吉川『三国志』の考察 第105話 「風の便り(かぜのたより)」

曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)の戦いは長引き、袁紹が陽武(ようぶ)へ移ると、曹操もひとまず許都(きょと)へ帰った。

汝南(じょなん)で曹洪(そうこう)が黄巾(こうきん)の残党に苦戦しているとの急報が届くと、関羽(かんう)は曹操に願い出て援軍に駆けつける。そして、かの地では思いがけない旧友との再会があった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第105話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 丞相府(じょうしょうふ)

曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)の大戦は長引いた。黄河(こうが)沿岸の春も熟すと、袁紹軍は地の利を改め陽武(ようぶ)の要害へ移る。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第26回)では「武陽(ぶよう)」とあるが、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)には吉川『三国志』と同じく「陽武」とある。

ひとまず曹操も許都に帰り将兵を慰安。ある日、慶賀の宴を開いた。

この席で延津(えんしん)の戦(いくさ)に触れ、わざと輜重(しちょう)部隊を先陣として敵を釣る計略を用いたが、あれを悟っていたのは荀攸(じゅんゆう)だけだった、などと話したうえ、しかし荀攸も口が軽いのはいけない、とも言って大いににぎわっていた。

延津で曹操が用いた計略については、前の第104話(01)を参照。

吉川『三国志』の考察 第104話 「燈花占(とうかせん)」
曹操(そうそう)の計略にはまり、延津(えんしん)で壊滅した袁紹(えんしょう)配下の文醜軍(ぶんしゅうぐん)。先の顔良(がんりょう)に続き、文醜を討ち取ったのも関羽(かんう)だった。袁紹の許しを得て文醜の第二陣となっていた劉備(りゅう...

そこへ汝南(じょなん)から早馬が着き、ひとつの変を報ずる。汝南で、もと黄巾(こうきん)の残党の劉辟(りゅうへき)と龔都(きょうと。共都)の討伐にあたっていた曹洪(そうこう)が大きな痛手を受け、今なお退却中であるという。

ちょうど宴の最中だったので、人々は騒然と議に沸いたが、ここで関羽(かんう)が援軍に行くことを申し出る。曹操は彼の出陣を許し5万の軍勢を与え、于禁(うきん)と楽進(がくしん)のふたりを副将として添えた。

このあと荀彧(じゅんいく)が意見する。よほどお気をつけにならないと、関羽は行ったままついに帰ってこないかもしれないと。曹操も反省し、汝南から帰ったら、もうあまり用いないことにしようとうなずく。

(02)汝南 関羽の本営

汝南に迫った関羽は古刹(こさつ)の一院に本営を置き、明日の戦に備えた。その夜、哨兵(しょうへい)の小隊が敵の間諜(かんちょう)らしい怪しげなふたりの男を捕らえてくる。

関羽が前に引き据え覆面を取らせてみると、ふたりのうちのひとりは、ともに劉備(りゅうび)の麾下(きか)にいた旧友の孫乾(そんけん)だった。関羽は自ら縛めを解き、左右の兵を退けてからふたりきりで旧情を温め合う。

孫乾は、徐州(じょしゅう)離散のあと汝南へ落ち延びたと言い、ふとした縁から劉辟や龔都と親しくなり、匪軍(ひぐん。賊軍)の中に身を寄せていたと話す。

関羽が敵方かと警戒すると、さらに孫乾は、河北(かほく)の袁紹から曹操の側面を突けとの交換条件で、かなりの金や物資が匪軍に回ったとも話した。

また、こういう関係から河北の消息も聞こえてくるが、先ごろある確かな筋から、ご主君(劉備)が袁紹を頼まれて河北の陣中におられると耳にしたとも伝える。

この話を聴いた関羽は大きな喜びの息をつく。

孫乾は、劉辟と龔都がかねて関羽を慕っていると言い、明日の戦ではみな偽って逃げるから、そのつもりで手心を加えるよう促す。

関羽は平定の任を果たした後、いったん許都へ帰り、劉備の二夫人を守護して再び汝南へ来ることを約束。そこで孫乾は、彼の代わりに先に河北へ行き、あらかじめ袁紹とその周囲の空気を探っておくことにする。

関羽はそっと裏門から、孫乾ともうひとりの間諜を送り出す。

宵のころより注意していた副将の于禁と楽進は、物陰でその様子を見ていたが、関羽を恐れてこの場では何も干渉できなかった。

(03)汝南

翌日、匪軍との戦いは予定どおりのものになる。関羽は苦もなく州郡を収め、やがて軍勢をひきいて許都へ帰った。

(04)許都 丞相府

当然ながら兵馬は損傷が少なく、功は大きかった。曹操の歓待は言うまでもない。于禁と楽進は密談の件を訴える機を狙っていたが、曹操の関羽への信頼と敬愛が頂点であるのを見ては、下手に横から告げ口もできなかった。

(05)許都 関羽邸

祝宴から退出した関羽は、屋敷に帰るとすぐに内院へ伺候し、劉備の二夫人に汝南からの凱旋を報告。そして四方山話(よもやまばなし)を始めると、甘夫人(かんふじん)はなじり、夫の消息についての手がかりがなかったか尋ねる。

関羽が、まだ大した手がかりはないと伝えると、甘夫人と糜夫人(びふじん。麋夫人)は珠簾(しゅれん)の内に伏し転(まろ)び、声を放って泣き悲しんだ。

なおふたりが恨み言を述べると、関羽は改まって諭す。

皇叔(こうしゅく。天子〈てんし〉の叔父。ここでは劉備のこと)の行方についても曙光(しょこう)が見えかけているが……。

もしおふたりにお告げして、それがふと内走(ないそう)の下女からでも外に漏れれば、これまでの苦心も水泡に帰すかもしれないと、実は深く秘しているのだと。

さらに、皇叔が河北の袁紹に身を寄せられ、先ごろは黄河の後陣までご出馬と、風の便りにほのかに聞き及んでいるものの、もっと確かめてみなければわからないとも告げる。

ふたりは、やがて確かなことがわかれば、孫乾が途中まで出迎えに来る約束になっていると聞き、喜びの声を漏らす。

ここで関羽はふたりを制し、再び皇叔とご対面なされる日まではただこの関羽をお頼みになり、何事も素知らぬふうにお暮らしいただきたいと乞うた。

管理人「かぶらがわ」より

汝南への出陣をきっかけに孫乾と再会した関羽。少しずつ劉備との距離が縮まってきているように感じられました。

ただ、どうも汝南の位置がピンときません。実際の汝南郡は許都の南東にあたるはずですが、河北から曹操の支配地(兗州〈えんしゅう〉・予州〈よしゅう。豫州〉・徐州)を横切る形で、汝南まで資金や物資を運べるとは思えないのですよね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (4) 臣道の巻
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました