吉川版『三国志』の考察 第197話 「短髪壮士(たんぱつそうし)」

雒城(らくじょう)郊外で奪取した敵陣に黄忠(こうちゅう)と魏延(ぎえん)を置き、ひとまず涪城(ふじょう)へ戻る劉備(りゅうび)。涪城では龐統(ほうとう)が留守を預かっていた。

漢中(かんちゅう)の張魯軍(ちょうろぐん)が葭萌関(かぼうかん)に攻め寄せたと聞くと、劉備は龐統の進言を容れ孟達(もうたつ)と霍峻(かくしゅん)を遣って守りを固める。ふたりの出発を見送った龐統が仮の住まいに帰ってくると、見知らぬ男が玄関で寝ていた。

第197話の展開とポイント

(01)涪城(ふじょう)

奪取した2か所の陣地に黄忠(こうちゅう)と魏延(ぎえん)の二軍を入れて涪水(ふすい)の線を守らせ、ひとまず劉備(りゅうび)は涪城へ帰った。このころ遠くへ行っていた細作(さいさく。間者)が戻り、蜀外(しょくがい)の異変を伝える。

呉(ご)の孫権(そんけん)が密使を送り、漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)に兵や軍需の援助を約束したのだという。これに力を得た張魯は、かねての野望を達せんと、漢中軍をもって葭萌関(かぼうかん)へ攻めかかっているとも。

劉備が龐統(ほうとう)の進言に従い孟達(もうたつ)を呼ぶと、孟達は、もともと荊州(けいしゅう)で劉表(りゅうひょう)の「中郎将(ちゅうろうしょう)」を務めていた霍峻(かくしゅん)を推薦する。劉備はこれを許し、即日、孟達と霍峻は葭萌関の守備に急いだ。

(02)涪城 龐統邸

孟達と霍峻の出立を励まし龐統が仮の屋敷に帰ってきたところ、門衛が変なお客が見えたと伝えに来る。身長は7尺(せき)もありそうだが、髪を短く切って襟の辺りに垂らしているのだと。また容貌が雄偉で、ひと口に言えば壮士なのだとも。

井波版『三国志演義』(第62回)では「身の丈8尺」とあった。

龐統が自分で見に行くと、玄関を上がった床に寝ている男がある。何者かと尋ねると、男はまず礼を尽くせと言う。その後に天下の大事を語るとも。

龐統は一室に導き、上座を与えて酒食を勧める。すると男は遠慮することなく、実によく食べ痛飲した。しかし、天下の大事はなかなか言いださない。そのうち飲むだけ飲むと、ごろりと横になり寝てしまった。

そこへ法正(ほうせい)が急ぎ足にやってくる。彼なら蜀の事情にも人物にも通じているに違いないからと、客が飲んでいる間に使いを遣って招いたのだ。

法正は男の寝顔をのぞき込むと、手を打って言った。

「『永年(えいねん)』だ。これは『永年』という愉快な男ですよ」

その声に目を覚ました永年。「何だ法正か」と、お互いにまた手を叩(たた)いて笑う。ふたりは親友なのだという。

この「彭ヨウ(ほうよう)」はあざなを「永年」と言い、蜀中の名士なのだと。ところが主君の劉璋(りゅうしょう)に直言を呈し、あまり強く諫めたため、官職を剝がれたうえ髪を短く切られ、奴(やっこ。召し使いの男)の仲間へ貶(おと)されてしまったのだとも。

龐統は彭ヨウに改めて礼を施し、法正も誘い涪城へ上がった。

井波版『三国志演義』(第62回)では、あざなが「永言(えいげん)」とあったが、ここにあるように「永年」とするのが正しい。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(髪を短く切られるというのは)『コン刑(こんけい。髟+兀)』のこと。肉体に加える刑罰のひとつ」という。

(03)涪城

劉備に会うと、たちまち彭ヨウは胸を開いて言う。

「小生がこの目で見るところでは、涪水の線にあるお味方は実に危ない死地にさらされている。あれはご承知のうえでのことか?」

黄忠と魏延の二陣である。理由を尋ねると、さらに彭ヨウは続けた。

「あの辺り一帯の平地は広袤(こうぼう)としてひと目にちょっと気づかれぬが、子細に地勢を察するなら湖の底にいるも同じだということがわかるはずだ」

「涪江の流れは数十里(り)の長堤に防がれておるが、ひとたび堤を切らんか、水は低きに従い、あの辺り一円深さ一丈(いちじょう)余の湖底と化し、ひとりも助かる者はあるまい」

「広袤」は広さの意。「広」は東西、「袤」は南北を指すという。ただ、ここにあるような「広袤として」という使い方で通ずるのかよくわからなかった。

劉備は驚き、龐統もさすがに悟った。劉備は彭ヨウを敬って幕賓となし、すぐに早馬を遣り、黄忠と魏延の陣に「堤防に心せよ」と警戒を命じた。こういう注意があったため黄忠と魏延は連絡を密にし、昼夜の巡見を怠らずにいた。

そのため雒城(らくじょう)の鋤鍬(すきくわ)部隊は毎夜のように堤防をうかがうものの、どうしても決壊に手を下すことができない。

(04)涪江の堤

こうしているうち一夜、雨風が激しく吹きすさんだ。「今宵こそは」と、5千の鋤鍬部隊が密かに堤へ近づく。

ところが思いも寄らず、後ろのほうから突如として伏兵が起こる。敵の数も動きもわからず、鋤鍬部隊は同士討ちを起こすやら、方角を間違え後戻りしてくるやらという状態に陥った。

そうした大混乱の中で、この夜の大将だった冷苞(れいほう)も見失ってしまう。冷苞は逃げ走る途中を魏延に待たれ、再び生け捕られてしまった。

冷苞が(以前にも)魏延に生け捕られたことについては、前の第196話(04)を参照。

蜀の呉蘭(ごらん)と雷同(らいどう。雷銅)は冷苞の身を取り返すべく雒城を出て追いかけたが、道中に黄忠が待っていて、これまた散々に追い退けられてしまう。そして翌日、冷苞は捕虜として涪城へ送られた。

(05)涪城

劉備は冷苞の不信を責めると、すぐに城外で首を刎(は)ねさせた。黄忠と魏延には賞状を送り、幕賓の彭ヨウにも結果を告げて、「実にあなたのひと言はわが軍に幸いした」と厚く礼遇した。

この前後、荊州から馬良(ばりょう)が着く。荊州の留守を預かる諸葛亮(しょかつりょう)の命を受け、はるばる書簡を携えてきたのだった。

管理人「かぶらがわ」より

謎の男、彭ヨウのひと言に救われた劉備。呉懿(ごい)の策は空振りに終わりましたが、自分たちのほうから堤を切るという策はどうなのでしょうね?

「呉懿」と彼が立てた策については、前の第196話(05)を参照。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】