吉川版『三国志』の考察 第284話 「洛陽に生色還る(らくようにせいしょくかえる)」

【この記事をシェアする】

曹叡(そうえい)の詔(みことのり)を宛城(えんじょう)で拝受した司馬懿(しばい)。すぐさま兵を集めると洛陽ではなく、謀反の兆しを見せていた孟達(もうたつ)がいる新城(しんじょう)へ急ぐ。

孟達は、司馬懿が洛陽に向かっているとの偽情報を信じて備えを怠り、突然現れた魏軍(ぎぐん)になすすべなく討たれた。この知らせに洛陽は沸き返る。

第284話の展開とポイント

(01)行軍中の司馬懿(しばい)

この時の司馬懿の行軍は、2日の道のりを1日で進んでいったというから、何にしても非常に迅速なものだったに違いない。

しかも彼はこれに先立ち、参軍(さんぐん)の「梁畿(りょうき)」という者に命じ、あまたの第五部隊を用いて新城(しんじょう)付近に潜行させ、このように言い触らさせた。

「司馬懿の軍勢は洛陽(らくよう)へ上り、天子(てんし。曹叡〈そうえい〉)の勅を受けたあと諸葛亮(しょかつりょう)を討ち破ることになっている。功を成し名を遂げんとする者は募りに応じて司馬懿軍に付け」

もちろんこれは新城の孟達(もうたつ)を油断させる謀略で、司馬懿の大軍はその先触れの後から一路新城へと急いでいる。

その途中、魏(ぎ)の右将軍(ゆうしょうぐん)の徐晃(じょこう)が国元から長安(ちょうあん)へ向かうのとぶつかった。徐晃は会見を求めて尋ねる。

「いますでに天子におかせられては長安へ進発あらせたまい、曹真(そうしん)を督し諸葛亮を破らんとしておられる。なのに道々の風聞によれば、都督(ととく。司馬懿)は洛陽へ上られるともっぱら沙汰いたしておる。なぜ天子もおわさぬ都へわざわざお上りなさるのか?」

司馬懿は徐晃の耳に口を寄せて言った。

「沙汰は沙汰。それがしの急ぐ先は、ほかでもない孟達の新城である」

徐晃は膝(ひざ)を叩(たた)き、この軍勢に合流。そこで司馬懿は先鋒の一翼を任せた。そこへ第五部隊の参軍の梁畿から、諸葛亮が孟達に送ったという書簡を盗み写したものが届く。

司馬懿は、諸葛亮が玄機(奥深い道理)を悟っていることを知り愕然(がくぜん)とする。さらに行軍を励まし、ほとんど昼夜も分かたず新城へ急ぎに急いだ。

(02)新城

こういう情勢にありながら、少しも悟らずにいたのは新城の孟達。上庸太守(じょうようたいしゅ)の申耽(しんたん)や金城太守(きんじょうたいしゅ)の申儀(しんぎ)などに大事を打ち明け、「不日、諸葛亮と合流せん」との密盟を結んだことに安心していた。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・劉封伝〈りゅうほうでん〉)によると、申耽は(蜀から)魏に降伏した後、「懐集将軍(かいしゅうしょうぐん)」に任ぜられ南陽(なんよう)に移住していた。なので、このあたり(『演義』〈第94回〉でも同様)で「上庸太守の申耽」を使っているのは創作ということになる。なお「金城太守の申儀」についても、前の第283話(05)を参照。

だが、実は申耽も申儀も腹を合わせ、魏軍が城下へ来たら突如としてそれに内応し、孟達にひと泡吹かせてくれん、としているものとは夢にも気づかずにいたのである。

孟達のもとには、司馬懿が洛陽へは出ずに長安へ向かうようだとか、途中で徐晃と会い曹叡が都にいないと知り、翌日から道を変えて長安へ進んでいるようだ、などという知らせが届いていた。

孟達は聞くごとに喜び、こう言った。

「万端こちらの思うつぼだ。いでや日を期し、洛陽へ攻め入らん」

この旨を上庸の申耽と金城の申儀へ早馬で言い送り、何月何日に軍議を定め、即日大事の一挙に赴かんと、つぶさに示し合わせた。

ところがまだその日の来ないうち、暁闇(ぎょうあん)を破り、城下の一方から盛んなる金鼓の響きが寝覚めを驚かせる。

仰天した孟達が物の具をまとい櫓(やぐら)へ駆け登ってみると、暁風も鮮やかに、魏の右将軍たる徐晃の旗が堀近くに見えた。

孟達は弓を執り、旗の下に見える大将へ一矢を射る。何たる武運のつたなさ。徐晃はこの朝、攻めに先立ち真額を射抜かれ、落馬してしまった。

史実の徐晃は魏の太和(たいわ)元(227)年に亡くなっている。そのため(魏の太和2〈228〉年の)新城攻めには参加していない。

初戦の第一歩に大将を失った徐晃軍は急襲してきた勢いを一度にひるませ、先鋒の全兵は浮き足立つ。いささか勇気を持ち直した孟達は城門を開いて突出し、魏兵を追い崩す。

しかし、追えば追うほど敵兵の密度は増し、濛々(もうもう)の戦塵(せんじん)とともに、敵陣はますます重厚を加えてきた。

いぶかった孟達がふと後ろを見ると、翩翻(へんぽん)として千軍万馬に押しもまれている大旗が見える。その旗には「司馬懿」の三文字が、金繡(きんしゅう。金糸の縫い取りがあること?)の布に黒々と縫い表されていた。

あわてて引き返しにかかったときは、孟達がひきいた兵たちはまったく隊伍を乱す。おまけに城へ帰り開門を求めると、門扉を押し開き飛び出してきたのは申耽と申儀の両軍だった。

ここで孟達が城頭を見ると、李輔(りほ)やトウ賢(とうけん。登+阝)らが雨あられと矢を放つ。

ここで出てきた「トウ賢」は孟達の甥。先の第191話(06)で登場した「トウ賢」とは別人だと思われる。

汚くも孟達はまた逃げ奔ったが、申耽に追いつかれ、武将の最も恥とする後ろ袈裟(げさ)の一刀を浴び、叫絶一声、ついに馬蹄(ばてい)の下の鬼(死者)と化してしまった。

司馬懿は降兵を収めて味方を整え、一日にして勝ちを制し、一鼓六足、堂々と新城へ入る。孟達の首は洛陽へ送られた。司馬懿は李輔とトウ賢に新城を守らせ、申耽と申儀の軍勢を併せると、さらに長安へ急ぐ。

井波版『三国志演義』(第94回)では、司馬懿は李輔とトウ賢に新城と上庸の守備を命じたとある。

(03)洛陽

孟達の首が洛陽の市にさらされ、その罪状と戦況が知れ渡るや、蜀軍の来攻におびえていた洛陽の民は、にわかな春の訪れに会ったように生色をよみがえらせた。

(04)長安

長安まで行幸していた曹叡は司馬懿の姿を行宮(あんぐう)に見ると、玉座近くに召し寄せて優渥(ゆうあく。極めて厚い様子)なる詔(みことのり)を下す。

「司馬懿なるか。かつて汝(なんじ)を退け郷里にわびしく過ごさせたのは、まったく朕の不明が敵の謀略に乗せられたものによる。いま深くそれを悔ゆ」

「汝また恨みともせず、よく魏の急に駆けつけて、しかもすでに孟達の反逆をその途に討つ。もし汝の立つなかりせば、魏の両京(洛陽と長安)は一時に破れ去ったかもしれぬ。うれしく思うぞ」

司馬懿は感泣し、こう応えてひれ伏した。

「勅命もお受けせず早々と途上で戦端を開き、僭上(せんじょう)の罪軽からずと密かに恐懼(きょうく)しておりました。もったいない御諚(ごじょう。お言葉)を賜り、臣は身の置く所も存じませぬ」

すると、さらに曹叡が言う。

「いやいや。疾風の計、迅雷の天撃。いにしえの孫呉(そんご)にも勝るものである。兵は機を尊ぶ。以後、事の急なるときは朕に告ぐるまでもない。よろしく卿(けい)の一存において計れ」

こうして司馬懿に前例なき破格の特権を与え、かつ金斧(きんぷ)と金鉞(きんえつ)一対を授けた。

管理人「かぶらがわ」より

司馬懿の電撃作戦の前に討ち果たされた孟達。古参でもない彼には、先代の曹丕(そうひ)が40歳で亡くなったことは痛すぎましたね。

ただ、ここで徐晃を持ってきてこういう最期にする必要があったのでしょうか? この点はいくらか疑問が残りました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】