孫邵(そんしょう)

【姓名】 孫邵(そんしょう) 【あざな】 長緒(ちょうしょ)

【原籍】 北海郡(ほっかいぐん)

【生没】 163~225年(63歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)配下の丞相(じょうしょう)

父母ともに不詳。

初め孫邵は孔融(こうゆう)の下で功曹(こうそう)を務め、朝廷に立つべき人材であると称賛された。のち江東(こうとう)の劉繇(りゅうよう)のもとへ身を寄せ、やがて江東を支配した孫権に仕えた。

孫邵が朝廷に公式の使者を遣わし献上品を奉るよう勧めると、すぐ孫権はこの意見に従った。孫邵は廬江太守(ろこうのたいしゅ)に任ぜられ車騎長史(しゃきちょうし)に昇進した。

219年に孫権が驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)に任ぜられると、張昭(ちょうしょう)や鄭札(ていさつ)らとともに呉における儀礼制度の制定にあたった。

222年には丞相・威遠将軍(いえんしょうぐん)に任ぜられ陽羨侯(ようせんこう)に封ぜられた。

張温(ちょうおん)と曁豔(きえん)が彼のことをあげつらった上奏をすると、孫邵は官を辞して罪を乞うたが、孫権はもとの職に戻らせた。

その後、225年5月に死去。このとき63歳だった。

管理人「かぶらがわ」より

呉の初代丞相でありながら、『三国志』には孫邵の伝が立てられていません。

この疑問については『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞喜(ぐき)の『志林(しりん)』で採り上げられており、以下のようにあります。

「呉の建国当初は孫邵が丞相を務めたが、史書には彼の伝がない。私はつねづねこのことをいぶかしんでいた。あるとき劉声叔(りゅうせいしゅく)にこの件を尋ねてみると、彼は次のように答えた」

「『孫邵の名声や官位から考えれば、伝が立てられるのは当然だ。(呉の歴史の編纂〈へんさん〉を手がけた)項竣(こうしゅん。項峻)や丁孚(ていふ)のとき、すでに彼についての記録があったが、それによると、彼は張恵恕(ちょうけいじょ。張温)と折り合いが悪かったと言っている』」

「『のちに韋氏(いし。韋昭〈いしょう〉。韋曜〈いよう〉)が呉の歴史をまとめた(『呉書』。『三国志』のそれとは別物)とき、おそらく韋氏が張恵恕の党に属していたため伝を立ててもらえなかったのであろう』」

え、そういう理由だったの? と思わないでもないですが、韋昭(韋曜)の『呉書』に孫邵の伝が立てられなかったため、それを参考にして書かれた陳寿(ちんじゅ)の『三国志』でもその体裁が引き継がれたということなのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました