吉川版『三国志』の考察 第092話 「鸚鵡州(おうむしゅう)」

結局、禰衡(ねいこう)は半ば強制的に、曹操(そうそう)の使者として荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)のもとへ遣わされた。

劉表はその毒舌を疎ましく感じ、ひとまず領内の江夏(こうか)に行かせたが、かの地でも禰衡は黄祖(こうそ)を怒らせ、とうとう斬殺されてしまう。

第092話の展開とポイント

(01)荊州(けいしゅう。襄陽〈じょうよう〉?)

曹操(そうそう)の使者として来た禰衡(ねいこう)が江夏(こうか)へ行っている間に、荊州には袁紹(えんしょう)の使者も着き友好を求めてくる。

いずれを選ぶも胸ひとつとなったが、こうなると劉表(りゅうひょう)は欲目に迷い、かえって大勢の判断がつかなくなった。

そこで従事中郎将(じゅうじちゅうろうしょう)の韓嵩(かんすう)に尋ねると、彼は群臣を代表して答えた。もし天下への望みがあるなら曹操に従うべきで、もしそうでないなら、どちらでも歩のいいほうに加担すればよいと。

井波版『三国志演義』(第23回)では韓嵩は「従事中郎」とあった。

ここは「歩のいいほう」でも通ずるのかもしれないが、「形勢のよいほう」という意味なら「分のいいほう」とすべきかも。

なお劉表は決しかねていたが、翌日、再び韓嵩を呼び出し、許都(きょと)の実情や曹操の本心を探ってくるよう命じた。

すると韓嵩は、都へ上り天子(てんし。献帝〈けんてい〉)から官爵を賜った場合、何か事があったとき殿(劉表)のためには働けないかもしれないとの不安を口にする。

それでも劉表は別の考えもあると言い、やはり彼を許都へ遣わすことにした。やむなく韓嵩も命を受け、荊州の産物や数々の珍宝を馬に積み数日後に発つ。

(02)許都 丞相府(じょうしょうふ)

荊州へは先に禰衡を遣わしていたのでいぶかしんだものの、曹操は韓嵩と会って好意を謝し、盛宴を開き長途の旅を慰めたりした。

そして如才なく朝廷に奏請し、韓嵩が「侍中(じちゅう)・零陵太守(れいりょうのたいしゅ)」に任ぜられるよう取り計らう。韓嵩は半月ほど許都に滞在したあと帰国した。

(03)荊州(襄陽?)

帰国した韓嵩はすぐに劉表に目通り。許都の上下に満ちている勃興気運が盛んなことを告げ、殿の御子息のうちおひと方を朝廷に仕官させ、人質として都に留め置かれてはどうかと勧める。

劉表は韓嵩が二心を抱いたとして、辺りの武士に斬り捨てるよう命じた。韓嵩の陳弁と蒯良(かいりょう)の執り成しにより、ようやく劉表も死罪だけは許し、獄につなぐこととした。

韓嵩が引っ立てられた後、入れ違いに江夏から使いが来て、禰衡が黄祖(こうそ)に殺されたことを伝える。さっそく劉表はその使いを呼び子細を尋ねた。

禰衡は江夏へ行ってからも相変わらずで、人もなげに振る舞っていたが、あるとき黄祖が城の南苑(なんえん)に彼を誘い、ふたりだけで酒を酌み交わした。

だいぶ酩酊(めいてい)した黄祖が、いま都では誰と誰とを真の英雄だと思うかと尋ねると、禰衡は言下に答える。「大人では孔文挙(こうぶんきょ。『文挙』は孔融〈こうゆう〉のあざな)、小児(こども)なら楊徳祖(ようとくそ。『徳祖』は楊修〈ようしゅう。楊脩〉のあざな)」

ここで禰衡が「小児なら楊徳祖」と楊修の名を出していたが、史実の楊脩は熹平(きへい)4(175)年生まれ。建安(けんあん)4(199)年の時点では25歳ということになるので「小児」とは言えないと思う。ただこれは文字どおりの意味ではなく、「大人」や「小児」を物のたとえとして用いているのかも?

そこで黄祖が「じゃあ、吾輩(わがはい)はどうだ?」と聞くと、禰衡は笑って「きみはまあ、辻堂(つじどう)の中の神さまだろう」と答える。

黄祖が訳を聞くと禰衡は、「土民の祭りを受けても、何の霊験もないということさ」と答えた。怒った黄祖は剣を抜くや否や真っぷたつに斬り下げた。これが禰衡の死の顚末(てんまつ)だった。

劉表は家臣を遣って禰衡の屍(しかばね)を移し、鸚鵡州(おうむしゅう)の河畔に厚く葬らせた。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「『鸚鵡州』は、湖北省(こほくしょう)漢陽県(かんようけん)西南にある長江(ちょうこう)の洲(なかす)の名」だという。

また「黄射(こうしゃ。黄祖の長子)がこの地で宴会を催した際、鸚鵡を献上する者があり、それにちなんで禰衡が『鸚鵡賦(おうむふ)』(『文選〈もんぜん〉』巻13に収める)を作ったため、この名が付いた」ともいう。

管理人「かぶらがわ」より

曹操をも罵倒することで異彩を放っていた禰衡でしたが、結局は黄祖を怒らせ殺されてしまいました。彼の真価とはいったいどういうものだったのか? イマイチ計りかねています。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】