吉川版『三国志』の考察 第274話 「藤甲蛮(とうこうばん)」

本拠としていた銀坑山(ぎんこうざん)を失い、むたび捕らえられ、むたび諸葛亮(しょかつりょう)に放された孟獲(もうかく)。義弟の帯来(たいらい)の進言に従い、今度は烏戈国(うかこく)の兀突骨(ごつとつこつ)を頼る。

かの地の「藤甲軍」は不敗の精鋭として知られ、実際にやいばを交えた魏延(ぎえん)から話を聞くと、諸葛亮は付近の地勢を見て回ったうえ、馬岱(ばたい)にある秘策を授けた。

第274話の展開とポイント

(01)銀坑山(ぎんこうざん)の郊外

すでに国なく王宮もなく、行く当てもない孟獲(もうかく)は、悄然(しょうぜん)として周囲の者に諮る。

「どこに落ち着いて再挙を図ろうか?」

彼の妻の弟である帯来(たいらい)が言った。

「ここから東南(たつみ)のほうへ700里(り)行くと『烏戈国(うかこく)』があります。国王は『兀突骨(ごつとつこつ)』という者です」

「五穀を食(は)まず、火食せず、猛獣蛇魚を食い、身には鱗(うろこ)が生えているとか聞きます。また、彼の手下に『藤甲軍(とうこうぐん)』と呼ぶ兵が約3万はおりましょう」

孟獲が藤甲軍について尋ねると、帯来が続けて言う。

「烏戈国の山野は到る所に山藤(ヤマフジ)がはびこっているのです。その蔓(ツル)を枯らしたあと油に浸し、また日にさらしては油に浸し、これを何十遍も繰り返すのだとか……」

「そうした蔓を使い鎧(よろい)を編むのです。この鎧を着込んだ兵を『藤甲兵』と呼び、まだこれに勝ったという四隣の国はありません」

孟獲が不敗の理由を尋ねると、さらに帯来はこう説明した。

「藤甲の特長ですが、第一には水に濡(ぬ)れても通しません。第二には非常に軽いので体が軽敏です。第三には江を渡るにも船を用いず、みなよく水に身を浮かせて自由に浮遊します。第四には弓も刀も受け付けないほど強靭(きょうじん)なのです」

これを聞くと、孟獲は一族と敗兵を従えて烏戈国を頼る。

(02)烏戈国

孟獲から子細を聞いた兀突骨は議にも及ばず、「よろしい」と大きくうなずく。即座に藤甲を着込んだ3万の部下が洞市に集まる。孟獲の残兵も追い追い寄って、両者の兵を合わせて10万余。烏戈国を発し桃葉江(とうようこう)に陣した。

井波版『三国志演義』(第90回)では、ここで「土安(どあん)」と「奚泥(けいでい)」という兀突骨配下の部将が登場していたが、吉川版『三国志』では使われていなかった。

また井波版『三国志演義』(第90回)では、「桃葉江」は「桃花水(とうかすい)」とあった。

(03)桃葉江

江の水はあくまで青く、両岸には桃の木が多く茂っている。年経れば、葉が河水に落ち一種の毒水を醸し、旅人が飲めば甚だしく下痢(げり)を病む。ところが烏戈国の土人には、かえって精力を加える薬水になると言い伝えられている。

(04)桃葉江の近く 諸葛亮(しょかつりょう)の本営

一方の諸葛亮は銀坑山の蛮都に入ってからも、これを治めて掠(かす)めず、これを威服せしめて殺戮(さつりく)せず。ただよく徳を敷き軍勢を整え、王征を拡大してきた途にあった。

諸葛亮は魏延(ぎえん)に命ずる。

「魏延。一手をひきいて桃葉江の渡し口を見てこい。ただひと当てして、敵の勢いを測ってくればよいぞ」

(05)桃葉江の近く

すぐに魏延は先発し桃葉江へと赴く。その途中、早くも烏戈国の兵と孟獲の連合軍にぶつかった。蛮軍は気負うこと満々。大胆にも江を渡り攻勢を掛けてきたのである。

敵は新手の大軍、魏延の部隊は小勢でもあったが、蛮軍は喚声を上げ、猛威は完全に昨日の気勢を盛り返していた。

のみならず、序戦でまず驚いたのは、蜀軍(しょくぐん)の射る矢がまったく功を奏さないこと。当たっても当たっても、矢は敵兵の体から跳ね返ってしまう。

白兵戦となっても、敵の五体には刀が通らない。その自信もあるため藤甲軍の士気は猛烈で、かみつくように蛮刀を振るってくる。

たちまち蜀兵は斬り立てられ、総壊乱を起こす。ここで角笛を鳴らし、兀突骨は悠々と兵を引き揚げる。孟獲よりも兵法を知る者だった。

その帰るや江を渡っていくのに、藤甲の兵はみな流れに身を浮かせ、あたかも水馬(ミズスマシ。アメンボ)の群れが泳ぐように易々と対岸へ上がっている。暑いので藤蔓の鎧を脱ぎ、鎧を水に浮かせ、その上に座り渡っていく兵などもある。

ここでは「水馬」のルビに「ミズスマシ」を採っていたが、「アメンボ」を優先すべきだったかも? 本来、両者は別のものである。

(06)桃葉江の近く 諸葛亮の本営

魏延はありのままを伝え、不思議な異蛮だと語った。諸葛亮も首をかしげていたが、やがて呂凱(りょがい)を呼んで尋ねる。

呂凱は地図を案じた後、こう言って極力引き揚げを勧めた。

「さては烏戈国の藤甲軍でしょう。とても人倫をもって律せられない野蛮の兵です。加うるに桃葉江の毒水は蛮外の人間にはくむべからざるものです。もはやこのへんでお引き揚げになってはどうです? あのような半獣半人の軍を敵にしていた日にはたまりません」

その諫めは了としたが、諸葛亮は面を振って左右の者にも言う。

「事を成しかけて終始を全うしないほど大なる罪はない。その兵の無駄は幾ばくか? 幾万の霊に何と謝すべきか? ましてこの蛮界に王風を敷くに、一隅の闇をも余して引き揚げてはすべてを無意味にする」

翌日、諸葛亮は四輪車を進ませ、桃葉江岸を一巡し付近の地勢を見て回った。さらには車を降りて徒歩で北方の一山へ登り、険しきを探り案じ、黙々と陣地へ帰ってくる。

するとすぐに馬岱(ばたい)を招き、何事か小声で綿密なる秘策を授けた。

「先ごろ用いた木獣車のほかに、なお黒い櫃(ひつ)を載せた10余輛(りょう)の戦車があるだろう」

このことについては前の第273話(03)を参照。

「汝(なんじ)はそれを引き、一軍の兵とともに桃葉江の北にある『盤蛇谷(ばんだこく)』の内に潜め。そして戦車をこう用いるがよい」

よほど秘密裏に行う必要があるものとみえ、諸葛亮はいつになく厳として戒める。

「もし事が漏れ内より敗れたときは、軍法に問うて罰するぞ。抜かりあるな」

馬岱の一軍は10余輛の戦車とともに、その日の夜中から忽然(こつぜん)と影を消していた。翌朝、諸葛亮は趙雲(ちょううん)を呼び、一軍を授けて言い渡す。

「ご辺(きみ)は盤蛇谷の裏から三江(さんこう)にわたる大路へ出て、かくかくの用意をなせ。必ず日限を誤るな」

「三江」については先の第271話(05)を参照。

諸葛亮は続いて魏延を呼び出し告げた。

「御身(あなた)は精鋭をひきい敵の真正面に出て、桃葉江の岸に陣を構えろ。兵は望むままの数を連れていくがいい」

魏延は、われこそ先鋒の最前線を承る者なり、と大いに喜ぶ。だが、諸葛亮は彼の勇躍を抑えるように語を継いだ。

「くれぐれも勝ってはならんぞ。もし敵が江を渡り強襲してきたら、ほどよく戦っては退け。陣屋も捨てて逃げろ。逃げる先には白旗を立てておく。またそこへ敵が寄せてきたら壊走し、次の白旗の立っている陣まで奔れ」

「いよいよ敵は勝ちに乗るだろう。さらに汝は第四の白旗の見ゆる地、第五の白旗の見ゆる地と、次々に陣屋を放棄して醜く逃げ続けよ」

魏延が面を膨らませて聞く。

「いったい、どこまで逃げろと仰せられるのですか?」

諸葛亮はこう説明した。

「およそ15日のうちに、15回の戦いに負け7か所の陣地を捨て、ただ身をもって白旗の見える所へ逃れればよいのだ」

軍令なので否めないが、魏延は怏々(おうおう)と楽しまない顔をして退がる。このほか張翼(ちょうよく)・張嶷(ちょうぎ)・馬忠(ばちゅう)などもそれぞれ命を受け部署に赴き、手ぐすね引いて戦機を測っていた。

(07)桃葉江の南岸

兀突骨と孟獲はいったん江南(こうなん)に退き大いに驕(おご)りながらも、お互いに軽挙を戒め合っていた。そこへ見張りの蛮兵から報告が届く。

「夕べから北岸に蜀兵が陣屋を作りだしております。だいぶたくさんな軍勢です」

兀突骨と孟獲は岸へ出て手をかざす。あの要所に堅固な陣屋を作られてはちとうるさいとし、今のうちにもみつぶそうとなった。

命が下ると、たちまち藤甲の蛮勢は江を渡って北岸を襲撃。戦い戦い、魏延は逃げる。ところが蛮軍は懲りており、深くは追ってこない。勝ちを収めると鮮やかに江を渡り、もとの南岸へ引き揚げてしまう。

魏延も北岸へ戻り再び陣屋を構築しだす。諸葛亮から新手の兵も追加される。それを見ると、蛮軍もまた人数を増やして攻撃を再開した。

管理人「かぶらがわ」より

蛮土の奥の奥、烏戈国の兀突骨を頼る孟獲。何せ「藤甲」が強烈でした。結局は弱点を突かれるわけですけど、この鎧には捨てがたい魅力が感じられますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】