吉川『三国志』の考察 第131話 「孔明を訪う(こうめいをおとなう)」

徐庶(じょしょ)が去った後、劉備(りゅうび)は関羽(かんう)や張飛(ちょうひ)を始めわずかな人数で隆中(りゅうちゅう)の諸葛亮(しょかつりょう)を訪ねる。

だが、残念ながら不在だったため、やむなく劉備らは新野(しんや)へ引き返す。数日後、諸葛亮が帰っていると聞き、再び隆中を目指した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第131話の展開とポイント

(01)新野(しんや)

徐庶(じょしょ)と別れた後、劉備(りゅうび)は一時、何となく空虚(うつろ)だった。呆然(ぼうぜん)と幾日かを過ごすが、徐庶が別れ際に言い残した諸葛亮(しょかつりょう)を訪ねてみようと、側臣を集め意見を聞いた。

そこへ司馬徽(しばき)が訪ねてくる。劉備は堂上に請ずるが、司馬徽は徐庶が仕えていると聞き、気まぐれに立ち寄ったのだという。徐庶が去った経緯を聞き、いぶかる司馬徽。彼は徐庶の母を知っており、愚痴の手紙など寄こして子を呼ぶような人ではないという。

劉備は、徐庶が去る折に隆中(りゅうちゅう)の諸葛孔明(しょかつこうめい。孔明は諸葛亮のあざな)なる者を薦めていったと話し、どのような人物なのか尋ねる。

すると司馬徽は道友らの名を挙げ、諸葛亮が仲間から抜けると寂しいと言う。

ここで司馬徽は博陵(はくりょう)の崔州平(さいしゅうへい)、潁州(えいしゅう)の石広元(せきこうげん)、汝南(じょなん)の孟公威(もうこうい)、徐庶の名を挙げ、そのほか十指に足らないと言っていた。

この中の石広元は、先の第129話(04)で諸葛亮の師匠として登場した石韜(せきとう)のこと。広元はあざなで、潁川郡(えいせんぐん)の出身。さらに孟公威も、先の第129話(04)で石韜の弟子のひとりとして登場した孟建(もうけん)のこと。公威はあざなで、本文にもある通り汝南郡の出身。

周(しゅう)の世800年を興した太公望(たいこうぼう)や、漢(かん)の創業400年の基礎を建てた張子房(ちょうしぼう。張良〈ちょうりょう〉)に比べても決して劣るものではない。

ある日ようやく暇を得たので、劉備は関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)のほかわずかな従者を連れ、行装も質素に隆中へと赴く。静かな冬日和だった。

(02)隆中

劉備は、道中で農夫から臥龍(がりょう。諸葛亮)の住まいを教えてもらう。

この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「劉備の居城新野から孔明のいる隆中までは、およそ80キロメートルの道程である」という。

劉備は諸葛亮の草廬(そうろ)を訪ね、柴門(さいもん)のそばにいた童子に取り次ぎを頼むが、今朝早く出かけたまま帰っていないと言われる。

やむなく引き返してくると、岡のふもとから眉目(びもく)清秀な高士が登ってきた。劉備は諸葛亮かと思い、馬を下り5、6歩進む。だが高士は諸葛亮ではなく、友人の崔州平だった。

劉備は路傍の岩に腰を下ろし話をする。劉備に乞われ、治乱の道について説き聞かせる崔州平。彼が話し終えると、劉備は深く謝して別れた。

しかし、帰り道で関羽から「最前の隠士が言った治乱の説を、真理だと思われますか?」と尋ねられると、ニコとして「否」と答えた。

崔州平の言葉の中には世を救い万民の苦悩に通ずるものはなかったが、劉備はそれを聞かせてくれる人に渇しているのだと言う。

(03)新野

かくてその日は空しく暮れたが、新野に帰って数日後、また劉備は人を遣り、諸葛亮の在否をうかがわせていた。

やがて知らせが届く。ここ一両日(1、2日)、確かに家に帰っているようだと。すぐにお出ましあれば、今度こそ草廬にこもっておりましょうとも。

「さらば今日にも」と、急に劉備は馬や供の支度を命ずる。張飛は馬のそばに来て、何度も出かけず使いを遣り城へ呼ぶよう勧めた。

礼に欠けると言い相手にしない劉備。前回と同じほどの供を連れて城門を出る。

新野の郊外にかかるころ灰色の空から雪が降りだす。ちょうど12月の中旬(なかば)。朔風(さくふう。北風)は肌を刺し、たちまち道は覆われ、雪は激しくなるばかりだった。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (05) 孔明の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました