吉川『三国志』の考察 第149話 「大号令(だいごうれい)」

諸葛亮(しょかつりょう)から聞いた話に激怒し、一転して曹操(そうそう)との開戦に傾く周瑜(しゅうゆ)。

翌朝に開かれた柴桑城(さいそうじょう)の評議の席でも、和平を唱える重臣たちを臆病者呼ばわりし、とうとう孫権(そんけん)に開戦を決断させる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第149話の展開とポイント

(01)柴桑(さいそう)

暁天、柴桑城の大堂には早くも文武の諸将が整列し、孫権(そんけん)の出座を迎えていた。やがて周瑜(しゅうゆ)の到着が告げられる。

孫権は威儀を正して登階を待ち構えていたが、このとき侍立する文武官の顔ぶれを見れば、左列には張昭(ちょうしょう)・顧雍(こよう)・張紘(ちょうこう)・歩隲(ほしつ。歩騭)・諸葛瑾(しょかつきん)・虞翻(ぐほん)・陳武(ちんぶ)・丁奉(ていほう)などの文官。

ここに名が挙げられていたうち、「陳武」と「丁奉」については文官ではなく武官だと思うが……。ちなみに『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第44回)では「左側には張昭・顧雍ら文官が30人余り…」という記述にとどめていた。

そして、右列には程普(ていふ)・黄蓋(こうがい)・韓当(かんとう)・周泰(しゅうたい)・蔣欽(しょうきん)・呂蒙(りょもう)・潘璋(はんしょう)・陸遜(りくそん)などを始めとし、すべての武官36将が衣冠剣佩(けんぱい)を整え周瑜の姿を待っていた。

同じく井波『三国志演義(3)』(第44回)では、「右側には程普・黄蓋ら武官が30人余り居並ぶ」という記述になっていた。

孫権は口を開くなり直問し、忌憚(きたん)なく腹中を述べよと言う。周瑜が、ご返答の前にこれまでの諸将の意見を教えてほしいと言うと、孫権は張昭以下、その列の者たちが降伏を勧めていると伝えた。

すると周瑜は、張昭から降伏を主張する理由を聞き、いちいち否定してみせる。こうして和平派の文官たちの口をまったく封じたうえで自己の主張を述べ始めた。

曹操軍(そうそうぐん)が強勇なことは確かだが、それは陸兵だけのこと。北国育ちの野将や山兵に、何で江上の水軍が操れようか。またわが呉は、南方は環海の安らかに、大江の険は東方を巡り、西隣にも何の憂いもないと。

ところが魏(ぎ)は、北国の平定もつい昨日のこと。その残軍離亡の旧敵などが絶えず破れをうかがっている。

ここで初めて(だと思うが)、曹操の勢力を「魏」と表現していた。ただこれまでにも、すでに孫権の勢力が「呉」と表現されて久しい。さすがにこの時点で劉備(りゅうび)の勢力を「蜀(しょく)」とは表現していないが、「魏」はもちろんフライングだし、「呉」のほうも同様だと思う。

とはいえ孫権は呉郡(の富春県〈ふしゅんけん〉)の出身なので、「呉の孫権」という呼び方はアリだろうとも思う。なお井波『三国志演義(3)』(第44回)では、ここで曹操の勢力を「魏」とは表現していなかった。

許都(きょと)の中府を遠く出て江上や山野に転戦していることは、われら兵家が心して見れば、その危うさは累卵に等しいものがあると。このように述べたうえ、降伏の主張は誠に言語道断な臆病沙汰というほかないと結ぶ。

周瑜は数万の兵と船を授けるよう願い出て、まずもって敵の大軍を撃砕し、口頭の論よりは事実を示し、和平を唱える諸員の臆病風を一掃してご覧に入れると言い切る。

孫権は全軍を督すよう命じ、魯粛(ろしゅく)に陸兵の指揮を命ずる。さらに周瑜から決心の固さを問われると、いきなり立って佩剣を抜き払い、目の前の几案(つくえ)を一気に両断してみせた。

孫権はその剣を周瑜に授け、この場で「呉軍大都督(ごぐんだいととく)」とし、程普を「副都督(ふくととく)」に任じ、魯粛を「賛軍校尉(さんぐんこうい)」に任ずる。

周瑜は剣を拝受して主君から打破曹操の大任を受けたと宣言。軍律の徹底を指示し、明日の暁天までに出陣の準備を整え江のほとりに集まるよう命じた。

(02)柴桑 周瑜邸

帰宅した周瑜はすぐに諸葛亮(しょかつりょう)を呼び、今日の模様と大議一決の由を語り、密かに良計を尋ねる。

諸葛亮は心の内で「わが事成れり」と思ったが、色には見せず、呉君(孫権)のお胸にはなお一抹の不安を残しておられるに違いないと言い、労を惜しまず暁天の出陣までにもう一度登城され、つぶさに敵味方の軍数を説き示し、確たる自信をお与えしておく必要があると勧めた。

(03)柴桑

同意した周瑜が夜半に再び登城すると、まだ孫権も寝ていなかったようで、すぐに会ってもらえた。

周瑜は、味方の兵力の少なさを不安に思っていると聞き、曹操軍の構成などを説いて安心させる。孫権は話を聞き初めて確信を抱いたようで、なお大策を語り合い未明に別れた。

周瑜は帰りの道すがら、諸葛亮の慧眼(けいがん)と知慮に驚いていた。嘆服するあまり、密かに後日の恐怖さえ覚えてきた。

(04)柴桑 周瑜邸

周瑜は使いを遣って魯粛を呼び、いっそ今のうちに諸葛亮を刺し殺したらどうかと、密かに諮る。だが、魯粛は断固反対し別の一策をささやく。諸葛瑾を差し向けて彼を説かせ、呉の正臣としてはどうかというのだ。

周瑜にも異存はなかったが、早くも窓外の暁天が白みかけてきたので「では、後刻」といったん別れる。

(05)柴桑 長江(ちょうこう)の江岸

周瑜は集まった5万の将士に戦(いくさ)の意義を説いた後、諸将の配陣を発表していく。

韓当と黄蓋を先鋒とし、大小の兵船500余艘(そう)をもって三江(さんこう)の岸を目指して進み、陣地を構築せよと。

第2陣は蔣欽と周泰、第3陣は凌統(りょうとう。淩統)と潘璋、第4陣は太史慈(たいしじ)と呂蒙、第5陣は陸遜と董襲(とうしゅう)。

そして、呂範(りょはん)と朱治(しゅち)の二隊には「督軍目付(とくぐんめつけ)」の任務を命じた。

井波『三国志演義(3)』(第44回)では、呂範と朱治を「四方巡警使(しほうじゅんけいし)」に任じたとある。

(06)柴桑 諸葛亮の客館

その朝、諸葛瑾はひとり駒に乗り、諸葛亮の客館を訪ねる。周瑜から急な密命を受け、弟を呉の臣下に加えるべく説きつけに来たのだった。

諸葛亮は手を取って部屋へ迎え入れる。懐かしさやうれしさ、また幼時の思い出などに、ただ涙が先立った。

諸葛瑾も瞼(まぶた)を潤ませ、しばらくは骨肉相擁したまま言葉もなかったが、やがて心を取り直して言う。

「弟、お前は古人の伯夷(はくい)と叔斉(しゅくせい)をどう思うかね?」

諸葛亮は唐突な質問を怪しむと同時に、さてはと心にうなずいていた。

さらに諸葛瑾は、伯夷と叔斉の美しい兄弟仲を思うにつけ、自分たち兄弟の態度が人の子として恥ずかしいのではないか、とも言う。

しかし諸葛亮は、人道の義や情よりも忠と孝は重いと応じ、私も兄上もみな漢朝(かんちょう)の人たる父母の子だと言う。

続けて、私がお仕えしている主君は中山靖王(ちゅうざんせいおう。劉勝〈りゅうしょう〉)の後胤(こういん)で、漢の景帝(けいてい。劉啓〈りゅうけい〉)の玄孫にあたる御方だとし、もし兄上が志を翻してわが主君に仕官されるなら、父母は地下においてどんなにご本望に思われるか知れますまい。そのことはまた、忠の根本とも合致するでしょう、とも言う。

諸葛瑾はひと言もない。言おうとしていたことをみな弟から言いだされ、かえって自分のほうが説破されそうな形になった。

そのとき江岸のほうで、遠く出陣の金鼓や螺声(らせい)が鳴り轟(とどろ)く。諸葛亮は兄の心を察し、自分に構わず出陣するよう促した。

ついに諸葛瑾は胸中のことを言いださず外へ出てしまう。心の内には「ああ、偉い弟」と喜ばしくも思い、また苦しくも思った。

(07)柴桑 長江の江岸

周瑜は事の不成立を聞くと、「では足下(きみ)も、やがて孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)とともに江北(こうほく)へ帰る気ではないか?」と露骨に尋ねる。

諸葛瑾はあわてて否定し、そのような疑いを被るとは心外だと言った。周瑜は冗談だと笑い消したが、諸葛亮に対する害意は次第に強固になっていた。

管理人「かぶらがわ」より

とうとう出陣に踏み切った孫権。そして、諸葛亮の才知に警戒を強める周瑜。

この第149話では「ああ、偉い弟」が強く印象に残りました。これは諸葛亮以上に、諸葛瑾の偉さを示していると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (6) 赤壁の巻
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました