吉川『三国志』の考察 第055話 「神亭廟(しんていびょう)」

首尾よく袁術(えんじゅつ)から軍勢を借りた孫策(そんさく)は快進撃を見せ、牛渚(ぎゅうしょ)の要塞(ようさい)を陥すと劉繇(りゅうよう)の霊陵城(れいりょうじょう)へ迫る。

劉繇自身も城から出撃し、神亭山(しんていざん)の南に本営を置く。孫策もこれに先んじて神亭山の北側へと移っていたが、この山には光武帝(こうぶてい。劉秀〈りゅうしゅう〉)の御霊廟(みたまや)が残っていると聞き――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第055話の展開とポイント

(01)揚州(ようしゅう。楊州) 霊陵城(れいりょうじょう)?

孫策(そんさく)の南下を聞いた劉繇(りゅうよう)は評議を開く。そして、さっそく牛渚(ぎゅうしょ)の寨(とりで)へ何十万石(せき)という兵糧を送り、同時に張英(ちょうえい)に大軍を授け防備にあたらせた。

その折、評議の末席にいた太史慈(たいしじ)が先鋒を希望したが、劉繇はひと言の下に退ける。太史慈は30歳になったばかりの若手で、仕えて日の浅い新参でもあった。

このとき(興平〈こうへい〉2〈195〉年?)太史慈が30歳だったというのは史実とも合っている。

(02)牛渚

張英は牛渚の要塞(ようさい)に立てこもると、邸閣(食糧貯蔵庫)に兵糧を蓄え悠々と孫策軍を待ち構えていた。

孫策は数十隻(せき)の兵船を整えて長江(ちょうこう)を遡行(そこう)。矢が飛び交う中をいち早く上陸し、群がる敵に斬り入る。

黄蓋(こうがい)と戦った張英がかなわず味方に逃げ込むと、劉繇軍は堤が切れたように敗走しだした。

ところが張英が牛渚へ逃げてくると、城門の内側や兵糧庫の辺りが一面黒煙に包まれている。裏切り者が出たとわかり、張英は逃げ惑う兵をひきいて山深くへ逃げ込んだ。

こうして孫策は思わぬ大勝を博したが、ほどなく牛渚から300人ほどの一群が近づいてくる。その中の大将らしいふたりに会ってみると、九江(きゅうこう)の潯陽湖(じんようこ)に住む湖賊の頭目で公奕(こうえき)と幼平(ようへい)と名乗った。

ここで出てきた公奕は蔣欽(しょうきん)のあざな。また幼平も周泰(しゅうたい)のあざなである。あざなでの初登場だったので、このあたりのことがわかりにくいと思う。

孫策は牛渚に火を放ち内応した経緯を聞き、随身することを許す。ふたりは敵の兵糧庫から兵糧を奪ってきたり、付近の小賊や無頼漢などを呼び集めてきたため、たちまち孫策軍は4千を超える兵力になった。

(03)霊陵城

劉繇は、鉄壁と信じていた防御線の寨(とりで)のひとつがわずか半日で破られたと聞き、愕然(がくぜん)と色を失う。

ここで出てきた霊陵城というのがよくわからず。どこにあった城を想定したものだろうか?

このことについて『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)の訳者注によると、「ここでいう零陵城は後の文によれば秣陵(まつりょう)の誤り」だという。なお、ここで吉川『三国志』は零陵城を霊陵城としていたため、上のような事情がより理解しにくくなっている。

そこへ張英が敗兵とともに逃げ込んできたので、なおさら劉繇は憤怒し、手討ちにすると息巻く。諸臣がなだめたため、ようやく張英は一命を助けられた。

霊陵城の守りを固め直した劉繇は自ら陣中に加わり、神亭山(しんていざん)の南に本営を進める。その前日には孫策軍4千余も神亭山の北側へ移動していた。

(04)神亭山

数日後、孫策は土地の百姓の長から、神亭山に今でも後漢(ごかん)の光武帝(こうぶてい。劉秀〈りゅうしゅう〉)の御霊廟(みたまや)が残っていることを聞く。孫策は里長(さとおさ)に、明日その御霊廟に案内せよと言う。

里長が帰ると張昭(ちょうしょう)が諫め、廟(びょう)を祭るなら戦(いくさ)が終わった後にするよう言う。しかし孫策は、夕べ光武帝の夢を見たと言って聞かない。

翌日、里長を案内者として騎馬で山道へ向かった。程普(ていふ)・黄蓋(こうがい)・韓当(かんとう)・蔣欽・周泰など13人が付き従う。

ここで蔣欽と周泰という名が出てきた。この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫には註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)があったが、もしこれがなかったら、この第55話(02)に登場した公奕と幼平とは別人だと勘違いするかもしれない。

なお、井波『三国志演義(1)』(第15回)では孫策も含め合計で13騎となっており、付き従っていたのは12人ということになると思う。

光武帝の御霊廟に着くとみな馬を下り、辺りの落ち葉を掃いて供え物を捧げる。孫策は香を焚いて廟前にぬかずくと、詞(願文?)をもって亡父の遺業を継がせてほしいと祈念した。

これを終えると峰の道をもとのほうへ戻らず、南に向かって下りて行こうとする。諸将は驚きあわて、そちらへ行っては敵地に下りてしまう、と注意を促す。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました