吉川『三国志』の考察 第073話 「奇計(きけい)」

呂布(りょふ)は以前から曹操(そうそう)と通じていた陳登(ちんとう)の計略にはまり、蕭関(しょうかん)の関外で大規模な同士討ちを演じてしまう。

こうして蕭関で大敗を喫したうえ、徐州(じょしゅう)や小沛(しょうはい)も立て続けに失い、ついに下邳(かひ)へと追い込まれた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第073話の展開とポイント

(01)行軍中の呂布(りょふ)

陳登(ちんとう)は蕭関(しょうかん。蕭県〈しょうけん〉)を後にし、夜明けごろには呂布の陣へ戻ってきた。

さっそく呂布は蕭関の様子をただすが、陳登は、孫観(そんかん)や呉敦(ごとん)ら山野の賊頭に加え、陳宮(ちんきゅう)までが裏切りを謀っている様子だと答える。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第19回)では、陳登は呂布に、孫観らがそろって曹操(そうそう)に関を献上しようとしていると告げ、陳宮を残して守備させてきたと伝えていた。

呂布は陳登に一策を授け、再び蕭関へ差し向けた。

伝令と偽って陳宮に会い、何事でもいいからすぐに評議をし、なるべく酒に酔わせておくように、そして蕭関の城楼から火の手を上げ、乾(いぬい。西北)の門を開けておくようにと。

こうして呂布軍は日没ごろから徐々に移動し始め、全軍で蕭関へ向かった。

(02)蕭関

先に引き返した陳登は宵闇のとっぷりと迫ったころ蕭関に着き、馬を下りるやあわただしく一大事を告げる。

曹操の大軍が急に方向を変え、泰山(たいざん)の険や谷間を渡り、一斉に徐州(じょしゅう)へ攻め入ったというのだ。

陳登は陳宮に、速やかに手勢をひきいて徐州を助けに向かえ、との呂布の命を伝えると、すぐさま馬に飛び乗って闇の中へ駆け去る。

それから半時(およそ1時間)も経たないうちに、蕭関の守兵は続々と徐州へ向かった。するとガラ空きになった蕭関の望楼台に、馬を飛ばして駆け去ったはずの陳登が姿を現す。

陳登は密書を結んだ矢をつがえ、搦(から)め手(城の裏門)の山中へ射込む。真っ暗な山懐から、やがて松明(たいまつ)の合図が見えた。

しばらくして、おびただしい数の人馬が乾と巽(たつみ。東南)の両門から関に入ってくる。その後、また蕭関は墓場のような静寂に包まれた。

これを見届けた陳登は烽火を打ち上げる。関外10里(り)の所で合図を待っていた呂布は、一斉に蕭関へと駆け出した。

ところが全軍で道を急いでいると、同じような速度で蕭関から出てきた軍勢がある。何も知らずに徐州の救援に急行する陳宮だった。

そのまま両軍は大衝突を起こし、かつてないような酸鼻な同士討ちを演じてしまう。ようやく気づいたときには双方とも多数の死傷者を出しており、互いに呆然(ぼうぜん)とするばかりだった。

呂布は怪しみながらも陳宮の軍勢を併せ、ともに蕭関へ近づいたが、関から不意に曹操軍が飛び出してくる。

今度は陳登が引き入れた本物の曹操軍で、呂布と陳宮の兵は壊乱混走を重ね、またしても徹底的な打撃を受けてしまった。

(03)徐州

夜が明けてから陳宮と合流した呂布は、残り少ない味方を集めて徐州へ急ぐ。だが城門を駆け入ろうとすると、櫓(やぐら)の上から雨のような矢が降ってきた。

仰天して城楼を見ると、壁上に現れた糜竺(びじく。麋竺)が大声で罵る。ここで呂布は陳珪(ちんけい)に裏切られたことを初めて知った。

やむなく陳宮と小沛へ向かう。そこへ彼方から、張遼(ちょうりょう)と高順(こうじゅん)が小沛の兵を残らずひきいて駆けつけてくる。

小沛を守っていたふたりも陳登から、呂布が曹操の計にかかり重囲に陥ったと聞かされ、急いで徐州へ来たのだという。

陳宮はもう笑う元気も怒る勇気もなくなったようで、ほろ苦い唇を歪(ゆが)めて嘆き、横を向いた。

(04)小沛

呂布は陳宮の制止を聞かず、猛然と先に立ち小沛の城壁の下までやってくる。高櫓の陳登と城壁の下の呂布が罵り合っていたところ、後方の高順の陣が北から猛襲を受けた。

これは恐ろしく薄汚い混成軍に見えたが、勢いはすさまじい。関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)の手勢だった。

高順は味方を叱咤(しった)して張飛の前に立ちふさがったが、たちまち馬の尻(しり)に鞭(むち)打って壊走する味方の中に没し去る。

呂布は関羽と張飛に追いかけられるも、赤兎馬(せきとば)の駿足(しゅんそく)に一命を救われた。徐州を奪われたうえ小沛にも入れず、下邳(かひ)へと落ちていく。

戦は曹操の大勝に帰し、劉備は彼に言われて徐州へ戻り、以前のように徐州太守(じょしゅうたいしゅ)の座に直った。

(05)徐州

劉備は糜竺や陳珪に守られていた妻子と再会。久しぶりに一家君臣が一座に会す。

劉備が小沛離散後のことを尋ねると、関羽は海州(かいしゅう)の片田舎に隠れていたと答えたが、張飛はボウ蕩山(ぼうとうざん。山+芒)に逃れて山賊をやっていたと答え、人々の笑いを誘った。

『三国志演義大事典』(沈伯俊〈しんはくしゅん〉、譚良嘯〈たんりょうしょう〉著 立間祥介〈たつま・しょうすけ〉、岡崎由美〈おかざき・ゆみ〉、土屋文子〈つちや・ふみこ〉訳 潮出版社)によると「海州は後漢(ごかん)では徐州東海郡(とうかいぐん)に属す。なお、この地名は後漢・三国時代にはなかった。海州県が置かれたのは実際には南北朝(なんぼくちょう)時代の東魏(とうぎ)の時である」という。

この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「(ボウ蕩山の)実在の地名は芒碭山(ぼうとうざん)。芒山と碭山のふたつを合わせ称する」という。

数日後、中軍を会場に盛大な賀宴が開かれる。このとき曹操は自分の左の席を劉備に与え、右の席を陳珪に与えた。

さらに陳珪をねぎらい10県の禄を与えるとともに、息子の陳登を伏波将軍(ふくはしょうぐん)に任ずる。

歓語快笑の雰囲気で宴は進み、その中で呂布をどう生け捕るかという最後の作戦が、和気あいあいのうちに検討された。

曹操は程昱(ていいく)と呂虔(りょけん)の意見を聞き、呂布と袁術(えんじゅつ)が結ぶことを警戒する。

そこで山東(さんとう。函谷関〈かんこくかん〉以東の地域)の諸道は自軍をもって遮断すると言い、劉備には下邳から淮南(わいなん)への通路を警備するよう命じた。

劉備は即日兵馬を整え、徐州には糜竺と簡雍(かんよう)のふたりを留めると、自身は関羽・張飛・孫乾(そんけん)らを引き連れ、邳郡(ひぐん)から淮南への往来を断(き)りふさぐべく出発した。

ここで邳郡とあったが、下邳国(かひこく。下邳郡)という意味合いとは違うのかよくわからなかった。

(06)下邳の郊外

劉備は山を伝って山間を抜け、ようやく呂布の背面に回る。

要路の地勢を考え、まず柵(さく)を結い、関所を設け、丸木小屋の見張り所を建てて望楼を組み上げるなどし、街道はおろか、峰の杣道(そまみち。樵〈きこり〉が使うような道)や谷間の細道まで、獣一匹通さぬばかりの厳重な監視を極めた。

(07)下邳

冬が近づき、呂布は城を巡る泗水(しすい)の流れに逆茂木(さかもぎ)を引かせ、十分な武具や兵糧を城内へ運び入れたうえ、早く雪が山野を埋めることを天に祈っていた。

陳宮は冷笑して諫め、曹操の配備が整っていない今、ただちに逆寄せをすれば大勝を博するだろうと勧める。しかし、呂布は首を振り聞き入れない。

こうしているうちに曹操は早くも山東の境を扼(やく)し、当然のように下邳へ押し寄せると城下を大軍で取り囲んだ。

2日余りは矢戦をしていたが、やがて曹操自身が20騎ほどを従え、何を思ったか泗水の際まで駒を進め、呂布に会いたいと呼びかける。

管理人「かぶらがわ」より

陳登の仕掛けにことごとく引っかかる呂布と配下たち。これにより呂布は徐州と小沛を失い、とうとう下邳へ追い込まれてしまいました。このあたりの呂布討伐戦では陳珪と陳登の働きが特に目立ちますね。
吉川『三国志』の考察(全311話タイトル一覧)
吉川『三国志』の全311話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。(一)桃園(とうえん)の巻(第001話) 「黄巾賊(こうきんぞく)」(第002話) 「流行る童歌(はやるどうか)」(第003話...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました