姜維(きょうい)

【姓名】 姜維(きょうい) 【あざな】 伯約(はくやく)

【原籍】 天水郡(てんすいぐん)冀県(きけん)

【生没】 202~264年(63歳)

【吉川】 第280話で初登場。
【演義】 第092回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・姜維伝』あり。

魏(ぎ)への出兵を繰り返したことから、評価は二分の将軍(しょうぐん)

父は姜冏(きょうけい)だが、母は不詳。

姜維は幼いころ父を亡くし、母とともに暮らした。彼は鄭玄(ていげん)の学問を好み、郡に仕え「上計掾(じょうけいえん)」となり、州から召されて「従事(じゅうじ)」に任ぜられる。

むかし姜冏が郡の「功曹(こうそう)」だったとき、羌族(きょうぞく)の反乱に遭い、身をもって郡将を守った末に戦死した。このため息子の姜維が「中郎(ちゅうろう)」の官位を賜り、本郡の軍事に参与することになった。

228年、蜀の丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が祁山(きざん)に進出してくる。このとき魏の天水太守(てんすいたいしゅ)の馬遵(ばじゅん)は巡察中で、姜維を始め、功曹の梁緒(りょうしょ)、主簿(しゅぼ)の尹賞(いんしょう)、主記(しゅき)の梁虔(りょうけん)らも随行していた。

馬遵は蜀軍の来攻に魏の諸県が呼応していると聞くと、夜間に逃亡し上邽(じょうけい)に立てこもる。姜維らは馬遵の逃亡に気づき追いかけたものの、城へ入れてもらえず、帰り着いた冀県でも入城を拒まれてしまう。そこでやむなく連れ立って諸葛亮に降り、母とは離ればなれになった。

姜維は蜀で「倉曹掾(そうそうえん)」に任ぜられ、「奉義将軍(ほうぎしょうぐん)」の官位を加えられたうえ「当陽亭侯(とうようていこう)」に封ぜられる。のち「中監軍(ちゅうかんぐん)・征西将軍(せいせいしょうぐん)」に昇進した。

234年、諸葛亮が陣没すると姜維は成都(せいと)に帰還。「右監軍(ゆうかんぐん)・輔漢将軍(ほかんしょうぐん)」として諸軍を統率することになり「平襄侯(へいじょうこう)」に爵位が進む。

238年、姜維は大将軍(だいしょうぐん)の蔣琬(しょうえん)に付き従い、漢中(かんちゅう)に駐屯。

翌239年、蔣琬が「大司馬(だいしば)」に昇進すると姜維は「司馬」に任ぜられ、一軍をひきいて西方の魏領への進攻を繰り返した。

翌240年、姜維は隴西(ろうせい)に進出するも、魏の郭淮(かくわい)に彊中(きょうちゅう)まで追撃され撤退。

243年、姜維は「鎮西大将軍(ちんぜいだいしょうぐん)」に昇進し「涼州刺史(りょうしゅうのしし)」を兼ねる。

247年、姜維は「衛将軍(えいしょうぐん)」に昇進し、大将軍の費禕(ひい)とともに「録尚書事(ろくしょうしょじ)」となった。

この年、汶山郡(ぶんざんぐん)の平康県(へいこうけん)で蛮族の反乱が起き、姜維が軍勢をひきいて平定した。また、隴西・南安(なんあん)・金城(きんじょう)の諸郡へ進攻し、魏の郭淮や夏侯霸(かこうは)らと洮水(とうすい)の西で戦う。

さらに涼州の蛮王の白虎文(はくこぶん)や治無戴(ちぶたい)らが集落を挙げ降伏してきたため、姜維は部族民を連れ帰り、成都近くの繁県(はんけん)に落ち着かせた。

249年、姜維は節(せつ。権限を示すしるし)を貸し与えられ、再び魏の西平(せいへい)へ出陣したが、勝利を得られず帰国。

『三国志』(蜀書・後主伝〈こうしゅでん〉)では、姜維の西平への出兵は翌250年のこととある。

253年春、費禕が死去すると、その年の夏に姜維は数万の軍勢をひきい、武都(ぶと)から石営(せきえい)に出たうえ董亭(とうてい)を経て南安を包囲。しかし、魏の雍州刺史(ようしゅうしし)の陳泰(ちんたい)が洛門(らくもん)に到着すると、蜀軍は兵糧が尽きて撤退した。

翌254年、姜維は「督中外軍事(とくちゅうがいぐんじ。『督中外諸軍事』?)」の官位を加えられる。隴西に出陣したところ、魏の狄道県長(てきどうけんちょう)の李簡(りかん)が城を挙げて降伏。

姜維は軍勢を進め襄武(じょうぶ)を包囲し、魏の徐質(じょしつ)を斬る。勝ちに乗じて多数の敵兵を降しつつ、河関(かかん)・狄道・臨洮(りんとう)の3県から住民を連れ帰る。

翌255年、姜維は車騎将軍(しゃきしょうぐん)の夏侯霸とともに狄道へ進攻。洮水の西で魏の雍州刺史の王経(おうけい)を大破する。

夏侯霸は249年に魏から蜀へ降った。

王経を追撃し狄道城を包囲するも、魏の征西将軍の陳泰が救援に駆けつけたため、姜維は引き揚げて鍾題(しょうだい)にとどまる。

翌256年、遠征先で「大将軍」に昇進。鎮西大将軍の胡済(こせい)と上邽で落ち合う手はずを整えたものの、彼が約束どおりに現れなかったため、姜維は段谷(だんこく)で魏のトウ艾(とうがい。登+阝)に大敗してしまう。

姜維は敗戦の責任を認め謝罪したうえ、自ら降格を願い出て「後将軍(こうしょうぐん)・行大将軍事(こうだいしょうぐんじ)」となった。

翌257年、魏の征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の諸葛誕(しょかつたん)が淮南(わいなん)で反乱を起こす。このため魏は関中(かんちゅう)の兵を割き、東へ向かわせた。

姜維はこの機に秦川(しんせん)へ向かおうと考え、数万の軍勢をひきいて駱谷(らくこく)へ出ると、速やかに沈嶺(しんれい)まで達する。

魏の大将軍の司馬望(しばぼう)とトウ艾が長城(ちょうじょう)に防御陣を敷くと、姜維は進んで芒水(ぼうすい)に駐留し、山に拠り軍営を築く。魏軍は渭水(いすい)沿いの守りを固め、たびたび姜維が戦いを挑んでも応じない。

翌258年、諸葛誕の敗北が伝わると、姜維は成都へ引き揚げ「大将軍」に復した。

262年、姜維は軍勢をひきいて侯和(こうか)に出たが、魏のトウ艾に撃破され、引き揚げて沓中(とうちゅう)に駐屯する。

翌263年、姜維は劉禅(りゅうぜん)に上表し、魏の鍾会(しょうかい)が関中で出撃準備を整えつつあることを伝え注意を促す。

ところが宦官(かんがん)の黄皓(こうこう)は鬼神や巫女(みこ)の言葉を信じ、敵は来ないと考えており、劉禅に働きかけ姜維の進言を採り上げさせない。しかも、蜀の群臣はこのことを何も知らされなかった。

その後、鍾会が駱谷に向かい、トウ艾が沓中に侵入する段階になり、ようやく右車騎将軍(ゆうしゃきしょうぐん)の廖化(りょうか)が沓中へ援軍として差し向けられる。加えて、左車騎将軍の張翼(ちょうよく)や輔国大将軍(ほこくだいしょうぐん)の董厥(とうけつ)らも陽安関(ようあんかん)へ救援に向かった。

姜維は陰平(いんぺい)まで来たとき、魏の諸葛緒(しょかつしょ)が建威(けんい)に向かったことを聞き、とどまってこれを待ち受ける。ひと月余りのち、姜維はトウ艾に敗れ陰平へ退く。

張翼と董厥が漢寿(かんじゅ)まで来たところで、姜維と廖化は陰平を捨て、みなで剣閣(けんかく)に拠り鍾会をよく防いだ。

だが、トウ艾が陰平から景谷道(けいこくどう)を通り剣閣の脇から侵入。緜竹(めんちく)で諸葛瞻(しょかつせん)を撃破すると、劉禅の降伏を受け入れて成都を占領した。

初め諸葛瞻の敗報が伝わると、劉禅は成都を固守しようとしているとか、南の建寧(けんねい)へ入ろうとしているといった、様々な情報が飛び交う。そこで姜維は軍勢を退き、広漢(こうかん)やシ(妻+阝)の街道を通りながら真偽を確かめようとする。

しかし、そのうちに劉禅の詔(みことのり)を受けたため、武器を捨てて鎧(よろい)も脱ぎ、涪(ふう)にいる鍾会のところへ出頭。ここで姜維は厚遇を受けた。

翌264年、鍾会に陥れられたトウ艾が捕らえられ、囚人護送車で送還されると、姜維は鍾会とともに成都へ入る。成都入城後に鍾会が謀反を起こすと、魏の将兵は従おうとせず、かえって鍾会や姜維らを殺害した。姜維の妻子も処刑されたという。

管理人「かぶらがわ」より

姜維がらみの戦いは数多くあるため、本伝の記事を中心にまとめてみましたが、すべての詳細まで拾いきることはできませんでした。

姜維については『演義』や『吉川版』のイメージが強烈ですけど、史実でポイントとなるのは以下の2点だと思います。

まず、姜維が諸葛亮に投ずるに至った理由というのは特別なものではなく、実際のところ「たまたま」だったこと。そして、諸葛亮が自身の後継者にと考えていたのは蔣琬や費禕であり、姜維ではなかったこと。

蜀へ来てからの姜維は、厚遇に応え十分に持ち味を発揮しましたが……。彼の活躍を見る諸葛亮の目も、これまた冷静かつ確かなものでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】