吉川『三国志』の考察 第056話 「好敵手(こうてきしゅ)」

神亭山(しんていざん)で光武帝(こうぶてい。劉秀〈りゅうしゅう〉)の御霊廟(みたまや)を祭った孫策(そんさく)。この機会に敵の様子を探っておこうと言いだす。

そして、孫策と彼に付き従う部将たちは敵陣に近づき、布陣を見届けたあと帰ろうとするが、そのとき山のふもとから、槍を手にした劉繇(りゅうよう)配下の太史慈(たいしじ)が駆け上ってくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第056話の展開とポイント

(01)神亭山(しんていざん)

後漢(ごかん)の光武帝(こうぶてい。劉秀〈りゅうしゅう〉)の御霊廟(みたまや)で祈りを捧げた孫策(そんさく)。もとの道ではなく、南へ向かって下りて行こうとして諸将から注意される。

すると孫策は意を明かし、事のついでに谷を下り、彼方の峰を越え敵の動静を探って帰ろうと言いだす。

このとき付き従っていたのは、程普(ていふ)・黄蓋(こうがい)・韓当(かんとう)・蔣欽(しょうきん)・周泰(しゅうたい)など13人しかいなかったため、豪胆な彼らもさすがに驚く。

孫策に付き従っていた人数については、前の第55話(04)を参照。

この動きが早くも、その付近まで出ていた劉繇(りゅうよう)の斥候に捉(とら)えられる。

(02)神亭山の南 劉繇の本営

劉繇は、孫策らしい大将がわずか10騎ばかりで近くの山まで来ている、との急報を受ける。しかし信じられない。続く物見がまた、確かに孫策だと告げても、やはり敵の計略だと疑った。

斥候の報告を聞きうずうずしていた太史慈(たいしじ)は、ついに諸将の後ろから躍りでて出陣の許しを乞う。

満座の諸将が大いに笑う中、劉繇の許しを得た太史慈と、彼に続いたひとりの若い部将が馬で駆け出していった。

(03)神亭山

孫策が敵の布陣をあらまし見届け帰ろうとしていると、ふもとから槍を手にした太史慈が駆け上ってくる。そして一騎討ちに持ち込み、わざと深い林へと走っていく。これを追う孫策。

やがて峰を巡り裏山のふもとまで来ると、太史慈は馬を返して再び孫策に挑む。馬上で100余合(ごう)も戦ったものの決着がつかず、大地に転がって組み合う。

ここで「このとき孫策21歳、太史慈30歳」とあった。前の第55話(01)と同様、この時は興平(こうへい)2(195)年を想定しているものと思われる。

孫策は近づいてくる敵の馬蹄(ばてい)の響きに、一気に屠(ほふ)ってしまおうと焦ったが、太史慈の手が自分の兜(かぶと)をつかんだまま離さない。

そこで首を振り肩越しに、太史慈が肩に掛けている短剣の柄を握って離さないようにした。

太史慈の短剣については、『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第15回)では短い戟(げき。短戟〈たんげき〉)と表現されている。

そのうち兜がちぎれ、ふたりとも勢いよく後ろへ倒れる。孫策の兜は太史慈の手にあり、太史慈の短剣は孫策の手にあった。

ここへ劉繇の騎兵が殺到。それと同時に孫策を捜していた部将たちも駆けつけ乱軍となる。

数の少ない孫策らは狭い谷間まで追い詰められたが、ここで神亭廟(しんていびょう)の辺りから一隊の精鋭が駆け下りてきた。帰りが遅いことを心配した周瑜(しゅうゆ)が、500の手勢をひきいて捜しに来たものだった。

日が西山(せいざん)に沈もうとするころ、急に黒雲や白雲が立ち込め大雨が降り注ぐ。この雨をきっかけに両軍とも退いた。

(04)神亭山の南 劉繇の本営

翌日、孫策は早くも夜明け前に山を越え、劉繇の陣前へひた押しに攻め寄せる。太史慈から奪い取った短剣を旗竿(はたざお)に結びつけ、これを士卒に高く打ち振らせ、ドッと笑って辱めた。

すると、劉繇の兵の中からも一本の旗竿が高く差し伸べられる。これには孫策から奪い取った兜がくくりつけられており、陣頭に馬を進めた太史慈は朗らかに言い返した。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました