孫彧(そんいく)

【姓名】 孫彧(そんいく) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)の一族

父母ともに不詳。呉の孫権の分家筋にあたるという。

初め孫彧は呉の部将として、南陵督(なんりょうとく)の徐紹(じょしょう)とともに寿春城(じゅしゅんじょう)を守っていたが、魏(ぎ)に捕らえられたあとは(魏に)仕えた。

264年10月、水曹掾(すいそうえん)を務めていた孫彧は相国参軍事(しょうこくさんぐんじ)だった徐紹とともに魏の曹奐(そうかん)の詔(みことのり)を受け、帰国して孫晧(そんこう)に降伏を勧告するよう命ぜられた。このとき、別に相国の司馬昭(しばしょう)から手紙を託された。

孫彧は徐紹の副官という位置づけだったが、兼給事黄門侍郎(けんきゅうじこうもんじろう)に任ぜられ関内侯(かんだいこう)に封ぜられた。さらに、曹奐から下賜された侍婢(じひ)や、魏に住んでいる家族を連れての帰国が許された。

翌265年3月、孫彧と徐紹は孫晧の返書を預かり、呉の光禄大夫(こうろくたいふ)の紀陟(きちょく)と五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)の弘璆(こうきゅう)を伴い、再び魏へ向かった。

だが、徐紹は濡須(じゅしゅ)まで来たところで孫晧に召し還されて殺害され、その一家眷属(けんぞく)は建安(けんあん)へ強制移住させられた。これは「もともと呉の臣下である徐紹が中原(ちゅうげん。魏)を称賛している」と、孫晧に上言した者がいたためである。

なお、その後の孫彧の動静に関する記事はない。

管理人「かぶらがわ」より

孫彧は孫権の支族(分家)というだけで親子関係も不詳。寿春で部将をやっていたくらいですから、それなりの人物だったのかもしれません。徐紹については孫晧の命令で殺害されたという記事があるのに、孫彧のその後に触れた記事はないようです。
「呉の孫氏」収録人物一覧
正史『三国志』(呉書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに呉の孫氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝紀...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました