吉川版『三国志』の考察 第191話 「鴻門の会に非ず(こうもんのかいにあらず)」

劉璋(りゅうしょう)は要請に応じてくれた劉備(りゅうび)への謝意を伝えるため涪城(ふじょう)まで出向き、城内で歓迎の宴(うたげ)を催す。

ほどなく答礼として、今度は劉備が劉璋らを招いて酒宴を開いたものの、この席で両者の重臣たちが険悪な雰囲気になる。やがて事態は一触即発の危機を迎えるが……。

第191話の展開とポイント

(01)蜀(しょく)の国境

建安(けんあん)16(211)年の冬12月、ようやく劉備(りゅうび)は蜀へ入る。国境には、劉璋(りゅうしょう)の命を受けた孟達(もうたつ)が4千騎をひきい出迎えていた。

井波版『三国志演義』(第60回)では、孟達は5千の軍勢をひきい出迎えている。

先に法正(ほうせい)がもたらした返事により、劉備が来援を承諾したことを聞くと劉璋は無性に喜んだ。そして、道々の地頭(じとう)や守護人に命じあらゆる歓待をさせた。

「地頭」については先の第123話(01)を参照。

(02)成都(せいと)

そのうえ劉璋自身、成都を出て涪城(ふじょう)まで出迎えると言いだし、車馬・武具・幔幕(まんまく)などを準備していた。これを黄権(こうけん)が、見ず知らずの国から来た5万の軍中へ自ら出られるのは危険だと諫める。

侍側にいた張松(ちょうしょう)がなじると、劉璋もともに言う。

「そうだとも。玄徳(げんとく。劉備のあざな)はわが宗族だ。ゆえにはるばる蜀の国難を扶(たす)けんと来てくれたのだ。馬鹿、馬鹿を申せ」

黄権は悲しみ、頭を地にぶつけて面に血を流しながら、なお諫言した。劉璋が袂(たもと)を振り払っても離さじと袂をかんでいたので、彼の前歯は2本へし折れた。

こうして劉璋が城門から出ようとすると、今度は李恢(りかい)が声を上げ車に取りすがる。

「いま黄権の諫めをお用いなく、玄徳を国にお入れあるは、求めて御身(あなた)を滅ぼすようなものですっ!」と泣かんばかりに訴えた。

劉璋は耳をふさぎ、車を進めるよう命ずる。車の輪を離さないのなら轢(ひ)き殺してでも行けと。

そこへまた、ひとりの下僕が狂わしげに訴えてくる。主人の王累(おうるい)がどうかしてわが君のお心を翻そうと、自分の身を縄でくくり、楡橋門(ゆきょうもん)の上から逆さまに吊(つ)り下がったのだという。

(03)成都 楡橋門

門にぶら下がっていた王累は右手に剣を持ち、左手に諫言の文をつかんでいた。驚いて劉璋の車が止まると、その文を読みだす。

そして、もしお聞き入れいただけなければ、この剣をもって自ら縄を切り、地に頭を砕き死なんと怒鳴る。

劉璋が一喝すると、王累は「惜しいかな、蜀や!」とひと声叫び、縄を切って地上の車の前に脳骨を打ち砕いてしまった。

(04)涪城

扈従(こじゅう)の人数3万、金銀兵糧を積んだ車1千余輌(りょう)。ついに成都を去ること360里(り)、劉璋は涪城まで迎えに出た。

(05)涪城の郊外

一方の劉備は沿道の盛んな歓迎を受けながら、すでに涪城まで100里近くまで来ていた。

ここで、案内に立っている法正のところへ張松から早馬で密書が届く。法正はそっと龐統(ほうとう)に見せ、「この時を外すなと、張松のほうから言ってよこしました。お抜かりのないように」と示し合わせた。

(06)涪城

やがて劉璋と劉備が涪城の城内で対面。両者の会見は和気あいあいたるものだった。数刻の歓宴歓語の後、劉備はあっさりと帰る。連れてきた5万の軍勢は城外の涪江(ふこう)のほとりにあった。

劉備が帰ると、劉璋は左右の者へすぐ言った。

「どうだ。聞きしにも勝る立派な人物ではないか。王累、黄権などは人を見る明がなく、世の毀誉褒貶(きよほうへん)を信じて予を諫め、自ら死んだからいいようなものの、生きていたら予に合わせる顔もあるまい」

ここでの劉璋の発言には疑問がある。確かに王累は楡橋門で死んでいたが、黄権のほうは死んだわけではない。なお、井波版『三国志演義』(第60回)でも黄権と王累らへの言及はあるものの、劉璋が、(ふたりは)宗兄(あにうえ。劉備)の本心を知らず、みだりに疑うとは笑止千万だ、と評するにとどめている。

蜀の諸将はこれを聞きなおさら案ずる。トウ賢(とうけん。登+阝)・張任(ちょうじん)・冷苞(れいほう)などはこもごもに用心を促したが、劉璋は笑って取り合おうとしなかった。

(07)涪江のほとり 劉備の本営

龐統から劉璋の印象を聞かれた劉備は、「真実のある人だ」と、ひと言だけ答える。龐統が言葉の裏を読み、「愚誠の人物とも言えましょう」というと、劉備は黙って目をしばたく。劉璋に対して憫然(びんぜん)たるものを抱いているようだった。

龐統は劉備の胸を看破し、明日、答礼の酒宴に事寄せて劉璋を招くよう決断を促す。そこへ法正もやってきて、口を極めて励ました。

建安17(212)年の春正月、今度は劉備が主人となり、劉璋を招待することに決めた。この宴会は西蜀の開闢(かいびゃく)以来と言ってもよい盛大なものだった。

井波版『三国志演義』(第61回)では、劉備と劉璋が再び涪城で酒宴を開いたとあり、この時の主人役が劉備だったのかはわからない。

やがて臨席した劉璋以下、蜀の将軍(しょうぐん)や文官たちに心からなるもてなしを尽くした。

その後、宴もたけなわに入ったころ、龐統はチラと法正に目くばせし外へ出る。そして、人なき所へ行き声を潜め合う。手はずを再確認すると、ふたりはさりげない顔をして元の席へ戻っていた。

宴席は歓語笑声に満ち、主賓の劉璋の面にも満足そうな酔が赤く上っている。すると突如、魏延(ぎえん)が立ち上がり、宴席の中ほどへ進み出て剣舞を始めた。蜀の諸将はみな顔色を変えたが、とがめるすべもない。

だがここで、従事官(じゅうじかん。従事)の張任が剣を抜き躍り出ると、剣舞の相手役として舞い始めた。これを見た龐統は舌打ちしながら、傍らの劉封(りゅうほう)に目くばせ。劉封も身を起こし、剣を抜きふたりの間へ舞って入った。

とたんに劉璋の周囲も一斉に立ち上がり、冷苞・劉カイ(りゅうかい。王+貴)・トウ賢などの幕将たちが、手に手に剣を抜いて舞に加わる。

驚いた劉備は、抜いた剣を高く掲げ叱った。

「無礼なり、魏延、劉封。ここは『鴻門(こうもん)の会』ではない。われら宗親の会同に何たる殺伐を演ずるか。退がれっ、退がれっ!」

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『鴻門の会』とは)劉邦(りゅうほう)と項羽(こうう)が天下を争っていた際、鴻門で開かれた宴会で剣舞をしながら劉邦を暗殺しようとしたこと。『史記(しき)』項羽本紀(こううほんぎ)が出典」という。

なお「鴻門の会」については、先の第82話(01)でも採り上げられていた。

劉璋も家臣の非礼を叱り、玄徳どのと私とは同宗の骨肉。無用な猜疑(さいぎ)をなすとは、汝(なんじ)らこそ兄弟の仲を裂くものであるとたしなめた。しかし、この夜の宴は失敗に似てかえって成功だった。劉璋はいよいよ劉備に信頼の念を深めた。

管理人「かぶらがわ」より

黄権・李恢・王累の諫言を次々に退け、涪城まで劉備を出迎えに行く劉璋。さすがにここまで来ると、ただのお人よしでは片づけられないかも?

ちなみに史実の劉璋は末っ子で、長兄の劉範(りゅうはん)や次兄の劉誕(りゅうたん)が生きていれば、跡を継ぐことにはならなかったはずなのですよね……。

「劉範」については先の第41話(05)を参照。なお「劉範」と「劉誕」については、吉川版『三国志』では使われていない模様。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】