吉川『三国志』の考察 第008話 「三花一瓶(さんかいっぺい)」

張飛(ちょうひ)は楼桑村(ろうそうそん)の劉備(りゅうび)を訪ね、自分の義兄弟の関羽(かんう)にも会ってほしいと頼む。

承諾した劉備が家を出ると、彼方から100人ほどの兵士が近づいてくるのが見えた。これにはどうやら張飛がかかわっているようだったが、そこへ当の関羽が武装して現れる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第008話の展開とポイント

(01)楼桑村(ろうそうそん) 劉備(りゅうび)の家

張飛(ちょうひ)は楼桑村の劉備を訪ね、その母に拝礼する。

ここで劉備が母に、張飛のことを「翼徳(よくとく)張飛という豪傑」と紹介していたが、この呼び方は気になった。「(名は呼ばず、)張翼徳どのと申される豪傑」などとしたほうがよかったのでは? とも思う。

ただ、小説としてはいちいち劉玄徳(りゅうげんとく。玄徳は劉備のあざな)や張翼徳と書かれるよりも、劉備や張飛と書かれているほうが読みやすいことも確か。あざなばかりで表記されたら読みにくいだろうし……。

張飛は関羽(かんう)のことを話し、一緒に彼の住まいまで来てほしいと頼む。母の言葉もあり、この頼みを承諾する劉備。

(02)楼桑村 劉備の家の近く

劉備と張飛が関羽の住まいへ行くため家を出ると、道の彼方から100人ほどの兵士たちが近づいてくる。これに張飛がかかわっているらしいと知り、驚く劉備。

ふたりが兵士に取り囲まれ立ち往生しているところへ、武装した関羽が馬に乗って駆けつける。関羽は兵士らに張飛の力量を語って聞かせ、その捕縛を自分に任せるよう言いくるめてしまう。

こうして捕吏と兵士が引き揚げた後、ここへ駆けつけた経緯を話す。

張飛から劉備の名が出たところですでに関羽は心を決めており、童学草舎(どうがくそうしゃ。関羽が教えていた村の寺子屋)を閉めたうえ、身ひとつとなってやってきたということだった。劉備は関羽と礼を交わし、自宅へ誘う。

ここで関羽が河東(かとう)解良(かいりょう)の産だと話していたが、正しくは河東(郡の)解(かい。解県)である。

(03)楼桑村 劉備の家

劉備は母に関羽を紹介し、その夜は張飛も交え4人で語り合った。関羽は、義挙の盟主に劉備を据える肚(はら)を決めていたが、彼が母親思いであることも知っていたため母の意向を尋ねる。

すると母はすべてを察した様子で、明日は大事な門出でもあるから、一生に一度の馳走(ちそう)をこしらえると告げた。

管理人「かぶらがわ」より

気のない返事をしていた関羽が、実は劉備を盟主として仰ぐ肚を決めていた。3人が顔を合わせるにあたり、よく練られた展開になっていたと思います。タイトルもきれいにまとまっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(01) 桃園の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました