吉川『三国志』の考察 第136話 「鈴音(れいおん)」

207年、孫権(そんけん)の母の呉氏が大病を患い、娘(孫権の妹)のことを託して息を引き取った。

そして翌208年、孫権は母の遺言のひとつである劉表(りゅうひょう)配下の黄祖(こうそ)討伐に乗り出すが、ちょうど黄祖のもとを離れた甘寧(かんねい)がやってくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第136話の展開とポイント

(01)丹陽(たんよう。丹楊)

孫高(そんこう)と傅嬰(ふえい)はその夜すぐに50人の兵士を連れ、戴員(たいいん)の屋敷を襲って首を取る。

『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第38回)では、戴員も嬀覧(ぎらん)と同じく、徐氏(じょし)に宴会に招かれて(孫高と傅嬰の手で)殺されたとあった。

徐氏は喪服を着け亡夫の孫翊(そんよく)の霊を祭り、嬀覧と戴員の首を供えて誓う。

「お恨みは晴らしました。私は生涯、他家へは嫁ぎません」

この騒動を聞いた孫権(そんけん)は驚き、兵をひきいて丹陽に駆けつけると、孫翊の殺害にかかわった一類の者をことごとく誅殺。孫高と傅嬰を牙門督兵(がもんとくへい)に任じた。

井波『三国志演義(3)』(第38回)では、孫高と傅嬰は牙門将(がもんしょう)に任ぜられたとある。

また、弟の妻たる徐氏には禄地を与え郷里の家へ帰す。江東(こうとう)の人々は彼女の貞烈を称え、呉の名花と語り伝えて史冊にまで名を書きとどめた。

井波『三国志演義(3)』(第38回)では、孫権は徐氏を家に連れて帰り、先々の面倒を見ることにしたとある。

(02)呉城(ごじょう)

それから3、4年間の呉はしごく平和だったが、建安(けんあん)12(207)年の冬10月、孫権の母の呉夫人が大病にかかった。呉夫人は危篤の中、張昭(ちょうしょう)や周瑜(しゅうゆ)を呼び孫権の補佐を頼む。

そして孫権に末の妹のことを託すと、忽然(こつぜん)、息を引き取った。

ここで呉夫人が、自分の妹も後堂にいると言い、今後は母として仕えるよう孫権を諭していた。吉川『三国志』では先の第33話(06)で、呉夫人の妹も孫堅(そんけん)の側室として(名のみ)登場させていたが、正史『三国志』には見えない設定。

さらに呉夫人が、長男の孫策(そんさく)と三男の孫翊が亡くなり、残っているのは孫権と末の妹のふたりだけだと言っていたが……。これは孫権の弟の孫匡(そんきょう)を失念している。

しかも同じく先の第33話(06)では、(正室の)呉氏の妹にあたる寵姫が孫朗(そんろう)という男子と仁(じん)という女子を生んだ、ともしていたので、ここで妹(孫仁)のことに触れるなら、孫朗のことにも触れておくべきだろう。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞喜(ぐき)の『志林(しりん)』によると、孫堅の末子の孫朗は庶子であり、一名を孫仁と言った、とある。

つまり仁(孫仁)は孫朗の別名なのだが、吉川『三国志』ではそれぞれを別人として登場させており、このふたりを同母姉弟として扱っている。こういう事情があるため、読み手には孫権のきょうだいが把握しにくくなっていると思う。

吉川『三国志』の考察 第033話 「溯江(そこう)」
袁紹(えんしょう)と袁術(えんじゅつ)が仲たがいすると、長沙(ちょうさ)にいた孫堅(そんけん)は袁術から密書を受け取る。これを好機と捉えた孫堅は自ら船団をひきい、荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)を攻めるべく出撃した。第0...

孫権は父の高陵(こうりょう)の傍らに、棺槨(かんかく。柩〈ひつぎ〉。棺は死体をじかに入れる箱。槨は棺を入れる外側の箱と)衣衾(いきん。衣服と夜着)の美を供えて厚く葬る。歌舞音曲の止まること月余、ただ祭祠(まつり)の鈴音と鳥の鳴く声ばかりだった。

喪の冬は過ぎ、翌建安13(208)年に入る。孫権は早くも衆臣を集め、黄祖(こうそ)討伐を評議にかけた。

張昭は、まだ呉夫人の忌年も巡ってこないうちに兵を動かすのはいかがなものかと反対。一方で周瑜は、黄祖を討てというのは呉夫人のご遺言のひとつだったとし、喪にこだわることはないと賛成。

方針を決しかねていたところ、都尉(とい)の呂蒙(りょもう)が龍湫(りゅうしゅう)からやってきて、甘寧(かんねい)が亡命を求めていると伝える。

井波『三国志演義(3)』(第38回)では平北都尉(へいほくとい)の呂蒙とある。

甘寧は劉表(りゅうひょう)配下の黄祖のもとに留まっていたが、いくら功を立てても下役の端に飼われているにすぎなかった。

黄祖配下の蘇飛(そひ)はそのような彼を深く哀れみ、早く他国へ去り良主を求めるよう勧める。そして、甘寧を鄂県(がくけん)の吏として移すよう取り計らい、その時に逃げ去るよう言った。

井波『三国志演義(3)』(第38回)では、蘇飛は甘寧が邾県長(ちゅけんのちょう)に任ぜられるよう取り計らっている。

こうして甘寧は任地へ行く舟だと偽り、幾夜となく江を下り、ようやく呉の領土までやってきたのだという。孫権は登用を決めると、さっそく引見して黄祖打倒の計を聞く。

甘寧は荊州(けいしゅう)の現状を語り、江夏(こうか)の黄祖も衰えが目立ち、攻めればたちどころに崩壊するだろうと述べた。

話を聞いた孫権は周瑜に兵船の準備を言いつける。なお張昭は出兵を諫めたが、孫権は心を決めたと言い衆議を抑えた。

周瑜が大都督(だいととく)に任ぜられ、呂蒙を先手の大将とし、董襲(とうしゅう)と甘寧を両翼の副将として、10万の軍勢は長江(ちょうこう)をさかのぼり江夏へ押し寄せる。

ここで出てきた董襲は、先の第59話(03)であざなの元代(げんだい)として既出の人物。

(03)江夏

急報を受けた黄祖は蘇飛を大将とし、陳就(ちんじゅ)と鄧龍(とうりゅう)を先鋒として、江上で迎撃するべく兵船を押し出す。孫権軍は沔口(べんこう)を制圧し市街の湾口へ詰めていく。

黄祖軍は小舟を集めて江岸一帯に舟の寨(とりで)を作り、大小の弩弓(どきゅう)を一斉に射かける。散々に射立てられた孫権軍の船は針路を乱して逃げ惑い、水底に張り巡らされていた大縄に櫓(ろ)を奪われ、舵(かじ)を折った。

しかし甘寧が董襲と示し合わせ、決死の敵前上陸の合図を出すと、たちまち100余艘(そう)の早舟が江上に下ろされ、20人、30人と、死を物ともせぬ兵士たちが飛び乗る。

井波『三国志演義(3)』(第38回)では、ここで甘寧が敵の艨艟艦(もうしょうかん。突撃艦)に飛び移り、鄧龍を斬り殺したとあった。吉川『三国志』では鄧龍の死について触れていないようだ。

陳就は舟手の先陣が敗れたのを見ると、二陣へ退がって陸の柵(さく)を固めた。だが、いち早く上陸した呂蒙が陳就に一槍(いっそう)を見舞い、倒れたところを大剣で首を挙げる。

ここで舟手を救おうと、蘇飛が江岸まで馬を進めてきた。孫権軍の将士は功に逸(はや)って群がったが、蘇飛の周りに死屍(しし)を積み重ねるばかり。

すると潘璋(はんしょう)がまっすぐに近づき、馬上のまま引っ組むと、鞍脇(くらわき)に抱えて味方の船まで帰ってきた。孫権は蘇飛をにらみつけ、檻車(かんしゃ)に放り込み本国へ差し立てる。

ここで孫権は蘇飛を見て、「わが父孫堅を殺した敵将はこいつだ」と言っていた。だが先の第34話(02)では、孫堅の致命傷となった大小の岩石を落としたのは劉表配下の呂公(りょこう)ということになっていたはず――。なぜ蘇飛がここまで恨まれているのかはよくわからなかった。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (06) 赤壁の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました