

(05)荊州(江陵〈こうりょう〉?)

この策は次々に功を奏し、呂蒙の大軍は日々荊州へと近づいた。こうして、敵が非常に備えていた「つなぎ烽火」をほとんど効なきものとし、やがて荊州城下へなだれ込む。

先に呂蒙は莫大(ばくだい)な恩賞を懸け、降人の一群を城下へまぎれ込ませ、流言を放って敵をこう乱しに出ていた。

別の降人の一隊は荊州城の下まで来て、「門を開けろ。一大事がある」とわめく。城中の者が味方と見て城門を開けると、たちまち呉軍がなだれ入り八方へ放火。ここも混乱のるつぼと化してしまった。

管理人「かぶらがわ」より

せっかくの烽火台もまったく機能せず、いとも簡単に呉軍の侵入を許した荊州。さすがの関羽にも油断があったということでしょうか? それとも、彼の部下への信頼が仇(あだ)になったということでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】