吉川『三国志』の考察 第064話 「淯水は紅し(いくすいはあかし)」

鄒氏(すうし)の美貌にうつつを抜かしていた曹操(そうそう)は、油断から張繡(ちょうしゅう)配下の賈詡(かく)の計略にはまってしまう。

宛城(えんじょう)の城外に置いていた本営は炎に包まれ、曹操自身こそ命拾いしたものの、長子の曹昂(そうこう)と甥の曹安民(そうあんみん)に加え、これまで忠実な態度で身辺を守ってくれていた典韋(てんい)をも失うことになった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第064話の展開とポイント

(01)宛城(えんじょう)

曹操(そうそう)は急に宛城内の閣を引き払い、城外の寨(とりで)へと移る。

張繡(ちょうしゅう)は、叔父の張済(ちょうさい)の未亡人である鄒氏(すうし)と曹操との関係を知って不満をこぼす。賈詡(かく)はなだめながら一策を案じ、侍臣を遠ざけふたりで密語を交わした。

(02)宛城の城外 曹操の本営

翌日、張繡は城外にある曹操の中軍をさりげなく訪ね、このところ城中の秩序が緩み兵士たちが勝手に振る舞い、他国へ逃散(ちょうさん)する者が多くて困っていると話す。

曹操は、降伏者として遠慮を口にする張繡に、独自の判断で兵の配置を動かすことを認める。

(03)宛城

張繡から首尾を聞いた賈詡は、城中第一の勇猛を誇る「胡車児(こしゃじ)」を呼ぶ。胡車児は、曹操に付いている典韋(てんい)と戦って勝つ自信があるかと問われるが、あわてて顔を横に振る。

そこで胡車児は酒好きの典韋を酔いつぶし、彼を介抱するふりをして、自分が曹操の中軍へまぎれ込むという策を案ずる。

賈詡もこの策に同意。胡車児は張繡の招待状を届け、典韋から承諾の返事を得た。

翌日、典韋は日暮れ前から城中へ出向き、二更(にこう。午後10時前後)のころまで飲み続ける。そして、ほとんど歩くのもおぼつかないほど泥酔して戻っていった。このとき胡車児が介抱しながら曹操の中軍までついていく。

(04)宛城の城外 曹操の本営

交代の時刻まで間があったので、典韋は自分の部屋に入るなり前後不覚に眠ってしまう。胡車児はそっと彼の戟(げき)を手にし、後ずさりして立ち去った。

その夜も曹操は鄒氏と酒を酌み交わしていたが、陣中を包む黒煙で異変を悟る。しかもいくら呼び立てても、いつになく典韋が来なかった。

鼻を突く異臭で跳ね起きた典韋だったが、見ると戟がない。具足を着ける暇もなく半裸のまま外へ躍り出す。

敵の歩卒から刀を奪い寨門(さいもん)のひとつを奪回。続いて長槍を持った騎兵ら20余人を斬り、奪った刀や槍が使い物にならなくなると、左右の手にふたりの敵兵を引っ提げ、これを縦横に振り回して暴れた。

すると、張繡配下の兵士たちは遠巻きにして矢を射始める。典韋は寨門を死守したまま突っ立っていたが、五体に無数の矢を受け、すでに立ったまま死んでいた。

この間に曹操は馬に飛び乗って逃げ出し、曹安民(そうあんみん)ひとりが裸足で後からついていった。

曹操が逃げたことが伝わると、すぐに騎兵が追いかけてきて矢を放つ。乗馬には3本の矢が立ち、曹操自身も左肘(ひだりひじ)に矢を受けた。徒歩(かち)の曹安民は逃げきれず、大勢の敵兵の手に掛かりなぶり殺しにされてしまう。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第16回)では、曹操は右肘に矢を受けたとある。

(05)淯水

曹操は負傷した馬に鞭(むち)打って淯水を渡り切ろうとしたが、対岸へ上がろうとしたところでまた一矢を受けた乗馬が倒れてしまった。

身ひとつで岸へと這(は)い上がる曹操。そこで逃げ落ちてきた長子の曹昂(そうこう)と出会う。曹昂は自分の乗馬を勧め、曹操はうれしさにすぐ飛び乗って駆け出す。しかしまだ100歩(ぽ)も駆けないうちに、曹昂は敵の矢が当たり戦死してしまった。

曹操は拳(こぶし)で自分の頭を打って悔やみ、その遺体を鞍(くら)の脇(わき)に抱え乗せ夜通し逃げ走る。2日ほど経つとようやく曹操の無事を知り、離散した諸将や残兵が集まってきた。

ここへ、于禁(うきん)が謀反を起こし青州(せいしゅう)の軍馬を殺したという訴えが、青州の兵士たちから届く。激怒した曹操は于禁の陣に急兵を差し向ける。

于禁は兵を差し向けられたことを聞くが、あわてずに備えを固めるよう命ずる。部下は早く弁明の使いを遣るよう勧めたが、于禁は聞かない。

その後、張繡の軍勢が殺到したものの、于禁の陣だけは一糸乱れずよく戦い撃退する。

曹操は子細を聞くと、その対応ぶりを口を極めて称賛。特に于禁を「益寿亭侯(えきじゅていこう)」に封じ、当座の賞として黄金の器物一副(ひとそえ)を授けた。

そして、于禁を謗(そし)った青州兵をそれぞれ処罰し、その主将たる夏侯惇(かこうじゅん)には譴責(けんせき)を加えた。

賞罰のことが片づくと祭壇を設け戦没者の霊を祭る。こうして曹操は惨敗を喫し許都(きょと)へ引き揚げていった。

(06)許都

曹操が帰還した後、徐州(じょしゅう)から陳登(ちんとう)がやってきて、捕らえた袁術(えんじゅつ)の使者の韓胤(かんいん)を差し出す。

曹操は陳登の口上を聞くと、すぐ刑吏に韓胤の首を斬るよう命ずる。韓胤は市に引き出され、特に往来の多い辻(つじ)で死刑に処された。

その夜、曹操は陳登を私邸に招き宴を開く。

管理人「かぶらがわ」より

鄒氏に夢中になるあまり大失態を演じてしまう曹操。長子の曹昂と甥の曹安民、そして忠実に身辺を守っていた典韋まで亡くしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (3) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました