吉川『三国志』の考察 第035話 「牡丹亭(ぼたんてい)」

孫堅(そんけん)の急死を知り大喜びし、ついに権力の絶頂を極める董卓(とうたく)。

董卓の存在に司徒(しと)の王允(おういん)は心を痛めていたが、ある晩、自宅の後園を歩いていると、幼いころから養育してきた楽女(がくじょ)の貂蟬(ちょうせん)に出会う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第035話の展開とポイント

(01)郿塢(びう)

孫堅(そんけん)の死が都の長安(ちょうあん)へも伝わると、董卓(とうたく)は手を打って喜ぶこと限りなかった。

このころ彼の驕(おご)りは絶頂に昇った観があり、位は人臣を極めてなお飽き足らず、太政太師(だいじょうたいし)と称していたが、最近は自ら尚父(しょうふ)とも号していた。天子(てんし。献帝〈けんてい〉)の儀仗(ぎじょう)さえ、尚父の出入りの輝かしさには見劣りした。

また、弟の董旻(とうびん)に御林軍(ぎょりんぐん。近衛軍)の兵権を統べさせ、兄の子の董璜(とうこう)を侍中(じちゅう)として宮中の枢機に据えていた。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第8回)では、董旻を左将軍(さしょうぐん)・鄠侯(ここう)とし(ただし、この官爵は既出)、甥の董璜を侍中に任じて近衛兵を指揮させたとある。

彼につながる一門の長幼縁者は端に至るまでみな金紫(金印と紫色の組み紐〈ひも〉)の栄爵に与(あず)かり、わが世の春に酔っていた。

さらに、長安から100余里(り)の郊外の郿塢に王城をもしのぐ大築城を営み、百門の内には金玉の殿舎楼台を建て連ねた。

井波『三国志演義(1)』(第8回)では、長安城から250里離れた所に25万人の人夫を使役して郿塢を築いたとある。

なお『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・董卓伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『英雄記(えいゆうき)』によると、郿は長安から260里の所にあったという。

そして、この郿塢城に20年分の兵糧を貯え、15歳から20歳ぐらいまでの美女800余人を選んで後宮に入れ、天下の重宝を山のごとく集めた。このようにして董卓は一族を郿塢城に置き、半月かひと月に一度ほど長安へ出仕していた。

(02)長安

その日、朝廷の宴楽台で酒宴が催されるという少し前、董卓は天文官のひとりを召し寄せた。ここで昨夜、一陣の黒気が立ち月白の中空を貫いたため、諸公の中に凶気を抱く者があるようだと聞かされる。

やがて時刻になって公卿(こうけい)百官が宴席に集まり、酒もたけなわのころ、どこからか呂布(りょふ)があわただしく帰ってきて董卓に耳打ちした。

何か小声で命ぜられた呂布は、酒宴の上席のほうにいた司空(しくう)の張温(ちょううん)の髻(もとどり。髪の毛を頭の上で束ねた所)をいきなり引っつかむ。

その怪力で無造作に堂の外へと連れ去ると、しばらくしてひとりの料理人が異様な料理を捧げ、大きな盤を真ん中の卓に置いた。盤に盛られた物が張温の首だったので、みな震え上がってしまう。

董卓は、張温が南陽(なんよう)の袁術(えんじゅつ)と密かに通じていたため誅殺したのだと説明。この日の酒宴は早めに終わった。

(03)長安 王允邸(おういんてい)

宴席から帰った司徒(しと)の王允は、気を改めようと宵月の出た後園を歩いてみる。だが胸のつかえは取れず、池畔にかがみ込んで今日の酒を吐いてしまう。

その時、どこからかすすり泣く声が聞こえる。彼女は王允の苦悩を察して泣いていた。王允が邸内の牡丹亭(ぼたんてい)の辺りを見ると、18歳になる楽女(がくじょ)の貂蟬(ちょうせん)がいた。

ここで、貂蟬が王允のもとで養育されることになった経緯が語られていた。彼女は生みの親を知らず、襁褓(むつき。おしめ)の籠(かご)とともに市場で売られていたのだという。王允は、その幼少の貂蟬を求めてわが家に養い、珠を磨くように諸芸を仕込み楽女としたのだとも。なお井波『三国志演義(1)』(第8回)では、貂蟬が16歳になったばかりだとあった。

貂蟬から気遣う言葉をかけられると、彼女をなだめていた王允も涙が止まらなくなる。

貂蟬が胸中の憂いを打ち明けるよう促すと、王允は彼女を画閣(彩色を施した建物)の一室へ連れていき、堂中に座らせて頓首(とんしゅ。頭を地面に打ちつけて礼をして)再拝した。

突然のことに驚く貂蟬。しかし、世のために生命を捨ててくれるかと問われると、承知の旨を即答する。

そこで王允は、董卓を殺すための計について話し始める。それは、貂蟬を呂布に与えると欺き、わざと董卓のほうへ贈り、ふたりの間を裂いて争わせるというものだった。話を聴き終えた貂蟬は改めて引き受ける決意を語り、覚悟のほどを示す。

数日後、王允は秘蔵の黄金冠を七宝(しっぽう)で飾らせ、音物(いんもつ。贈り物)として使者に持たせると呂布の私邸へ送り届けた。

驚喜した呂布は喜びのあまり、さっそく赤兎馬(せきとば)に乗って答礼にやってくる。すでに歓待の準備を整えていた王允は自ら中門まで出迎え、堂上に請じて敬い拝した。

管理人「かぶらがわ」より

貂蟬という美女を用い、董卓と呂布の離間を図る王允。貂蟬は史実には見えない女性ですが、この吉川『三国志』を始めとする小説に欠かせない人物だと思います。

『三国志』(魏書・呂布伝)には、呂布が董卓の機嫌を損ね小さな戟(げき)で殴られた話や、呂布が董卓の侍女と密通していた話が見えます。『三国志演義』はこのあたりから話を膨らませたのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(02) 群星の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました