馬超(ばちょう)

【姓名】 馬超(ばちょう) 【あざな】 孟起(もうき)

【原籍】 扶風郡(ふふうぐん)茂陵県(ぼうりょうけん)

【生没】 176~222年(47歳)

【吉川】 第149話で初登場。
【演義】 第010回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・馬超伝』あり。

西方一帯に勇名を轟(とどろ)かせ、流寓(りゅうぐう)の末に蜀へ落ち着く

父は馬騰(ばとう)だが、母は不詳。馬休(ばきゅう)と馬鉄(ばてつ)は弟。馬岱(ばたい)は従弟。馬秋(ばしゅう)と馬承(ばしょう)という息子がおり、跡を継いだのは馬承。ほかに劉理(りゅうり)に嫁いだ娘もいた。

202年、馬超は馬騰の命を受け、曹操(そうそう)配下の司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)に付き従い、平陽(へいよう)で郭援(かくえん)や高幹(こうかん)の討伐にあたる。

やがて馬騰と韓遂(かんすい)が不仲になると、208年に馬騰は「衛尉(えいい)」として都(許〈きょ〉)へ召し還されることになり、馬超が「偏将軍(へんしょうぐん)・都亭侯(とていこう)」として父の軍勢を引き継いだ。

211年、馬超は韓遂を始め、楊秋(ようしゅう)・李堪(りかん)・成宜(せいぎ)らと手を結び潼関(とうかん)まで進出し、曹操軍と対峙(たいじ)する。

このとき曹操と陣前で会見する機会があり、馬超は不意を突き曹操を捕らえようと考えたものの、護衛の許褚(きょちょ)がいたためうまくいかなかった。

そのうち馬超は曹操配下の賈詡(かく)の計にかかり、韓遂と猜疑(さいぎ)し合うようになる。結局は曹操軍と戦って大敗を喫し、蛮族の住む地へ逃走した。

翌212年、すでに入朝していた馬騰以下、(鄴〈ぎょう〉にいた)馬休や馬鉄ら一族も、曹操の命により皆殺しにされる。

曹操が西方から帰還した後、馬超は蛮族をひきいて隴上(ろうじょう。隴山一帯)の郡県を攻め、涼州刺史(りょうしゅうしし)の韋康(いこう)を殺害し冀城(きじょう)に拠った。ここで自ら「征西将軍(せいせいしょうぐん)」を称して「幷州牧(へいしゅうのぼく)」を兼ね、涼州の軍事を一手に握った。

だが、韋康に仕えていた楊阜(ようふ)・姜叙(きょうじょ)・梁寛(りょうかん)・趙衢(ちょうく)らは共謀し、馬超の打倒に立ち上がる。

翌213年、楊阜と姜叙が鹵城(ろじょう)で挙兵したため、馬超は冀城から出撃して鹵城を攻めたものの落とせず。その間に梁寛と趙衢が冀城の城門を閉ざし、進退窮まった馬超は漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)のもとへ逃れた。

ところが張魯はともに事を計るに足らなかったので、(214年に)劉備(りゅうび)が成都(せいと)の劉璋(りゅうしょう)を包囲したと聞き、密書を送り帰順を願い出る。

こうして劉備から迎えの使者が来ると、馬超は軍勢をひきいて成都へ向かい、彼の到着を聞いた劉璋はほどなく劉備に降伏した。馬超は「平西将軍(へいせいしょうぐん)・都亭侯」となり、臨沮(りんしょ)を治めることになった。

翌215年、曹操が張魯を降すと、張魯のもとにとどめたままになっていた息子の馬秋が殺害されてしまう。

219年、劉備が「漢中王」になると、馬超は「左将軍(さしょうぐん)・仮節(かせつ)」に任ぜられた。

221年、劉備が帝位に即くと、馬超は「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」に昇進し「涼州牧」を兼ね、「斄郷侯(りきょうこう)」に爵位が進む。

翌222年、馬超は47歳で死去。「威侯(いこう)」と諡(おくりな)され、息子の馬承が跡を継いだ。

馬超を始め、関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)・龐統(ほうとう)・黄忠(こうちゅう)に諡号(しごう)が贈られたのは、ずっと後の蜀の景耀(けいよう)3(260)年のこと。

管理人「かぶらがわ」より

潼関および渭水(いすい)一帯の戦いにおいて、大いに曹操を悩ませたのが馬超の武勇。そして曹操と対立したことにより、父や弟ら多くの一族を失ったものの、最終的には劉備に仕えて厚遇されました。

ですが意外にも、蜀へ来た後の馬超の活躍はパッとしないというか、あまり語られていないのですよね。『演義』や『吉川版』で描かれたような颯爽(さっそう)としたイメージを、(正史の)『三国志』からはそれほど感じないのはなぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】