劉璋(りゅうしょう)

【姓名】 劉璋(りゅうしょう) 【あざな】 季玉(きぎょく)

【原籍】 江夏郡(こうかぐん)竟陵県(きょうりょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第082話で初登場。
【演義】 第016回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・劉璋伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成り行きで益州牧(えきしゅうのぼく)を引き継ぐも、結局は劉備(りゅうび)へのつなぎ役に

父は劉焉(りゅうえん)だが、母は不詳。劉範(りゅうはん)・劉誕(りゅうたん)・劉瑁(りゅうぼう)はみな兄。息子の劉循(りゅうじゅん)は跡継ぎで劉闡(りゅうせん)も同じく息子。ほかに費観(ひかん)に嫁いだ娘もいた。

194年、劉璋は劉焉が死去したためその跡を継ぎ、監軍使者(かんぐんししゃ)・益州牧となった。

やがて漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)の態度に驕(おご)りが見られるようになり、劉璋の命に従わなくなった。

205年、劉璋は張魯が命令に従わないとの理由で、その母と弟を殺害する。劉璋と仇敵(きゅうてき)になった張魯はそのまま漢中を占領し、妖術を用いて民衆を導き、自ら師君(しくん)と号した。劉璋は龐羲(ほうぎ)らに張魯を攻めさせたものの、たびたび敗れた。

張魯の兵の多くが巴西(はせい)に集まっていたため、劉璋は龐羲を巴西太守(はせいのたいしゅ)に任じ、軍勢を授けて防がせた。ところが巴西太守となった龐羲は好き勝手に振る舞うようになり、劉璋との信頼関係に亀裂が生じた。

劉焉の時代(188~194年)、南陽(なんよう)や三輔(さんぽ。長安〈ちょうあん〉を中心とする地域)から数万戸の人々が難を避けようと益州へ流れ込んでいた。劉焉は彼らの中から兵士を選抜し東州兵(とうしゅうへい)と名付けた。

劉璋は優柔不断な性格で威厳もなかったため、東州兵は益州に古くから住んでいる民に暴行を働くようになり恨みを買った。

劉璋は問題の解決を趙韙(ちょうい)に任せたが、彼は民の怨嗟(えんさ)に乗じて謀反を企む。そのうち趙韙は、荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)に手厚い進物を贈って和睦を乞うとともに、州内の豪族と結び挙兵した。

蜀郡(しょくぐん)・広漢(こうかん)・犍為(けんい)の3郡などはみな趙韙に呼応し、劉璋は成都を固守した。東州兵は趙韙を恐れ、心をひとつに劉璋を助けて戦ったので、江州(こうしゅう)で趙韙を撃破することができた。

しかしながら、こうした内乱はみな劉璋に判断力が欠けていて、外からの讒言(ざんげん)を聞き入れたことが原因になっていた。

208年、劉璋は曹操(そうそう)が荊州を討伐し、すでに漢中も平定したと聞くと、陰溥(いんふ)を遣わし表敬させる。

曹操は、劉璋を振威将軍(しんいしょうぐん)に、その兄の劉瑁を平寇将軍(へいこうしょうぐん)に、それぞれ任じた。だが、このころ劉瑁は精神を病んで亡くなった。

続いて劉璋は別駕従事(べつがじゅうじ)の張粛(ちょうしゅく)を曹操のもとへ遣わし、兵士300人と様々な品物を贈った。これに対し曹操は、張粛を広漢太守に任じた。

その後、劉璋は別駕の張松(ちょうしょう)を曹操のもとへ遣わしたが、このとき(208年)すでに曹操は荊州を平定しており、当陽(とうよう)で劉備(りゅうび)を敗走させていた。そのため使者など歯牙にもかけず、張松は恨みを抱く。

張松が帰国したころ、曹操は赤壁(せきへき)で大敗を喫した(208年)うえ、流行病による死者が続出していた。

劉璋は張松から、曹操と絶交し劉備と結ぶよう勧められた。そこで劉璋は法正(ほうせい)を劉備のもとへ遣わし誼(よしみ)を通じ、続いて法正と孟達(もうたつ)に数千の兵を付けて助力した。

211年、再び張松が劉璋に進言し、劉備を益州へ迎えるよう勧めた。劉璋は進言を容れ、法正を遣わして劉備に益州入りを要請した。

このとき主簿(しゅぼ)の黄権(こうけん)は、劉備を迎えた場合の利害を述べ立て、従事の王累(おうるい)は城門に逆さづりとなって諫めたが、劉璋は聞き入れようとしなかった。

かえって劉璋は、劉備の通り道になる地域に命令を下して丁重にもてなしたので、劉備は自分の国に戻るように州境を越えることができた。

江州の北に着いた劉備は、墊江(てんこう)の流れを使って涪(ふう)に到着。劉璋は3万余の歩騎とともに劉備を出迎え会見した。劉備配下の将兵は代わるがわる出かけていき、歓迎の宴会は100余日にも及んだ。

劉璋は劉備に、米20万斛(ごく)、馬1千頭(とう)、車1千乗(じょう)、絹織物、錦、練り絹を援助し、張魯討伐を約束させて別れた。

翌212年、葭萌(かぼう)にいた劉備が向きを変え、南方の成都を目指し進軍を開始。劉璋軍は劉備軍の行く先々で敗れた。

214年5月、劉備軍により、成都は数十日にわたる包囲を受けた。このときまだ城内には3万の精兵がおり、衣食も1年分の蓄えがあったので、官民とも死を賭して戦う覚悟を固めていた。

しかし劉璋はこう述べ、城門を開いて降伏した。

「われわれ父子は20年以上も益州を統治してきたが、人々に恩徳を施したことはなかった。みなが3年もの間、戦いに明け暮れ草野に肌をさらし、膏(あぶら)を流して死んでいったのは私の責任だ。どうして平気でいられようか」

劉璋は、劉備の命で南郡(なんぐん)の公安(こうあん)へ移ることになり、私財や振威将軍の印綬(いんじゅ)などを返してもらった。

219年12月、孫権(そんけん)が劉備配下の関羽(かんう)を殺害して荊州を奪い取ると、劉璋は益州牧に任ぜられ秭帰(しき)に駐屯することになった。その後、劉璋は秭帰で死去(時期は不明)し、息子の劉循が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

劉璋が劉焉の跡を継いだのは、益州の大官だった趙韙らの献帝(けんてい)への上書があったからでした。彼らはその温厚な人柄が自分たちの利益になると考え、劉璋を立てることにしたのです。

しかもこれは、194年の馬騰(ばとう)らの反乱に絡んだ、長兄の劉範と次兄の劉誕の死がなければ実現しないことでもありました。

では、もうひとりの兄である劉瑁はなぜ後継者になれなかったのか? これについては、劉瑁はずっと劉焉のそばに付き従っていたそうですし、本伝に「精神を病んで亡くなった」とあることからも、何らかの問題を抱えていたのかもしれません。

劉焉が、董扶(とうふ)の言った天子(てんし)の気に誘われて益州へ入り、これを劉璋が引き継ぎ、そのあと劉備が手中に収める。やはり劉備と益州には、何か運命的なつながりがあったのでしょうか?

まぁ、その劉備の跡を継いだ劉禅(りゅうぜん)が魏(ぎ)に降り、魏も晋(しん)に禅譲したわけですから――。劉備を益州における最終的な勝利者と見ることはできないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました