吉川版『三国志』の考察 第266話 「輸血路(ゆけつろ)」

趙雲(ちょううん)によって捕らえられた孟獲(もうかく)だったが、諸葛亮(しょかつりょう)は彼を解放してしまう。

自陣に戻った孟獲は作戦を変更し、瀘水(ろすい)の対岸に頑丈な防寨(ぼうさい)を築く。これを見た諸葛亮はちょうど成都(せいと)から到着した馬岱(ばたい)に命じ、蛮軍(ばんぐん)の唯一の糧道を断とうとする。

第266話の展開とポイント

(01)孟獲(もうかく)の本営

孟獲が生きて帰ったと聞くと、諸方に隠れていた敗軍の蛮将や蛮卒はたちまち蝟集(いしゅう)して彼を取り巻いた。孟獲は事もなげに笑ってみせながら部下たちに言う。

「運悪く難所に行き詰まって一度は蜀軍(しょくぐん)に生け捕られたが、夜に入って檻(おり)を破り、番兵を10余人ほど打ち殺してきたのさ」

「すると別の一隊の軍馬が来ておれの道を遮ったが、多寡の知れた中国兵。八方へ蹴(け)散らした末に、馬を奪い帰ってきたというわけだ。ははは。おかげで蜀軍の内部はすっかりのぞいてきたが、なあに大したものじゃない」

もちろん部下の南蛮兵(なんばんへい)は彼の言を絶対に信ずる。ただ阿会喃(あかいなん)と董荼奴(とうとぬ)は、先に諸葛亮(しょかつりょう)に放されて洞中へ引っ込んでおり、孟獲の呼び出しを受けると渋々やってきた。

「董荼奴」については先の第264話(05)を参照。

董荼奴と阿会喃が諸葛亮に放されたことについても、先の第264話(05)を参照。

孟獲は新たに諸洞の蛮将へ触れを回し、10万以上の兵力を加えた。蛮界の広さと、その蛮界における彼の威力は底知れないものがある。

こうして集まった諸洞の大将連は風俗や服装から武器や馬具までまちまちで、怪異絢爛(けんらん)を極めた。孟獲はその中に立ち、向後の作戦方針を述べる。

「孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)と戦うには孔明と戦わないに限る。彼奴(きゃつ)は魔法使いだ。戦えばきっと彼奴の詐術に引っかかる」

「そこでおれは思う。蜀の軍勢は千里(せんり)を越え、この慣れない暑さと土地の険しさにかなりへたばっている様子だ。おれたちはこれから瀘水(ろすい)の向こう岸に移り、あの大河を前にしてうんと頑丈な防寨(ぼうさい)を築こう」

「削り立った山に沿い、崖(がけ)に沿い、長城を組み櫓(やぐら)と櫓とをつなげば、いくら孔明でもどうすることもできまい。そして奴らがへとへとになったころを見て、皆殺しにする分には何の造作もない」

(02)諸葛亮の本営

一夜のうちに、蛮軍は風のごとくどこかへ後退してしまった。蜀の諸将は私語まちまちだったが、諸葛亮は「ただ前進あるのみ」と即日進発を命ずる。

(03)瀘水

蛮地の行軍はその果てなさに再び人々を飽かしめた。わけて輜重(しちょう)の困難は言うばかりでない。

すでに(蜀の建興〈けんこう〉3〈225〉年の)5月の末に及び、先陣は行く手に瀘水の流れを見る。河幅は広く水勢も急で、強雨のたびに白浪が天にみなぎった。

強雨と言えば、この地方では日に何回か必ず盆を覆すような大雨が襲ってきた。猛烈な炎暑にあえぐときは兵馬をホッと救ってくれるが、同時に鎧(よろい)の下も濡(ぬ)れ兵糧も水に浸される。時には道を失い、みなぎる雨水の中に立ち往生してしまうことなどもあった。

先鋒の兵は肝を奪われた。対岸の険阻と、その自然を利用した蛮族一流の防寨を見た刹那(せつな)にである。

それは中国地方の科学的構造とは甚だ趣を異にしているが、堅固な点では必要以上にも堅固にうかがわれた。当然、遠征軍は瀘水を前にして進軍を阻められる。

日々の強雨に一日中の悪暑。夜は夜で、害虫や毒蛇のほか様々な獣に苦しめられつつ、滞陣は半月を越えんとしていた。

諸葛亮は各部隊に命じ、瀘水の岸から100里(り)ほど退陣させる。高所や林中など、眠るによく、居るに涼しい地を選んで幕舎を張れと。あえて戦いに焦燥(しょうそう)せず、しばらくは人馬を休め、病にかからぬよう身の強健にもっぱら努めておるがいいと。

こういうところでは参軍(さんぐん)の呂凱(りょがい)が大いに役に立った。かねて諸葛亮に献じてある「南方指掌図(なんぽうししょうず)」により地理を案じ、各部隊の滞陣の地を選定したのだ。

「南方指掌図」については先の第264話(01)を参照。

蜀の部将たちはそれぞれ選定された地に陣小屋を構え、椰子(ヤシ)の葉を葺(ふ)いて屋根とした。そして、芭蕉(バショウ)を敷き褥(しとね)とし、毎日の炎天をしのいだ。

(04)諸葛亮の本営

ある日、監軍(かんぐん)の蔣琬(しょうえん)が言う。

「山に拠り林に沿い、延々十数里にわたるこの陣取りは、かつて先帝(劉備〈りゅうび〉)が呉(ご)の陸遜(りくそん)に敗れられたときの布陣とよく似ています。もし敵が瀘水を渡って火攻めをしてきたら防ぎはつきますまい」

井波版『三国志演義』(第88回)では「参軍の蔣琬」とある。

劉備が陸遜に敗れたときの陣取りについては、先の第255話(07)を参照。

諸葛亮は否定もせず、ただ笑って答えた。

「この渫陣(せつじん。散らばった陣?)の形は決してよいと思っているわけでないが、さりとて何の計がないわけでもない。まあ推移を見ておれ」

そこへ成都(せいと)から、傷病兵のため多くの薬種(くすり)と糧米が輸送されてくる。諸葛亮は馬岱(ばたい)とその部下の3千が輸送の任にあたってきたと聞くと、すぐ呼び寄せて遠来の労をいたわり、かつ言った。

「きみの連れてきた新手の兵を最前線へ用いたいと思うのだが、ご辺(きみ)は指揮して行くか?」

死地の中へでも喜んで行くと答える馬岱に、諸葛亮が任務を伝える。

「ここから約150里の瀘水の岸に『流沙口(りゅうさこう)』という所がある。そこの渡し口のみは流れも緩く渡るによい」

井波版『三国志演義』(第88回)では「瀘水の下流の『沙口』」とある。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『沙口』は地名。益州南部の瀘水沿岸にあるとされる。現在の四川(しせん)・雲南省(うんなんしょう)境付近。後漢(ごかん)・三国時代にこの地名はなかった」という。

「対岸に渡ると山中へ通ずる一道がある。それこそ蛮軍が糧食を運んでいる唯一の糧道だ。もしここを遮断すれば阿会喃や董荼奴が内変を起こすだろう。きみに命ずるのはそうした任務だが……」

馬岱は必ずやってみせますと答え、欣然(きんぜん)と下流へ向かった。

(05)瀘水 流沙口

流沙口へ来てみると案外に河底は浅く、船筏(ふないかだ)も要らない程度だったのでそのまま渡渉。ところが河流の半ばまで行くと、たちまち人も馬も溺(おぼ)れ流されてしまう。

驚いた馬岱は急に兵を返し、土人から子細を聴いた。ここは毒河で、炎天のうちは水面に毒が漂っているため、これを飲むと必ず死ぬのだという。しかし、夜半の冷ややかなころに渡る分には決して毒にあたることはないとのことだった。

馬岱は深夜を待つ間、木を切って竹を編ませ、無数の筏を準備。こうして2千余騎つつがなく渡るを得た。

(06)夾山(きょうざん)

対岸は山地で、進むほどに峻険(しゅんけん)となってくる。土人の話では「夾山の羊腸」と呼ぶ所だという。

井波版『三国志演義』(第88回)では「夾山峪(きょうざんよく)」とある。「峪」は「谷や狭間」という意味らしい。

馬岱軍は大山の谷を挟んで陣を取り、その日のうちにここを通行する蛮人の輸送部隊の車100輛(りょう)以上と水牛400頭を鹵獲(ろかく)した。さらに、この翌日にも獲物がある。

(07)孟獲の本営

このことは、すぐに険阻の内に結集している蛮軍10余万の胃袋に影響。糧道を守る蛮将のひとりが孟獲に急を告げる。

「蜀の平北将軍(へいほくしょうぐん)の馬岱が、一軍の新手をひきい流沙口を渡ってきました」

酒を飲んでいた孟獲は笑って、河の半ばで半分以上は死んだだろうと馬鹿にするが、敵は夜中に越えてきたのだという。

すでに馬岱が夾山の谷に屯(たむろ)し、こちらの輸送部隊が襲われているとも聞くと、部下の忙牙長(ぼうがちょう)を差し向けた。忙牙長は3千ばかりの蛮兵をひきいていったが、ほどなくその手下だけが列を乱し逃げ帰ってくる。

手下たちは口々に告げた。

「忙牙長さまは敵の馬岱と渡り合い、ただ一刀に斬られてしまいました。いったいどうして、あのように脆(もろ)く殺(や)られたのか訳がわかりません」

管理人「かぶらがわ」より

蜀陣からの脱出の模様を自慢げに語る孟獲。そして、ここでも大活躍だった呂凱の「南方指掌図」。で、「出ました!」という感じの毒の河。いかにも南蛮っぽい。このあたりの「南征シリーズ」は、吉川版『三国志』や『演義』の弾けどころなのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】