吉川版『三国志』の考察 第205話 「臨江亭会談(りんこうていかいだん)」

広大な蜀(しょく)の地を手にした劉備(りゅうび)に対し、孫権(そんけん)も当然のごとく荊州(けいしゅう)返還問題の決着を迫る。

使いを命じた諸葛瑾(しょかつきん)が戻り、劉備が荊州のうち3郡の返還を認めたとの報告を受けると、孫権は官吏に軍勢を付けて差し向け、実力で政庁を押さえようと動きだす。ところが、彼らはみな関羽(かんう)の配下に追い払われてしまう……。

第205話の展開とポイント

(01)成都(せいと)

ある日、劉備(りゅうび)はやや狼狽(ろうばい)の色を眉(まゆ)にたたえながら、諸葛亮(しょかつりょう)を呼んで言った。

「先生の兄上が蜀(しょく)へ来たそうではないか」

諸葛亮は昨夜、客館に着いたようだと話し、もとより荊州(けいしゅう)の問題で見えたのだろうと言う。そして座へ寄り、劉備の耳元に何かささやく。

(02)成都 諸葛瑾(しょかつきん)の客館

その晩、諸葛亮は不意に兄の諸葛瑾を訪ねる。諸葛瑾は声を放ち大いに泣き、妻子一族がみな呉(ご)で投獄されたと話す。諸葛亮は、お気遣いには及びませんと言い、君に申し上げて、きっと荊州は呉へ還しますと応じた。

(03)成都

翌日、諸葛瑾は密かに劉備と会い、孫権(そんけん)の一書を呈する。劉備はそれを披見し、たちまち色をなす。諸葛瑾はハッとした。そばにいた諸葛亮も目を見張った。

劉備の手にある書簡は引き裂かれ、その眸(ひとみ)は天の一方を見て、独り言にこう叫ぶ。

「無礼なり孫権……。もとより荊州はいつか呉へ還さんとは思っていたが、汝(なんじ)いたずらに小策を弄(ろう)し、わが夫人を欺いて呉へ呼び返すなど、玄徳(げんとく。劉備のあざな)の面目を無視し、夫婦の情を虐げ、いつかはこの恨みをと骨髄に刻んでいた心を知らないかっ!」

劉備の夫人(孫権の妹の孫氏)が呉へ戻ったことについては、先の第192話(05)を参照。

「むかし一荊州にありしときだに、汝ごときは物の数としていたわれではない。いわんや今、蜀四十一州を併せ精兵数十万、肥馬無数、糧草は山野に蓄えて、国人みな時に当たるの覚悟を持つ。汝いかに狡知(こうち)を弄すとも、力をもって荊州を取ることを得んや」

ここでは「蜀四十一州」とあったが、「西蜀四十一州」については先の第187話(01)を参照。

ここで諸葛亮が面を覆って嘆き悲しみ、兄と妻子一族のため配慮を求める。すると劉備も次第に感情を抑制し、荊州のうち長沙(ちょうさ)・零陵(れいりょう)・桂陽(けいよう)の3郡だけ呉へ還すと言いだす。

(04)荊州(江陵〈こうりょう〉?)

結局、諸葛瑾はその趣を記した劉備の書簡をもらい、山羈(さんき。山の旅や)舟行数十日、荊州へ着くや城を訪れ関羽(かんう)と対面した。関羽のそばには養子の関平(かんぺい)が侍立していた。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『荊州城』は地名で(ここでは)『江陵』を指す。後漢(ごかん)末、関羽が荊州を守ってきたときここに駐屯していた」という。

この説明により、最近の「荊州(城)」がどの城のことなのか? という疑問もだいぶ解けた気がする。ただし、この説明は『演義』(第73回)の「荊州城」が対象になっていて、上の記述に対応する『演義』(第66回)を直接の対象にしたものではない。

諸葛瑾は劉備の書簡を示し、3郡返還の手配を申し入れたが、関羽は呉の計略だと言って聞こうとしない。

やむなく諸葛瑾は荊州から再び成都へ戻り、劉備に訴えようとしたものの、折から病中とあって典医(てんい)が面会を許さなかった。ならばと弟の諸葛亮に会おうとすれば、郡県の巡察に出張中でしばらくは成都に帰らないという。

井波版『三国志演義』(第66回)では、ここで諸葛瑾は劉備には会えたことになっていた。諸葛亮のほうは巡察に出ていて会えなかった、という設定は同じ。

(05)建業(けんぎょう)

千里(せんり)の往来も空しい旅となり、諸葛瑾は呉へ帰ってくる。

孫権は、みな諸葛亮のからくりに違いないと足ずりして怒ったが、仮に獄中につないでおいた諸葛瑾の家族は帰した。

孫権は諸官吏を荊州へ遣り、劉備が言った以上、強硬に交渉して関羽の下の地方官吏を追い払い、汝らの手で3郡の政庁を取って代われと厳命する。

もちろん軍隊もついていったが、ほど経てからそれらの官吏はみな逃げ帰ってきた。関羽の部下に追い払われたのだという。軍隊のほうはひどい目に遭わされ、生きて帰った兵は3分の1しかなかった。

これを受けて魯粛(ろしゅく)が進言。陸口(りくこう)の塞外(さいがい)にある「臨江亭(りんこうてい)」に会宴を設け、関羽を招きよく談じてみるという。もし彼が聞かなければ即座に刺し殺してしまうとも。

反対する者もあったが孫権は許可し、早く行けと魯粛を励ました。

(06)臨江亭

船に兵を積み、表には親睦の使いと唱え、魯粛は揚子江(ようすこう。長江〈ちょうこう〉)を遠くさかのぼっていく。

そして、陸口城市の河港に近い風光明媚(めいび)の地、臨江亭に盛大な会宴の準備をする。一面では、呂蒙(りょもう)や甘寧(かんねい)らに関羽が見えた後の計を伝えていた。

臨江亭は湖北省(こほくしょう)にある。荊州は言うまでもなく湖南の対岸。

このあたりの地理の説明がわかりにくい。臨江亭はいいとして、ここで湖南の対岸(にある荊州)と言っているのは「益陽(えきよう)」のことではないだろうか?

ここにある「湖南」が「現在の湖南省」という意味で使われたのか、「洞庭湖(どうていこ)の南」という意味で使われたのかはわからないが、やはり益陽を指して「荊州」と呼んでいる気がする。もしそうだとすれば、史実と『演義』の創作がごちゃ混ぜになったという印象で、「益陽」を「荊州」と称するのはマズいと思う。

なお井波版『三国志演義』(第66回)では、以下に出てくる魯粛の使者は船で長江を渡って北岸へ上がった後、関平の尋問を受け、その関平に連れられ荊州城へ行ったということになっていた。この記述なら「荊州城」が「江陵城」というふうに見える。

魯粛の使いは舟行して江を渡った。しかも、その使いはことさら華やかに装い、従者に麗しい日傘をかざさせ、いかにも悠暢(ゆうちょう)に会宴の招待に行く使いらしく平和に漕(こ)いでいった。

(07)荊州(江陵?)

やがて魯粛の使いは荊州の江口から城下に入り、謹んで書を呈する。関羽は簡単に承諾し使いを返した。

関平は驚きかつ危ぶんで諫めるが、関羽は案ずるなと応ずる。供は周倉(しゅうそう)ひとりを連れていくという。

さらに関平には、精兵500人に早舟20艘(そう)をそろえ、こなたの岸に遠く控えているよう伝える。もし父が彼方(あなた。あちら)の岸で旗を揚げ招くのを見たら、初めて舟を飛ばし馳(は)せつけてこいとも。

井波版『三国志演義』(第66回)では、関羽が関平に用意を命じたのは「腕利きの水兵500」と「10隻(せき)の快速船」。

その日になると関羽は緑の戦袍(ひたたれ)を着け、盛冠花鬚(かびん)、ひときわ装い小舟に乗る。供の周倉は「桃園の義盟」以来、関羽が常に離すことなき82斤(きん)の青龍刀を持ち、主人の後ろに控えていた。

「桃園の義盟」については先の第9話(01)を参照。

(08)臨江亭

もし関羽が大兵を連れてきたら、鉄砲を合図に呂蒙と甘寧の二軍で袋包みにしてしまおう。これが魯粛の備えておいた第一段の計だった。

ところが案に相違して、関羽は常にもなく華やかに装い供ひとりを連れてきたので、「さらば第二段の計で」と、早くも目くばせを交わし合っていた。臨江亭の庭後に屈強な武士ばかり50人を伏せ、ここへ関羽を迎えたのである。

もちろん沿道の林間や園内随所の林泉の陰にも雑兵は充満している。とはいえ、客の視野にはひと筋の素槍の光だに、目に触れないよう隠してあった。

魯粛は拝伏し関羽を上賓の席に据え、酒を勧め、歌妓(かぎ)や楽女(がくじょ)をして歓待させたが、話になると眸を伏せた。どうしても関羽の目を正視できない。

しかし、酒が半酣(はんかん)のころ、ようやくややくつろいだ態を仕向けて荊州の返還問題に触れる。

魯粛が舌鋒(弁舌)鋭く急所を突くと関羽も答えに詰まり、「家兄(このかみ)の皇叔(こうしゅく。天子〈てんし〉の叔父。ここでは劉備のこと)には別に正当なご意見があることでしょう。それがしの与(あず)かり知ることではない」と言い逃れた。

それでも魯粛は「桃園の義」を持ち出し、あなたが与かり知らぬでは世間が通さないと畳みかける。

すると、関羽のそばに立っていた周倉が突然、家鳴りするような声で怒鳴った。

「天上地下、ただ徳ある者がこれを保ち、これを政(まつり)するは当然。あに荊州を領する者、汝の主である孫権でなくてはならぬという法があろうかっ!」

ハッと色を変じながら、関羽が席から突っ立つ。そして、周倉に持たせておいた偃月(えんげつ)の青龍刀を引ったくるように取って叱りつける。

「周倉、黙れっ。これは国家の重大事である。汝ごときがみだりに舌を動かすところではない!」

騒然と亭中は色めき立った。やにわに関羽が巨腕を伸ばし、魯粛の臂(ひじ)をつかんで歩きだしただけでなく、周倉が亭の欄まで走り、江上へ向かってしきりに赤い旗を振ったのを見たからである。

関羽は大酔したふうを装いながら、今日はひとまずお別れしようと言い、魯粛を伴い江岸まで出てきた。呂蒙と甘寧は大兵を伏せ、関羽を討ち漏らさぬようにと鉄桶(てっとう)の構えを備えている。

だが、関羽の右手には大反りの偃月刀が、また左手には魯粛がつかまれているのを見て、うかつに出るなと制し合った。

その間に関羽は周倉が寄せた小舟に飛び乗ってしまう。そこで初めて魯粛を岸へと突っ放し、「おさらば」とひと言、岸を離れた。

交渉はここに破れ、国交の断絶は避けがたい。魯粛のつぶさな書状を奉じ、早馬は呉の秣陵(まつりょう)へ急ぎに急いだ。

呉の国都にはこれと同時に別の方面から、魏(ぎ)の曹操(そうそう)が30万の大軍をもって南下しつつある、という飛報が入っていた。

すでに「秣陵」は「建業」と改称されたはずなので、ここで秣陵の名を持ち出すのは適切でないと思う。このことについては先の第193話(01)を参照。

管理人「かぶらがわ」より

この第205話では「単刀会(たんとうかい)」として有名なエピソードが描かれていました。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・魯粛伝)には魯粛と関羽が会見したことは見えますが、これは益陽でのこと。その時の会見の流れは、ここで語られたものに大筋こそ似ていましたが、やはりというか、だいぶ関羽側が持ち上げられているようです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】