孫奇(そんき)

【姓名】 孫奇(そんき) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~250年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫霸(そんは)に加担して孫和(そんか)を陥れたひとり

父母ともに不詳。呉(ご)の孫権(そんけん)の一族なのか不明。

孫奇は、242年1月に皇太子(こうたいし)に立てられた孫和と、同年8月に魯王(ろおう)に封ぜられた孫霸との間で後継者争いが起きた際、孫霸に付いた。

そのうち孫和への讒言(ざんげん)が効き、250年に孫和は皇太子を廃されたものの、孫霸には自殺が命ぜられた。孫奇も孫霸と結託して孫和を陥れたという理由で、全寄(ぜんき)や呉安(ごあん)らとともに誅殺された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。孫和を陥れた孫霸側の中心人物のひとりだったのでしょうが、家系や官爵などもわからず、正史『三国志』にちょこっと登場している程度です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました