吉川『三国志』の考察 第076話 「白門楼始末(はくもんろうしまつ)」

曹操(そうそう)の包囲を受け続けた末に、下邳(かひ)城内の呂布(りょふ)は味方の部将たちの信頼を完全に失い、とうとう彼らの手によって捕縛されてしまう。

曹操は下邳への入城を果たし、白門楼において呂布や陳宮(ちんきゅう)を処刑するが、劉備(りゅうび)の願いを聞き入れる形で張遼(ちょうりょう)の命は助けた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第076話の展開とポイント

(01)下邳(かひ)の城外 曹操(そうそう)の本営

夜明けごろ曹操は侍者に起こされ、下邳の城中から侯成(こうせい)が降伏を乞うてきていると伝えられる。すぐに会い子細を聞くと、侯成は呂布(りょふ)の厩舎(うまや)から盗んできた赤兎馬(せきとば)を献じた。

さらに曹操は、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)のふたりも城中にあり、内応する手はずになっていると聞き限りなく喜悦。ただちに降伏を促す檄文(げきぶん)をしたため、同文の矢文を何十本となく城中へ射込ませる。

この矢文の中で、曹操が大将軍(だいしょうぐん)を称していたのがよくわからなかった。ここは何か別の肩書きを使うべきだったのでは?

(02)下邳

矢文が射込まれたことを合図に、十数万の曹操軍が一度に城へ攻めかかった。呂布は早暁から各所の攻め口を駆け回り、自ら督戦にあたったり、戟(げき)を振るって城壁に近づく敵の撃退に努める。

そこへ厩舎の者から、赤兎馬が姿を消したとの報告がある。呂布は、搦(から)め手(城の裏門)の山に登って草でも食っているのだろうと言い、早く捜してつないでおけとも言うが、敵の攻撃が激しく叱っている暇(いとま)もない。

ようやく日も西に傾くころ、寄せ手は攻めあぐね、やや遠くへ退いていく。早朝から飲食もせず奮戦を続けていた呂布はホッとひと息つき、一室の榻(とう。長椅子。ソファーに似た寝台)で居眠るともなくうつらうつらしていた。

そのとき魏続が音もなく床を這(は)い寄り、手を伸ばし榻の下から戟の柄を強く引っ張る。居眠っていた呂布は不意に支えを外され、半身をのめらせた。

魏続が奪った戟を後ろへ放ると、それを合図に一方から宋憲が躍り出し、呂布の背を突き飛ばす。呂布は床に倒れながらも両足でふたりを蹴(け)上げたが、とたんに兵士たちが部屋に満ち、折り重なって縛り上げた。

兵士が城頭の櫓(やぐら)で白旗を振り、東門を開いたと、寄せ手に向かって合図を送る。曹操の大軍は一度に東門からなだれ入ったが、用心深い夏侯淵(かこうえん)は敵の詭計(きけい)を疑い、容易に軍勢を動かさない。

この様子を見た宋憲は城壁から大きな戟を投げる。呂布が多年戦場で用いていた画桿(がかん。柄の部分に彩画が施されている?)の大戟(おおほこ)だった。

同じく控えていた夏侯惇(かこうじゅん)も城中の分裂を確信して城内へ進み、そのほかの部将たちも続々と入城する。

呂布が捕らえられたことが伝わり、城内は鼎(かなえ)の沸くがごとき混乱を呈していた。

高順(こうじゅん)と張遼(ちょうりょう)は変を知ると、部隊をまとめて西門からの脱出を試みる。しかし洪水の泥流は深く、進退窮まりことごとく生け捕られてしまう。

南門にいた陳宮(ちんきゅう)も防戦に努めていたが、徐晃(じょこう)に出会って捕らえられた。

下邳城は日没とともにまったく曹操の掌中に収められ、一夜明けた城頭や楼門の東西には満々と彼の旗が翻った。

(03)下邳の城内 白門楼(はくもんろう)

曹操は主閣の白門楼の楼台に立ち、即日軍政を敷き人民を安んじたうえ、劉備(りゅうび)を請じて傍らに座を与え軍事裁判を開く。

『三国志演義 改訂新版』(立間祥介〈たつま・しょうすけ〉訳 徳間文庫)の訳者注によると「(白門楼は)下邳城の西門の櫓」だという。

また『完訳 三国志』(小川環樹〈おがわ・たまき〉、金田純一郎〈かねだ・じゅんいちろう〉訳 岩波文庫)の訳注によると「(白門は)『通鑑(つがん)』(巻62、建安〈けんあん〉2年12月の条)の注によれば、下邳の城の南門である」という。

ここは訳者注(訳注)に異同が見られるようだが、どう解釈すべきなのかわからなかった。

最初に引き出された呂布が、縄目がきついと訴えると、曹操は武士に命じて手首の縄を緩めてやろうとする。すると主簿(しゅぼ)の王必(おうひつ)があわてて、滅相もないことだと遮った。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第19回)では、ここにある王必の発言は見えない。

陳宮もまた階下に引き出され、曹操の面をしばらく見つめる。

井波『三国志演義(2)』(第19回)では、陳宮の前に高順が連行されてきている。問いかけに何も答えない高順に腹を立てた曹操が、彼を斬れと命じてもいた。

曹操はいくらか言葉を交わすが、陳宮に命を助けてもらおうという気はなく、かえって処刑を急かす。

ここで陳宮が曹操との出会いなどを回想していたが、今の曹操が「大将軍曹丞相と敬われ……」というところは引っかかる。曹操は丞相であり、大将軍を兼ねていたわけではないと思うのだが……。

陳宮は自ら立ち上がり、白門楼の長い石段を下りて死の蓆(むしろ)に座る。あべこべに陳宮から促され刑吏の戟が振り下ろされると、噴血の下に首は4尺(せき)も飛んだ。

曹操は酒が醒(さ)めたように、続いて呂布を成敗するよう命ずる。

呂布は急にわめきだして助命を乞うが、曹操から小声で尋ねられた劉備は是非を言わず、かつて呂布が養父の丁原(ていげん)や董卓(とうたく)を殺害したことに触れた。

呂布が養父の丁原を殺害したことについては、先の第21話(03)を参照。

同じく呂布が董卓を殺害したことについては、先の第40話(05)を参照。

やがて張遼が引き出されると、劉備は突如立ち上がり曹操に助命を乞うた。曹操はこれを容れたが、張遼は恥じて自害しようとする。その手から剣を奪って止めたのは、かねて彼を知る関羽(かんう)だった。

曹操は平定のことを終えると、陳宮の老母と妻子を捜し求め、軍勢を収めて許都(きょと)へ帰った。

井波『三国志演義(2)』(第20回)では、張遼は中郎将(ちゅうろうしょう)に任ぜられ関内侯(かんだいこう)に封ぜられたとある。

管理人「かぶらがわ」より

万夫不当の武勇を誇った呂布でしたが、ついに下邳で処刑されてしまいました。大きすぎる野望を持ったことが、ここに至った主因なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (04) 臣道の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました