吉川『三国志』の考察 第132話「雪千丈(ゆきせんじょう)」

降りしきる雪の中、劉備(りゅうび)は何とか諸葛亮(しょかつりょう)の草廬(そうろ)までたどり着く。

しかし前回と同様、今回も諸葛亮は不在で、弟の諸葛均(しょかつきん)に自身の思いをしたためた一書を託して帰るほかなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第132話の展開とポイント

(01)隆中(りゅうちゅう)

劉備(りゅうび)らが隆中に近づいたころ、天地の物はことごとく真っ白になっていた。張飛(ちょうひ)は無意味な苦労だと言い、新野(しんや)へ引き返すよう勧めるが、劉備は叱りつけ相手にしない。

やがて、村の居酒屋からふたりの歌声が聞こえてくるのに気づく。その詩の内容から、どちらかひとりは諸葛亮(しょかつりょう)に違いないと、劉備は居酒屋へ入っていった。

しかし、飲んでいたふたりの処士に声をかけてみたが、どちらも諸葛亮ではない。潁州(えいしゅう)の石広元(せきこうげん。広元は石韜〈せきとう〉のあざな)と汝南(じょなん)の孟公威(もうこうい。公威は孟建〈もうけん〉のあざな)だった。

劉備は、ともに諸葛亮の草廬(そうろ)を訪ねるよう勧めるが、ふたりは巧みに避ける。やむなく劉備はふたりと別れ、居酒屋の外へ出た。

(02)諸葛亮の草廬

ようやく草廬にたどり着き柴門(さいもん)を叩(たた)くと、先日の童子が、今日は書堂におられるようだと答える。

劉備は関羽(かんう)と張飛のふたりだけを連れ、園の奥へ通っていく。すると書斎らしい一堂があった。

劉備がひとり階下へ寄り、そっと室内をうかがってみると、眉目(びもく)秀明な若者が口の内で微吟している。そのうち炉に寄って居眠ると、劉備は試みに「先生。お眠りですか?」と声をかける。

劉備が礼を施すと、若者はあわてて身を正し答礼。彼も諸葛亮ではなく、弟の諸葛均(しょかつきん)だった。またも諸葛亮は不在で、今朝ほど崔州平(さいしゅうへい)が来て、ふたりでどこかへ出ていったという。

『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第37回)では、諸葛均が劉備に、(諸葛亮は)昨日、崔州平どのに誘われて遊びに出かけました、と話していた。

吹雪の中、堂外で待っていた張飛は帰還を促すが、劉備は落ち着き込み、諸葛均の出した茶をすすった。さらに紙筆を借り、諸葛亮あての一書をしたためる。

そして書簡を諸葛均に託し、諸葛亮が帰ったら渡してほしいと頼んで帰っていく。

ここで劉備は「漢(かん)の左将軍(さしょうぐん)、宜城亭侯(ぎじょうていこう)、司隷校尉(しれいこうい)、領予州牧(りょうよしゅうのぼく。領豫州牧)の劉備」と記していた。ほかの官爵は変わっていなかったが、いつの間にか司隷校尉が増えている。先の第124話(01)を参照。またここでは、日付を「建安(けんあん)12(207)年12月吉日」としていた。

劉備らが門外に出て馬を寄せ去ろうとしたとき、送ってきた童子が「老先生だ!」と彼方へ高く呼びかける。劉備は今度こそと思ったが、諸葛亮の岳父(しゅうと)の黄承彦(こうしょうげん)だった。

(03)隆中

劉備は黄承彦と別れ帰途に就いたが、雪も風もやまない。先に立ち寄った居酒屋のある村まで来たときには、すでに日も暮れかけていた。

管理人「かぶらがわ」より

再び隆中を訪ねた劉備でしたが、またも空振りに終わりました。ただ、今回は弟の諸葛均や岳父の黄承彦という、諸葛亮の身内には会えていますね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました