吉川版『三国志』の考察 第254話 「一書生(いちしょせい)」

和睦の使者として遣わした程秉(ていへい)が追い返されたことから、孫権(そんけん)は劉備(りゅうび)の決意の固さを思い知る。

呉(ご)の重臣たちは蜀軍(しょくぐん)の勢いに恐れをなすが、このとき闞沢(かんたく)は荊州(けいしゅう)にいる陸遜(りくそん)の起用を強く求めた。

第254話の展開とポイント

(01)建業(けんぎょう)

呉(ご)の使者の程秉(ていへい)は、猇亭(おうてい)から逃げ帰るように急いで引き揚げた。その結果、再び建業城中の大会議となり、呉の諸将はいまさらのごとく蜀(しょく)の旺盛(おうせい)な戦意を再認識する。

満堂の悽気(せいき。ひどく悲しい雰囲気?)や恐愕(きょうがく。ひどく恐れ驚く様子?)のわななき覆うべくもない。ここで闞沢(かんたく)が提唱した。

「諸員。何をか恐れるか。幸いにも呉には国家の柱とも言うべき大才が生まれておる。なぜ各位はかかる時にこの人を王に薦め、もって蜀を破ろうとしないのか?」

にわかに孫権(そんけん)が目を輝かせ、その誰なるかをただすと闞沢は答えた。

「余人でもありません。それはいま荊州(けいしゅう)にいる陸遜(りくそん)です」

たちまち議場はガヤガヤしだし、中には嘲笑(ちょうしょう)すら聞こえる。孫権は首をかしげ、諸人は騒然と非をささやいた。張昭(ちょうしょう)や顧雍(こよう)などの重臣連も、苦笑をたたえてこもごも反対する。

いまだ陸遜を一儒生扱いしているのが気になる。この年(魏〈ぎ〉の黄初〈こうしょ〉3〈222〉年)には、もう彼は40歳になっていたはず。周瑜(しゅうゆ)が36歳、魯粛(ろしゅく)が46歳、呂蒙(りょもう)が42歳で、それぞれ亡くなっていることを考えても、40歳の陸遜を「黄口の一儒生」とか「年が若い」と馬鹿にするのは、いかにも筋が通っていないように思えるのだが……。

そのほかにも反対者はずいぶん多かったが、孫権は一同の反論を退けて陸遜を召した。彼にその英断を下させたものは、闞沢が「もし私の言に誤りがあれば、私の首をお取りになっても構いません」とまで、責めを一身に負い推挙に努めたことによる。

さらに心を動かしたのは生前の呂蒙が褒めていた言葉であり、「あの呂蒙が、自分の代わりに荊州の境の守りに抜てきしたほどの者とすれば、年は若くても何か見どころのある人物に違いあるまい」と考えたからだった。

呂蒙が陸遜を抜てきしたことについては、先の第232話(01)を参照。

陸遜は急きょ建業へ帰り、孫権に謁する。

そして「この大任を受けて、汝(なんじ)よくそれに応うる自信ありや?」と問われると、こう答えて言外に自信をほのめかした。

「国家存亡の時。辞すべきではありませんから謹んで大命を拝します」

また、陸遜は言い足す。

「御口ずから大命を下したもう以上これで十分ですが、願わくは文武の諸大将をことごとく召して厳かな儀式を営まれ、そのうえで御命の剣をお授けください」

井波版『三国志演義』(第83回)では、このように厳粛な儀式を執り行うよう進言したのは「闞沢」。

孫権は承知して、建業城の北庭に夜を日に継いで台を築かせる。これができ上がると百官を列し、式部(しきぶ。儀式をつかさどる役人?)や楽人(がくじん)を配して陸遜を壇に登らせた。

そこで手ずから剣を授け、白旄(はくぼう。犛牛〈からうし〉の尾を竿〈さお〉の先に飾った旗)に黄鉞(こうえつ。黄金の鉞〈まさかり〉)、印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)や兵符など、すべて任せて大権を委ねた。

「いま足下(きみ)を『大都護(だいとご)・護軍(ごぐん)・鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)』に任じ『婁侯(るこう)』に封ずる。以後、6郡81州ならびに荊州諸路の軍馬を総領せよ」

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・陸遜伝)によると、このとき陸遜は「大都督(だいととく)」に任ぜられたとある。また井波版『三国志演義』(第83回)では、「大都督・右護軍(ゆうごぐん)・鎮西将軍」に任じ「婁侯」に昇進させたとあった。

「6郡81州」については先の第159話(01)を参照。

(02)猇亭 陸遜の本営

陸遜が新たに総司令官として戦場へ臨むという沙汰が聞こえると、呉の前線諸陣地にある諸将は甚だしく不満を表す。

そこへ陸遜が着任すると荊州諸路の軍馬を集め、丁奉(ていほう)や徐盛(じょせい)らの諸将を新たに加え、堂々と新鋭の旗幟(きし)を総司令部に植え並べた。

けれど、従前から各部署にいる大将連は昂然(こうぜん)として、みなあえて服さない色を示している。賀を述べてくる者すらない。

それでも陸遜は少しも気にかけるふうもなく、日を計り、軍議を開くので集まるようにとの通告を発する。そしてやむなく集まった諸将を下に、一段高い将台に立ちこう言い渡した。

「私が建業を発するとき呉王(ごおう。孫権)は親しく宝剣と印綬を授けたまい、『閾(しきい。敷居)の内は王これをつかさどらん。閾の外のことは将軍これを制せよ。もし配下に乱す者あらば、まず斬って後に報ずべし』とまで仰せられた。私は王のご信任に感泣し、一身を顧みる暇(いとま)もなく、かくは赴任してきたわけである」

こうしてまず抱懐の一端を述べ、味方の内にある根拠なき盲説のひとつを粉砕。また、重ねてこう宣言する。

「軍中つねに法あり。王法に親なしともいう。各部隊はなお一層、軍律を厳に守られたい。もし聞かずんば、敵を破る前に内部の賊を斬らん」

諸人は黙然としてただ仏頂面を背けていたが、その不満組のひとりたる周泰(しゅうたい)が少し進んで将台の上へ呼びかけた。

「先に前線へ来て悪戦苦闘を続けておられたわが呉王の甥君たる孫桓(そんかん)は、先ごろから夷陵城(いりょうじょう。彝陵城)に取りこめられ、内に兵糧なく、外は蜀兵に遮断されておる」

「いま大都督の幸いにこれに臨まれたうえは一日も早く妙計を巡らせ、まず孫桓を救い出し、もって呉王のお旨を安め奉り、併せてわれらの士気を高揚されたい。借問す。大都督にはかかる大計をお持ちなりや?」

陸遜はほどんど問題にせず答える。

「夷陵の一城などは枝葉にすぎない。それに孫桓はよく部下を用いる人だから、必ず力を合わせてよく守るだろう。急に救わなくても落城する気遣いはない。むしろ私が破ろうとするのは蜀軍の中核にある。敵の中核が崩れれば、夷陵のごときはひとりでに囲みが解けてしまうのである」

聞くと諸将はみなドッとあざ笑い、侮蔑(ぶべつ)のささやきを交わしながら退散した。韓当(かんとう)や周泰などは、「かかる大都督を上に頂いていては滅ぶしかない」と面色を変えたほどである。

すると翌日、大都督の名をもって各部署に軍令が下った。

「攻め口を固く守り、あえて進まんとするなかれ。ひとり出でて戦うもこれを禁ず」

諸将は大都督部へ難詰に押しかけ、韓当や周泰などを先にし、おのおの口を極めて反対する。陸遜は剣に手を掛けて叱咤(しった)した。

「私は一介の書生にすぎぬが、呉王に代わり諸君に令を下すものである。これ以上異論を差し挟むにおいては何者たるを問わず、斬って軍律を明らかにするぞ!」

諸将は黙り、恐れを抱きみな帰ってしまう。しかし、誰ひとり服しはしない。むしろ来たときよりも憤懣(ふんまん)を内に含み、口汚く嘲笑を交わしていた。

(03)猇亭 劉備(りゅうび)の本営

呉軍がこうしている間に、いよいよ士気高い蜀の大軍は、猇亭から川口(せんこう)に至る広大な地域に40余か所の陣屋と壕塁(ごうるい)を築く。昼は旌旗(せいき)雲とまがい、夜は篝火(かがりび)に天を焦がしていた。

敵の組織に改革が行われたと伝わった日、劉備はすぐに左右に問う。

「呉軍の総司令が『陸遜』とかいう者に代わったそうだが、聞いたことのない人物である。誰か知っておらぬか?」

答えたのは馬良(ばりょう)である。

「敵は思い切った人物を登用したものです。陸遜は江東(こうとう)の一書生でまだ若年ですが、呂蒙すら『先生』と敬い、決して書生扱いにはしなかったと聞いております。深才遠計、ちょっと底が知れない人物です」

さらに馬良は、呂蒙が早くから陸遜を用いていたことも話し、呉軍が荊州を襲ったのも、関羽を一敗地に倒したのも呂蒙の奇略と言われているが、実はすべて陸遜の知囊(ちのう)から出たものだったと明かした。

これを聞いた劉備は、「では陸遜こそ、わが義弟を討った仇(あだ)ではないか」と言い、すぐに兵を進めようとする。馬良は熟慮を仰いだが劉備は聞こうとせず、諸将に令して陣を押し進めた。

(04)猇亭 陸遜の本営

とかく一致を欠いていた呉の陣営も、蜀の猛陣を間近に見てはもう私議私憤を取り交わしてはいられない。俄然(がぜん)、団結して総司令部の帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)に固まり、いかに迎え撃つべきかの指令を陸遜の眉(まゆ)に求めた。

「現状固守。みだりに動くなかれ。それだけだ」

陸遜はそう言うと、山上の韓当の持ち場に鋭気がありすぎると、自ら馬を飛ばし駆けつける。

(05)猇亭 韓当の軍営

陸遜は、今しも兵馬をそろえ敵前へ駆け下ろうとしている韓当を押しとどめた。劉備の罠だと言い、今後の見通しも語って聞かせる。

「幸いなるかな、時はいま大夏のこの炎天。われ出でず戦わず、ひたすら陣を守って日を移しておるならば、彼は広野の烈日に日々気力を費やし、水に渇し、ついには陣を退き山林の陰へと移るであろう。その時に至れば私は必ず号令一下、諸将の奮迅を促すであろう」

「将軍、これも呉国のためだ。乞う、涼風を懐中に入れ、敵の盲動と挑戦をただ笑って見物していたまえ」

どこの部署も動かないので、やむなく韓当も拳(こぶし)を握り、陸遜の命のままジッとしていた。蜀軍は散々に悪口嘲弄(ちょうろう)を放ち、しきりに呉軍の怒りを誘う。

管理人「かぶらがわ」より

自己を謙遜しての自称「書生」はまだいいとしても、40歳の大将をつかまえて若年呼ばわりはないだろう、と思われた第254話。

それに陸遜は、父の従兄弟にあたる陸績(りくせき)から名門陸家の取りまとめを託されたほどの人物。しかも妻は孫策(そんさく)の娘でした。ここまで無名を強調されると、かえって噓(うそ)くさく見えてしまいます。

蜀にしろ熟練の間者なら、彼が油断のならない人物であることくらいは探り得るのではないでしょうか? どうも陸遜が史実より若く設定されているようですけど、無理に年齢だけを変えてある印象で、ほかの話とのバランスを欠いている印象を受けました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】