吉川版『三国志』の考察 第262話 「淮河の水上戦(わいがのすいじょうせん)」

魏(ぎ)の大艦隊は広陵(こうりょう)に達し、曹丕(そうひ)は旗艦を長江(ちょうこう)へ進めて対岸の様子を探らせる。偵察から戻った者の報告によれば、ひとりの民すら見かけなかったとのことだった。

だが一夜明けると、快晴の対岸に数百里(り)にわたり様々な防御施設が出現する。これは呉(ご)の徐盛(じょせい)の計だった。それでも曹丕は引こうとせず、呉軍に決戦を挑む。

第262話の展開とポイント

(01)徐盛(じょせい)の本営

孫権(そんけん)にとって甥の孫韶(そんしょう)は、義理ある兄の子であり、また兄の家である兪氏(ゆし)の相続人でもあった。彼が死罪になれば兄の家が絶えることになる。

前の第261話(03)から引き続き、徐盛の本営がどこにあったのかわからない。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注には「『三国志』(呉書〈ごしょ〉・宗室伝〈そうしつでん〉)によれば、孫策(そんさく)にかわいがられ『孫』の姓を与えられたのは、孫韶の叔父の孫河(そんか)である」とあった。また「『演義』(第82回)に登場する『孫桓(そんかん)』はこの孫河の息子であり、したがって孫韶の従兄弟にあたる」ともあった。

なお井波版『三国志演義』(第86回)では、孫権が徐盛に、「この子(孫韶)はもとの姓を『兪氏』というが、亡兄(孫策)が非常にかわいがって『孫』の姓を賜った者であり、私にとっても功労者だ。いま彼を殺せば、亡兄に義理が立たないのだ」と話していた。

身は「呉王(ごおう)」の位置にあっても、軍律の重きことばかりは如何(いか)んともしがたいので、孫権はそのような事情まで語り甥の命乞いをした。

「大王の龍顔(本来は『天子〈てんし〉のお顔』の意)に免じて死罪だけは許しましょう。しかし戦後、改めて罰するかもしれません。それだけはお含みおきを」

王の言葉に対しては徐盛も譲歩せざるを得ない。孫権はそばにいる孫韶に言った。

「都督(ととく。ここでは『大都督〈だいととく〉』の意)にお礼を言え。拝謝せい」

だが孫韶は昂然(こうぜん)として、「嫌です!」と首を振る。そして反対に声を荒らげ、唾(つば)するように言い放つ。

「惰弱極まる都督の作戦には今後とも服しません。私が従わないのは軍律に背くかもしれませんが、呉国のためには最大の計であると信じております。この忠魂、何ぞ死を恐れんやです。まして初志を曲げるなど嫌なことです!」

これには孫権も呆(あき)れ果てたものとみえ、こう言い宮門へ帰ってしまった。

「このわがまま者め。徐盛。もう再び、このようなわがまま者は陣中で使ってくれるな」

するとその晩、「孫韶が部下3千を連れ、勝手に兵船を出し江を渡ってしまいました」との知らせが届き、徐盛の眠りを驚かせる。

徐盛は憤怒したが、見殺しにもできない。にわかに丁奉軍(ていほうぐん)4千を救援として追いかけさせた。

井波版『三国志演義』(第86回)では、このとき丁奉がひきいた軍勢は3千。

(02)広陵(こうりょう)

その日、魏(ぎ)の大艦隊は広陵まで進んでいた。先鋒の偵察船が河流を出て揚子江(ようすこう。長江〈ちょうこう〉)をうかがったものの、一小船の影も見えない。

曹丕は自ら敵の様子を見ようと、旗艦を河口から長江へ出し、船楼に上がって江南(こうなん)を眺めた。しかし、沿岸はどこを眺めても漆のような闇一色。蔣済(しょうさい)は、一挙に対岸へ攻め寄せてはどうかと勧める。

これを劉曄(りゅうよう)があわてて制し戒めた。

「実々虚々、鬼神も計るべからずと言う。そこが兵法であろう。功を焦らず、まず数日はよくよく敵の気色をうかがうべきであろう」

曹丕も劉曄の意見に同意。だが、敵地深くを探ってきた偵察船も戻ったものの、呉のどこの岸をうかがっても民さえおらず、部落も墓場のようだという。

五更(ごこう。午前4時前後)が近づくと、江上一帯に濃霧が立ち込めてくる。しばらくは咫尺(しせき。極めて近い距離。「咫」は8寸〈すん〉、「尺」は10寸)も見えぬ霧風と黒い波だけが渦巻いていた。

「霧風」については先の第207話(03)を参照。

しかし、夜が明けて日が高く昇ると、霧は吹き晴れ、対岸10里(り)の先も手に取るようによく見える快晴。

ひとりの大将から報告を受け、曹丕が船房より出て手をかざしてみると、呉の沿岸数百里の間は一夜にして景観を変えていた。

夕べまで一点の灯(ひ)もなく、一旒(いちりゅう)の旗も見られず、港にも部落にも人影ひとつ見えないとの報告だったのに、いま見渡せば、港には陸塁と水寨(すいさい)を連ね、山には旌旗(せいき)が満ち満ちて翻り、丘には弩弓台(どきゅうだい)や石砲楼がある。

また江岸の要所要所には、無数の兵船が林のごとく檣頭(しょうとう。帆柱の先)を集め、国防の一水ここにありと、戦気烈々たるものがあるではないか。曹丕は思わず長嘆を発し、敵ながら見事よ、と褒め称えた。

要するにこれは呉の徐盛が、江上から見えるあらゆる防御施設に草木や布を覆いかぶせ、住民をほかへ移したうえ、城郭に迷彩を施したりし、まったく敵の目をくらませていたもの。

そして曹丕の旗艦以下、魏の全艦隊が今や淮河(わいが)の隘路(あいろ)から長江へ出てくる気配を見たので、一夜に沿岸の偽装をかなぐり捨て敢然と決戦態勢を示したものである。

曹丕はにわかに下知して淮水の港へ引き返そうとした。だが、運悪く狭い河口の洲(す)に旗艦が乗り上げてしまい、日暮れまでその引き下ろしに混乱する。

ようやく船底が洲を離れたかと思うと、今度は昨夜以上の烈風が吹きだした。諸船は暗黒の中に戒め合いながら疾風にもまれていたが、そのうち船と船とが衝突。舵(かじ)を砕かれ帆柱を折られ、暴れすさぶ咆哮(ほうこう)の中に群船はまったく動きを失ってしまう。

(03)淮河の沿岸 曹丕の本営

船酔いした曹丕を文聘(ぶんぺい)が背負って小舟に跳び移り、辛くも淮河の懐をなしている一商港へ上がった。船酔いは土を踏むと、すぐ忘れたように治る。ここには魏の陸上本営があるので、そこへ入ったときはもう平常の曹丕らしく元気だった。

ところが深夜に至り、暴風雨の中を2騎の早打ちが着き、大事を伝える。

「蜀(しょく)の趙雲(ちょううん)が陽平関(ようへいかん)を出て、長駆わが長安(ちょうあん)を攻めてきました」

曹丕はまた色を失い、この夜のうちに水陸両軍へ総引き揚げを命じた。曹丕自身もいくらか風が収まるのを待ち、もとの旗艦へ立ち帰ろうとした。

すると、どこから江を渡ってきたのか3千ほどの兵が現れる。彼らは魏の本営に火を放ち、これを一撃に殺滅したうえ曹丕を追撃してきた。

味方の失火かと思っていたのが呉軍だったため、曹丕と左右の諸将は狼狽(ろうばい)を極め、見る間に討たれては屍(しかばね)の山をなす味方を捨て、何とか旗艦まで逃げ戻る。

(04)淮河

淮河の上流へ10里ほど漕(こ)ぎ続けると、たちまち左右の岸や前方の湖が一瞬にして火の海となった。この辺りには大船の影も隠れるほどな蘆(アシ)や萱(カヤ)が茂っていたが、呉軍はこれに大量の魚油をかけておき、今宵一度に火を放ったものである。

魏の大艦や小艇など数千艘(そう)は、両方の猛炎と波上を狂い回る油の火龍に、あちこちで焼け沈んだり爆発したりした。

翌日になっても、淮河の数百里の間は黒煙が濛々(もうもう)として、この帰結を見ることもできない。

管理人「かぶらがわ」より

いったい何がしたかったのかと思わせる曹丕の東征失敗。魏の参謀連の活躍も見えず、不可解なまでの大敗でした。やはり父の曹操(そうそう)ほどの采配は望むべくもないですね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】