吉川版『三国志』の考察 第277話 「鹿と魏太子(しかとぎたいし)」

魏の皇太子(こうたいし)の曹叡(そうえい)は15歳になり、その英才はみなの注目を集めていた。彼は父の曹丕(そうひ)と狩りに出たとき、母鹿を亡くした子鹿をどうしても殺せず、思いやりのある一面を見せる。

226年5月、曹丕が40歳の若さで崩ずると、曹叡が帝位を継ぎ、曹真(そうしん)・陳群(ちんぐん。陳羣)・司馬懿(しばい)を中心に新帝を補佐する体制が固められた。

第277話の展開とポイント

(01)成都(せいと)

成都の上下は沸き返るような歓呼。その日、劉禅(りゅうぜん)も鸞駕(らんが。天子〈てんし〉の車)に召され、宮門30里(り)の外まで諸葛亮(しょかつりょう)と三軍を出迎えた。

鸞駕の内に諸葛亮の座を分け、同車相並んで成都宮の華陽門(かようもん)を入る。全市の民は天にも響く喜びを上げ、宮中の百楼千閣は一時に音楽を奏し、紫雲金城の上に降りるかと思われた。

だが、諸葛亮は自己の功を忘れている。吏に命じ、従軍中に戦死や病没した者の子孫を訪ねさせ、漏るるなくこれを慰めた。

また、暇があれば久しく見なかった農村へ行き今年の実りを問い、村の古老や篤農を訪ね、孝子を顕彰し邪吏を懲らし、年税の過少をただすなど、あらゆる政治にも心を注ぐ。

このため都市や地方を問わず、今やこの国こそ楽土安民の相を地上に顕観したものと、上下その徳を称えない者はなかった。

(02)曹叡(そうえい)の評判とその即位まで

魏(ぎ)の曹丕(そうひ)の太子(たいし)である曹叡の英才は近ごろうわさになっている。まだ彼は15歳だった。

この年(魏の黄初〈こうしょ〉7〈226〉年)には、史実の曹叡は22歳だったと思われる。吉川版『三国志』では曹叡をだいぶ年少に設定しているようだ。

母は甄氏(しんし)の娘である。傾国の美女であると言われ、初め袁紹(えんしょう)の次男の袁熙(えんき)に嫁いだ。それを曹操(そうそう)が攻め破ったとき、その息子の曹丕の室に入り、後に曹叡を生む。

このあたりの経緯については先の第120話(01)を参照。

ところが、曹叡にも一面の薄幸がつきまとう。母の寵はようやくあせ、父の愛が郭貴妃(かくきひ)に移っていったためである。

郭貴妃は広宗(こうそう)の郭永(かくえい)の娘で、その容色は魏の国中にもあるまいと言われていた。世の人が「女中の王なり」と称えたので、魏宮に入ってからは「女王郭貴妃」と尊称されている。

井波版『三国志演義』(第91回)では、かつて郭永が「この子は女の中の王様だ」と言ったことがあり、それで「女王」というあざなを付けたとあった。

しかし、その心は容顔のごとく美しくはない。甄皇后(しんこうごう)を除くため張韜(ちょうとう)という廷臣と謀り、桐(キリ)の木の人形に曹丕の生年月日を書き、また何年何月地に埋むと呪文(じゅもん)を記し、わざと彼の目に触れる所へ捨てさせた。

曹丕はその佞(ねい)を看破できず、とうとう甄皇后を廃してしまったのである。

史実の甄氏は存命中に「皇后」に立てられることはなかった。井波版『三国志演義』(第91回)では甄氏を「皇后」とは表現せず、「甄夫人」という呼称にとどめていた。

こうして太子の曹叡は、郭女王に幼少から養われ苦労もしてきたが、性はしごく快活で、少しもべそべそしていない。とりわけ弓馬には天才的な閃(ひらめ)きがある。

この年(魏の黄初7〈226〉年)の早春、曹丕は群臣を連れ狩猟に出かけた。ここで一頭の女鹿(メジカ)を見いだし、彼の一矢がよく逸走を射止める。母鹿が射倒されると子鹿は横っ跳びに逃げ、曹叡の乗る馬腹の下へ小さくなって隠れた。

曹丕は声を上げ、弓を振るって歯がゆがる。

「曹叡、なぜ射ぬ? いや、なぜ剣で突かぬか? 子鹿はお前の馬の下にいるのに……」

すると曹叡は涙を含んで応えた。

「いま父君が、子鹿の母を射たまうのさえ胸が痛んでおりましたのに、どうしてその子鹿を殺せましょう」

弓を投げ捨て泣きだしてしまう。

「あぁ、この子は仁徳の主となろう」

むしろ曹丕は喜び、彼を「斉公(せいこう)」に封じた。

史実の曹叡が「斉公」に封ぜられたのは魏の黄初2(221)年のこと。曹叡は曹丕が崩御(ほうぎょ)する直前まで「皇太子(こうたいし)」に立てられず、それまでは「平原王(へいげんおう)」だった。なお井波版『三国志演義』(第91回)では、ここで曹丕が曹叡を「平原王」に封じたことになっていた。

その夏の5月、曹丕はふと傷寒(しょうかん。腸チフス)を病んで長逝する。まだ40歳の若さだった。

井波版『三国志演義』(第91回)では、曹丕が風邪をひき、治療しても回復しなかったということになっていた。

生前の慈しみと遺詔により、曹叡は次の「大魏皇帝」と仰がれることになった。これは「嘉福殿(かふくでん)の約」によるものである。

「嘉福殿の約」とは曹丕が危篤に瀕(ひん)した際、3人の重臣を枕頭(ちんとう)に招いて遺詔を託し、3人がこの遺託に背かないと誓ったことを指す。

枕頭に招かれたその折の三重臣というのは、中軍大将軍(ちゅうぐんだいしょうぐん)の曹真(そうしん)、 鎮軍大将軍(ちんぐんだいしょうぐん)の陳群(ちんぐん。陳羣)、 撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)の司馬懿(しばい)。

なお史実では、これに征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の曹休(そうきゅう)も加わっている。井波版『三国志演義』(第91回)では、見舞いに駆けつけた曹休も、曹丕が寝所に呼び入れたことになっていた。

これに基づき三重臣は曹叡を後主(こうしゅ)と仰ぎ、曹丕に「文帝(ぶんてい)」と諡(おくりな)したうえ、曹叡の生母たる甄氏にも「文昭皇后(ぶんしょうこうごう)」と諡号(しごう)を追贈した。

自然、魏宮の側臣の顔ぶれや一族の職にも改革をみないわけにはいかない。まず鍾繇(しょうよう)を「太傅(たいふ)」とし、曹真は「大将軍」となり、曹休を「大司馬(だいしば)」とした。

このほか太尉(たいい)の華歆(かきん)、司徒(しと)の王朗(おうろう)、司空(しくう)の陳群などは重なるところだが、なお多数の文武官に対しても叙爵進級が行われ、天下に大赦の令も敷かれた。

ここにひとり問題は、司馬懿が「驃騎大将軍(ひょうきだいしょうぐん)」に就任したことである。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『驃騎大将軍』は)『大将軍』に次ぐ第二位の将軍号。その格式は文官の三公(太尉・司徒・司空)に匹敵する」という。

あえて破格でもないが、この人にして何となくその所を得たような観があった。のみならず彼は、そのころちょうど雍涼(ようりょう)の州郡を守る者がいないことを知っていたので、自ら表を奉り願い出る。

「私に西涼(せいりょう)州郡の守りをお命じください」

西涼州といえば北夷(ほくい。北方の異民族)の境に近く、都(洛陽〈らくよう〉)とは比較にならないほどの辺境。かつては馬騰(ばとう)が出でて馬超(ばちょう)が現れ、とかく乱が多く治めにくい地域だ。

求めてこれを治領したいという眷願(けんがん。心からの願い?)に、もとより曹叡も勅許したし、魏の重臣たちも、物好きな、とだけで誰も遮る者はない。

このため魏の朝廷は、特に彼の官職をも「西涼の等処(とうしょ)、兵馬提督(へいばていとく)」となして印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を下した。

(03)赴任途中の司馬懿

司馬懿は北へ向かい赴任の馬を進めながら、実に久々で狭い鳥籠(とりかご)から青空へ出たような心地を抱く。吐く息や吸う息まで広々と覚えられる。

宮中の侍臣や重臣間の屈在もすでに久しいもの。曹操時代からの宮仕えである。本来の彼のまじめは、そういう池の中に長く住めるものではなかったらしい。

「曹操時代からの宮仕え」については先の第138話(01)を参照。

(04)成都 丞相府(じょうしょうふ)

蜀(しょく)の細作(さいさく。間者)は早耳に知り、すぐにこのことを成都へ報ずる。蜀臣のうちには誰も何とも思う者はいない。

しかしそれを聞くと、ひとり愕然(がくぜん)と唇を結んだ人がある。ほかならぬ諸葛亮だった。いや、もうひとり。彼と等しい驚きをなし、さっそく丞相府へやってきた者がある。若い馬謖(ばしょく)だった。

ふたりは司馬懿の西涼赴任に憂いを抱く。諸葛亮が今のうちに討つかと言うと、馬謖はこう答えた。

「いや、丞相。南蛮(なんばん)遠征の後、まだ日を経ておりません。ここは考えものでしょう。私にお任せください。曹叡を欺き、兵を用いず司馬懿を死に至らしめてみせます」

若年ながら実に大言である。諸葛亮はその面を見守った。

管理人「かぶらがわ」より

成都への帰還を果たした諸葛亮と、曹叡の即位後に西涼への赴任を願い出た司馬懿。このふたりの距離が縮まってきましたね。

曹丕と曹叡との微妙な関係など、もう少し掘り下げてもよかったかなとは思います。ただ、そのへんが簡潔な分だけ、話のテンポはよくなっている感じがしました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】