吉川『三国志』の考察 第072話 「黒風白雨(こくふうはくう)」

呂布(りょふ)に占拠された小沛(しょうはい)から、かろうじて脱出できた劉備(りゅうび)。許都(きょと)を目指して単騎で逃げ延びるうち、孫乾(そんけん)と配下の数十騎が合流する。

そしてさらに道を急ぐと、梁城(りょうじょう)の近くで曹操(そうそう)自身がひきいる援軍に運よく出会えた。戦況を聞いた曹操はさっそく小沛の奪回に乗り出す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第072話の展開とポイント

(01)小沛(しょうはい)

城内が呂布軍(りょふぐん)に蹂躙(じゅうりん)されるに及び、劉備(りゅうび)は西門から脱出。小沛から遠く落ちたときにはただ一騎となる。

呂布は小沛を占領すると糜竺(びじく。麋竺)を呼び、劉備の妻子を預けた。そして、徐州城(じょしゅうじょう)へ移し固く守っているよう命じ、自分の佩剣(はいけん)を授け狼藉(ろうぜき)する兵は斬ってもよいと告げた。

呂布は高順(こうじゅん)と張遼(ちょうりょう)を小沛に留め、自身は兗州(えんしゅう)の境まで進み、威を振るって敗残の敵を狩り尽くそうとする。

しかし、関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)・孫乾(そんけん)らの行方を捜させたものの、彼らはついに網の目にかからなかった。

(02)逃走中の劉備

許都(きょと)を目指した劉備がただ一騎で旅を続けるうち、ある谷あいで孫乾と数十騎の味方に合流。こうして主従はなお道を急いだ。

(03)わびしき山村

劉備らが村にたどり着くと、うわさを聞いた老幼や女子どもまでが走り出て路傍に座り、その姿を拝し涙を流す。

村人たちは食べ物を捧げたり、ひとりの老媼(おうな)は着物の袖(そで)で劉備の泥沓(どろぐつ)を拭(ふ)いたりもした。

その夜、劉備らはある猟師の家に泊めてもらう。劉備が尋ねたところ、家の主は漢家(かんけ)の流れをくむ劉氏の苗裔(びょうえい)で劉安(りゅうあん)と名乗った。

劉安は肉を煮て供したが、劉備主従から聞かれると狼(オオカミ)の肉だと答える。

ところが翌朝の出発に際し、孫乾が馬を引き出そうと何気なく厨(くりや)をのぞくと、女の遺体があった。

驚いた孫乾がただすと、劉安は泣いて自分の妻であると明かし、家が貧しく供すべき物もなかったため、妻の肉を煮て捧げたのだと答える。

この話を聞いた劉備は都(許都)に上って仕官するよう勧めたが、劉安は病気の老母がいることを理由に断った。

ここで異例としながらも、著者の吉川先生ご自身が、劉安が妻の肉を煮て劉備に供したというくだりについて注釈を加えられていた。

(04)梁城(りょうじょう)の近郊

劉備が劉安の家を発ち梁城の近くまで来ると、彼方から来た曹操(そうそう)ひきいる大軍と巡り会う。曹操は劉安の義俠(ぎきょう)を聞くと若干の金を届けさせた。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第19回)では、劉備から話を聞いた曹操は孫乾に命じ、劉安のもとに金100両(りょう)を届けさせたとある。

(05)済北(さいほく)

済北に到着した曹操は、夏侯惇(かこうじゅん)から負傷した片目を食べてしまった話を聞き、許都へ帰って治療するよう言う。

夏侯惇が片目を負傷したことについては、前の第71話(09)を参照。

曹操は劉備とともに山東(さんとう。函谷関〈かんこくかん〉以東の地域)の境へ突出し、遥か蕭関(しょうかん。蕭県〈しょうけん〉)をうかがう。

蕭関の方面には、泰山(たいざん)の強盗群である孫観(そんかん)・呉敦(ごとん)・尹礼(いんれい)・昌豨(しょうき)らの賊将が手下のあぶれ者3万余を糾合し待ち構えていた。

(06)泰山

曹操が許褚(きょちょ)に先駆けを命ずると、孫観や呉敦らは馬首をそろえて応戦。だが、ひとりとして許褚の前に久しく立っていることができない。蕭関へと逃げ崩れる山兵は曹操軍の急追を受け、その死骸(しがい)が谷を埋め、峰を赤く染めた。

その間に曹仁(そうじん)は手勢3千余騎をひきい、間道を縫って小沛の搦(から)め手(城の裏門)から攻めかけていた。

(07)徐州

兗州から戻ったばかりの呂布だったが、小沛の急を聞き自ら防戦に向かう。陳珪(ちんけい)を城に残す一方、その息子の陳登(ちんとう)には従軍を命じた。

陳珪と陳登は密室に隠れ、呂布が徐州から出陣した後の手はずを整える。

呂布は閣外の勢ぞろいに遅れたことをとがめるが、陳登は留守の大役を案ずる父を励ましていたと答える。

父の陳珪が、今回の戦(いくさ)では事態が急に迫ったとき、にわかには城中のご一族や金銀兵糧を移すことができないと、ひどく心配していたとも話す。

これを聞いた呂布は糜竺を招き、陳珪とともに城に残り、わが妻子や金銀兵糧などをすべて下邳(かひ)へ移しておくよう言いつけた。

(08)行軍中の呂布

こうして小沛に向かっていた呂布のもとに、蕭関が危ないとの知らせが届く。そこで道を変え先に蕭関の敵軍を食い止めようとする。

すると陳登が諫め、先に数十騎を連れて蕭関へ行き、陣中の様子を見たうえで戻ってくると言い呂布の許しを得た。

(09)蕭関

陳登は陳宮(ちんきゅう)と臧覇(ぞうは。臧霸)に会って戦況を聞き、なぜか呂布が蕭関へ進もうとしないと告げる。訳がわからず、顔を見合わせる陳宮と臧覇。

その夜、陳登は密かに高櫓(たかやぐら)に登り、遥か曹操の陣地とおぼしき闇の火へ向かって一通の矢文を射込み、何食わぬ顔で戻っていく。

井波『三国志演義(2)』(第19回)では、ここで陳登は続けざまに三通の手紙を書き、闇に乗じて矢にくくりつけると関の下へ向けて放ったとある。

管理人「かぶらがわ」より

曹操自ら討伐に乗り出し、だいぶ苦しくなってきた呂布。その足元では陳珪と陳登父子の計略が着々と進行しています。

妻の肉を煮て客をもてなすという話は、確かに美談とは感じられませんでした。ですがこういった感覚の違いもまた、『三国志演義』が成立した当時の考え方として興味深いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました