吉川版『三国志』の考察 第260話 「蜀呉修交(しょくごしゅうこう)」

【この記事をシェアする】

魏(ぎ)の大攻勢に対し、諸葛亮(しょかつりょう)は孫権(そんけん)の動きを抑えるべくトウ芝(とうし。登+阝)を呉へ遣わした。

トウ芝は堂々たる態度で孫権との会見に臨み、蜀呉の国交回復の足場を築くことに成功。トウ芝の帰国に際し、孫権は答礼使として張蘊(ちょううん)を同行させる。

第260話の展開とポイント

(01)建業(けんぎょう)

要するに陸遜(りくそん)の献策は、ひとつは魏(ぎ)の求めに逆らわず、ふたつは蜀(しょく)との宿怨(しゅくえん)を結ばず、みっつはいよいよ自軍の内容を充実して形勢のよきに従う、ということである。

呉(ご)の方針はこれを旨とし、以後、軍勢は進めたもののあえて戦わず、諸方へ細作(さいさく。間者)を放ち、ひたすら情報を集め蜀魏両軍の戦況をうかがっていた。果たせるかな、四路の魏軍は曹丕(そうひ)の目算どおり有利には進展していない。

「四路の魏軍」については前の第259話(01)を参照。

まず遼東勢(りょうとうぜい)は、西平関(せいへいかん)を境として蜀の馬超(ばちょう)に撃退されている模様。

「西平関」についても前の第259話(01)を参照。

南蛮勢(なんばんぜい)は益州(えきしゅう)の南方で蜀軍の擬兵(敵を欺くための偽りの兵。疑兵)の計に遭い壊乱。上庸(じょうよう)の孟達(もうたつ)は噓(うそ)か本当か病と称して動かず。

中軍の曹真(そうしん)も敵の趙雲(ちょううん)に要害を占められ、陽平関(ようへいかん)を退き、さらに斜谷(やこく)からも退き、まったく総敗軍の実状であると伝えられた。

孫権(そんけん)も今となっては心から僥倖(ぎょうこう)を祝し、その善言を献じた陸遜にいよいよ信頼を加えた。

そこへ、蜀から「トウ芝(とうし。登+阝)」という者が使者として来たことが披露される。孫権は張昭(ちょうしょう)の意見に従い、この使者がどのような人物か試すことにした。

武士たちの手で殿前の庭に大きな鼎(かなえ)が据えられ、これへ数百斤(きん)の油を入れると、薪(まき)を積みふつふつとたぎらせる。

この日、客館を出て初めて宮門へ導かれたトウ芝は、しごく粗末な衣冠を着け、元来、風采も上がらない男なので、供の者かと間違われるほど威儀も作らず簡単に案内者の後からついてきた。

だが、呉宮に満つる剣槍(けんそう)に少しも恐れる色はなく、大釜に煮え立っている油の炎を見てもほとんど何の感情も表さない。ただ階下へ来るとニコとして、孫権の座壇を振り仰いでいた。

井波版『三国志演義』(第86回)では、トウ芝は丁寧に会釈しただけで平伏しようとしなかったとあった。

孫権は簾(れん)を巻かせて見下ろすやいな、大喝して無礼を叱る。トウ芝は昂然(こうぜん)と突っ立ったまま言った。

「上国の勅使は小邦の国主に拝をしないのが習いである」

すると孫権は、顔を油の鼎のようにして言った。

「小癪(こしゃく)な奴。汝(なんじ)、三寸(さんずん)の舌をもって酈食其(れきいき)が斉王(せいおう)を説いた例にでも倣おうとするのか?」

「たとえ汝にいにしえの随何(ずいか)や陸賈(りくか)のごとき弁ありとも、やわか(?)この孫権の心を動かしうべきか。帰れ帰れ!」

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「『酈食其』は劉邦(りゅうほう)の臣下。斉国へ赴き、弁舌でこれを降した。しかし、直後に韓信(かんしん)が独断で斉国を攻めたため、酈食其は怒った斉王に煮殺された」という。

同じく新潮文庫の註解(渡邉義浩氏)によると、「(『随何』と『陸賈』は)ともに劉邦の臣。外交で活躍した」という。

ここでトウ芝が孫権の態度をなじると、さすがに呉の衆臣も恥じる。孫権もやや自分の小量を顧みたものか、にわかにいかめしい武士をみな退け、初めて殿上の座に迎え上げた。

改めて来意を問うとトウ芝は、「最前、大王がおっしゃった通り、蜀呉両国の修交を求めに来ました」と答える。

蜀と呉の状況を説いて提携を促すが、孫権は無言のまま。またトウ芝は、決して私一個の功のためこの言を吐くものではないと言う。一に両国の平和を願い、蜀のため呉のため必死になって申し上げたのだと。

そのうえ「ご返事はお使いをもって蜀へお達しください。もう申し上げるべき使者の言は終わりましたから、この身は自ら命を絶ち、その偽りでないことを証明してお目にかけます」と言い切るや、やにわに座から走りだし、階欄の上から油の煮え立っている大鼎の中へ躍り込もうとする。

孫権が大呼したため堂上の臣が駆け寄り、あわやとみえたトウ芝を後ろから抱き止めた。俄然(がぜん)、孫権は態度を変える。たちまち侍臣に命じ後堂に大宴を設け、上賓の礼を執って迎え改めた。

こうしてトウ芝の使命は大成功を収める。蜀呉の国交回復はここにその可能性が約されて、彼も厚くもてなされ、10日間も建業に逗留(とうりゅう)していた。帰国するにあたっては呉臣の張蘊(ちょううん)が改めて答礼使に任ぜられ、ともに蜀へ行くことになった。

ここで出てきた「張蘊」については、(正史の)『三国志』や『演義』では「張温(ちょうおん)」となっている。ただし、先の第17話(02)で出てきた「張温」とは別人である。

(02)成都(せいと)

しかし張蘊は、トウ芝に比べるとだいぶ人物が下らしく、「まだまだ易々と調印は許さぬ。この目で蜀の実情を見たうえのことだ。条約が成るか成らぬかはおれの復命ひとつにある」と言わぬばかりな態度で臨む。

蜀では対呉政策の一歩にまず成功を認めたので、劉禅(りゅうぜん)以下、国を挙げて喜びの意を示し、張蘊が都門へ入る日などは大変な歓迎ぶり。

張蘊は余計に思い上がり、蜀の百官を尻目(しりめ)に見下し、殿に上っては劉禅の左に座して傲然(ごうぜん)と虎(トラ)のような格好をしていた。

3日目には彼を歓迎する宴が、成都宮の「星雲殿(せいうんでん)」で開かれる。この晩も張蘊は傍若無人に振る舞っていたが、諸葛亮(しょかつりょう)はいよいよ重く敬い、その意のままにさせていた。

彼が帰国する日となると、朝廷からおびただしい量の金帛(きんぱく)が贈られ、諸葛亮以下の文武百官も、みな錦(にしき)や金銀を餞別(はなむけ)した。

「錦」は、いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物。

(03)成都 諸葛亮邸

張蘊はホクホク顔で、諸葛亮の屋敷における最後の晩餐会(ばんさんかい)に臨む。ところがこの酒宴の中へ、ひとりの壮漢がずかずかと入ってきて言った。

「やあ、張先生。明日はお帰りだそうですな。どうでした、あなたの対蜀観察は? ははは。まあ一杯いただきましょうか」

原文「蘊先生」だが、ここは「張先生」としておく。いくら何でも初対面の男が、「先生」の敬称付きであっても賓客の名を呼ぶとは思えないので……。

張蘊が不快な顔で何者なのか尋ねると、諸葛亮は学士(がくし)の「秦宓(しんふく)」だと紹介する。張蘊があざ笑うと、秦宓はあえて大言を放ち、張蘊の発する難問に次々と答えてみせた。

張蘊は口をつぐみ、また自ら恥じたもののようにいつの間にか退席してしまう。諸葛亮は、彼に恥を負わせたまま蜀を去らせては、と大いに心配。張蘊を別室へいざなうと、深く謝して慰める。

「足下(きみ)はすでに天下を安んじ、国家を経営する実際の学識に達しておられるが、秦宓のごときはまだ学問を学問としか振り回せない若輩で、いわば大人と子どもの違いですから、まあお許しください。酒間の戯談(じょうだん)は、誰も一時の戯談としか聞いておりませんから……」

翌日、張蘊は機嫌を直し帰国したが、その際、また蜀から回礼使としてトウ芝が同行。ほどなく蜀呉同盟は成立を見、両国の間に正式な文書が取り交わされた。

管理人「かぶらがわ」より

トウ芝が呉へ遣わされ、孫権を説き伏せたことは(正史の)『三国志』に見えますが、鼎のエピソードは見当たりません。これは不要な演出だったかもしれないですね。

また、張蘊(張温)が蜀を訪れた際に秦宓と問答した話は『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・秦宓伝)に見えます。

ただしここでは、(蜀の)建興(けんこう)2(224)年に丞相(じょうしょう)の諸葛亮が「益州牧(えきしゅうのぼく)」を兼ねることになったとき、秦宓を「別駕(べつが)」に抜てきし、続いて「左中郎将(さちゅうろうしょう)・長水校尉(ちょうすいこうい)」としたとありました。

なので、この第260話では「一学士」として扱われていた秦宓ですが、実際はそれなりの官職にあったことになります。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】