吉川『三国志』の考察 第068話 「空腹・満腹(くうふく・まんぷく)」

曹操(そうそう)は孫策(そんさく)に加え、呂布(りょふ)や劉備(りゅうび)の助力も得て寿春(じゅしゅん)を包囲したが、袁術(えんじゅつ)はいち早く城から逃げ出していた。

寿春の城下は洪水による大きな被害を受けており、とても兵糧を集められそうにない。そのうち滞陣が1か月近くになると陣中の兵糧も尽きかけてくる。そこで曹操は一計を案じ――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第068話の展開とポイント

(01)淮南(わいなん) 寿春(じゅしゅん)

楊大将(ようたいしょう)が進言した、一時寿春を捨てて本城をほかへ遷(うつ)すという意見はひどく悲観的なものだったが、結局は袁術も許容する。

李豊(りほう)・楽就(がくしゅう)・陳紀(ちんき)・梁剛(りょうごう)の四将が、10万の兵とともに残り城を守ることになった。

楊大将については先の第60話(01)を参照。

ここで楽就の名が出てきたが、先の第66話(02)では「呂布(りょふ)は、馬首を高く立て楽就の駒を横へ泳がせ、画桿(がかん。柄の部分に彩画が施されている?)の方天戟(ほうてんげき)を振りかぶったかと思うと、人馬もろとも、楽就は一抹の血煙となって後(しりえ)に仆(たお)れていた」という記述があった。

楽就はこのとき討たれたのかと思っていたが、ここで再登場してくるとは……。第66話では重傷を負ったものの、命は助かったということなのだろうか? なお『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第17回)では、楽就が呂布と戦って討たれた(もしくは重傷を負った)という記事は見えない。

井波『三国志演義(2)』(第17回)では、袁術に付いて城を出ていく本軍の数には触れていなかった。

府庫宮倉の金銀珍宝は言うまでもなく、軍需物資や文書官冊(公文書のたぐい?)などもみな昼夜車に積み陸続と搬出。淮水(わいすい)の岸からどしどし船積みして運び去った。

こうして袁術らが淮水の彼方へ渡り、遠く難を避けてしまった直後、曹操(そうそう)ら寄せ手の30万が城下へ殺到する。寿春郊外の100里(り)四方は今年の洪水の跡が生々しく、とても糧米を集められる状況ではなかった。

滞陣が1か月近くになると、陣中の兵糧が枯渇してくる。

曹操は一気に攻め落とそうと焦っていたが、攻城作戦のほうも水害の影響を受け兵馬の動きは不活発になり、そのうえ城兵も頑強であるため容易にはかどらない。

そこで、孫策(そんさく)にあてて一書をしたため糧米の手配を乞う。すでに曹操との約束に従い進撃の途にあった孫策は、書簡を受け取ると本国へ糧米の輸送を命じた。

井波『三国志演義(2)』(第17回)では、曹操は孫策から10万斛(ごく)の糧米を借りたが、それでも(必要な量を)賄いきれなかったとある。

(02)寿春の城外 曹操の本営

日を経て兵糧総官(ひょうろうそうかん)の王垢(おうこう。王垕)と倉奉行(くらぶぎょう)の任峻(じんしゅん)が、もはや兵糧が数日も続かないと訴える。

井波『三国志演義(2)』(第17回)では、任峻が管糧官(軍糧担当官)で、王垕は任峻の部下の倉庫係となっていた。

曹操は知恵を授けると言い、糧米を兵士に配る際の升を小さな升に代えるよう伝える。

ただちにふたりはその日の夕方から小升を用い始めた。ひとり5合(ごう)ずつの割り当てが1合5勺(しゃく)減りの小升になった。

曹操が下級兵士たちのつぶやきに耳を立ててみると、もちろん喧々囂々(けんけんごうごう)たる悪声が聞こえてくる。

すると曹操は王垢を呼び、30万の兵士たちの不満を取り鎮めるために首を貸してほしいと言いだす。

その泣訴を意に介さず、かねて言い含めてある武士に目くばせすると、たちまち王垢の首は斬り落とされた。曹操は首を陣中にさらし、王垢が小升を用い私腹を肥やしていたと触れる。

これを信じた兵士たちは王垢を恨み、曹操に抱いていた不平を忘れてしまう。曹操はこの士気一変の転機をつかみ、即日、大号令を発する。

それは、今夜から3日のうちに寿春を攻め落とすことを厳命するもので、怠る者はたちどころに死罪だという。

井波『三国志演義(2)』(第17回)では、曹操が3日以内に城を陥すよう厳命したのは即日ではなく翌日のこと。

(03)寿春

その夜、曹操は軍兵に率先して堀際に立ち、必死に攻撃の指揮を執る。そして、卑怯(ひきょう)な振る舞いを見せたふたりの副将を斬り、自ら馬を下りて土を運び、草を投げ込み城壁へ肉薄すると、軍威は一時に奮い立った。

やがて一角を破り、寄せ手の軍馬が城内へと流れ込む。守将の李豊らはほとんど斬り殺されるか生け捕られてしまい、袁術の建てた偽宮はことごとく火をかけられ、城内は一面の大紅蓮(だいぐれん)と化す。

井波『三国志演義(2)』(第17回)では、李豊・陳紀・楽就・梁剛らはみな生け捕りにされ、曹操の命令により市場で斬刑に処せられたとある。

しかし曹操が船や筏(いかだ)を調え、袁術にとどめを与えよと準備している数日の間に、荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)と張繡(ちょうしゅう)が結託して不穏な気勢を上げているとの急報が届く。

これを受け曹操は、征途を半ばにして許都(きょと)への引き揚げを決める。

引き揚げにあたって孫策に早馬を飛ばし、長江(ちょうこう)をまたぐように兵船を配置してもらい、上流の劉表を暗に威嚇(いかく)してほしいと頼んだ。

また呂布と劉備の友好関係を修復させ、特に劉備には予州(よしゅう。豫州)を去り、もとの小沛(しょうはい)に帰るよう命ずる。

別れ際、曹操は劉備に「きみを小沛に置くのは虎(トラ)狩りの用意なのだ」と打ち明け、陳珪(ちんけい)と陳登(ちんとう)と計らい抜からぬよう準備してほしいとささやく。

(04)許都

曹操が許都へ帰ってくると段煨(だんわい)と伍習(ごしゅう。五習)というふたりの雑軍の将が、私兵をもって長安(ちょうあん)の李傕(りかく)と郭汜(かくし)を討ち殺したとしてその首を朝廷に献上する。

公卿(こうけい)百官は思わぬ吉事と喜び合い、献帝(けんてい)に奏上。段煨と伍習には官職が与えられ、そのまま長安の守りを命ぜられた。

井波『三国志演義(2)』(第17回)では、段煨が盪寇将軍(とうこうしょうぐん)に、伍習が殄虜将軍(てんりょしょうぐん)に、それぞれ任ぜられたとある。

管理人「かぶらがわ」より

呂布に討たれたのかと思っていた楽就が、寿春の守将のひとりに名を連ねていたのには驚きましたが……。これは先の第66話(02)の記述のほうに問題があるようです。

あとは小升の一件ですけど、王垢(王垕)の名は正史『三国志』には見えません。この元ネタは『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『曹瞞伝(そうまんでん)』のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました