吉川『三国志』の考察 第010話 「転戦(てんせん)」

劉備(りゅうび)ひきいる義勇軍は涿郡太守(たくぐんのたいしゅ)の劉焉(りゅうえん)から歓迎された。

ところが、青州(せいしゅう)の大興山(たいこうざん)で劉焉配下の鄒靖(すうせい)の先陣に加わってみると、わずか500余騎で5万もの黄巾賊(こうきんぞく)と対することになる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第010話の展開とポイント

(01)涿郡(たくぐん)の府城

劉備(りゅうび)は先に関羽(かんう)に書状を託し、幽州(ゆうしゅう)の涿郡太守(たくぐんのたいしゅ)である劉焉(りゅうえん)のもとに遣り、自分たち義勇軍の受け入れの可否を尋ねさせていた。

ここで涿郡の府城という呼称が出てきたが、これまでに出てきた涿県の県城との違いがわかりにくい。郡の役所を府城と呼んでいるだけかもしれないが、涿郡の郡治(郡の役所が置かれた場所)は涿県のはず。城(街)自体は同じ場所にあると思うが、府城とは別に県城があるようにも取れ、いくらか混乱した。

劉焉は劉備らを歓迎する態度を示したうえ、関羽が、義弟の張飛(ちょうひ)が捕吏や兵士を殺傷した件の免罪を乞うたため、それ以来、張飛を捕らえるための役人はやってこなかった。

張飛が捕吏や兵士を殺傷したことについては、先の第7話(03)を参照。ただ、そこでは捕吏自身は逃げ去っており、捕吏がひきいていた10人ほどの兵士の半数が殺害されたとあった。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第1回)では歓迎の宴についての記述はなかったものの、劉備が家系の由来を説明したところ劉焉が大いに喜び、彼を甥分とすることにしたとある。

ちょうどこのころ、青州(せいしゅう)大興山(たいこうざん)の付近一帯にいた5万以上と言われる黄巾賊(こうきんぞく)に対し、劉焉は配下の校尉(こうい)の鄒靖(すうせい)に大軍を付けあたらせていた。

劉備は関羽と張飛の言葉に同意し、劉焉の許しを得て鄒靖の先陣に加わることにする。

(02)大興山のふもと

劉備ら500余騎が日ならずして到着したところ、5万の黄巾賊は険に拠って利戦を策し、山あいや谷あいに散らばり長期戦に備えていた。

ここで劉備の部隊が200余人から500余騎に増えていたが、その経緯はよくわからず。劉焉が兵を付けてくれたわけではないようなので、さらに義勇兵が集まってきたと解釈すべきか?

なお井波『三国志演義(1)』(第1回)では、劉備らが楼桑村(ろうそうそん)を発つときに村の荒くれ者500人を引き連れていたとあった。そのためここに挙げたような疑問は感じられない。

劉備は長期戦を避け、一気に勝負を決するべく賊軍に挑む。初めは弓や弩(ど)で応戦する賊軍だったが、劉備らの兵が少数で正規兵にも見えなかったことから、柵(さく)を開いて出撃してくる。

張飛が賊の大方(だいほう)の程遠志(ていえんし)を討ち取り、関羽もその副将の鄧茂(とうも)を討ち取ると、賊軍はあわて乱れて山谷の中に逃げ込んだ。劉備らはこれを追撃。賊の首を1万余も挙げ、降人は容れて部隊に加えた。

井波『三国志演義(1)』(第1回)では程遠志を討ち取ったのが関羽で、鄧茂を討ち取ったのが張飛ということになっていた。

(03)涿郡の府城

劉備らが凱旋し劉焉の出迎えを受ける。ほどなく青州から早馬が着き、青州太守の龔景(きょうけい)の援軍要請を伝える。

ここでも劉備が援軍として赴くことを願い出ると、劉焉は喜んで鄒靖の5千余騎に加え、彼の義軍をその先鋒とした。

ここでの青州太守は官職としておかしい。青州刺史(せいしゅうのしし)などとすべきか? なお、龔景は正史『三国志』には見えない人物。

(04)青州(臨淄〈りんし〉?)の近郊

劉備は先の初陣で難なく勝利を収めたことから、数万の賊軍に500余騎で当たってみるが、危うく全滅を免れ30里(り)も退く。そこで関羽の献策を容れ、総大将の鄒靖とも相談し作戦を立て直す。

井波『三国志演義(1)』(第1回)では、この時の作戦を立てたのは劉備自身。

そして関羽は約1千の兵をひきいて右翼となり、張飛も同数の兵をひきいて丘の陰に潜む。本軍の鄒靖と劉備は正面から進み、敵の主力部隊に総攻撃の態を示しながら、頃合いを計りわざと逃げ乱れた。

図に乗った賊軍が陣形もなく追撃してくると、本軍が反転してぶつかり、丘陵の陰や広野の黍(キビ)の中から飛び出した関羽と張飛の両軍が敵の主力を包み込んでせん滅にかかった。

(05)青州(臨淄?)の城下

劉備らが逃げる賊軍を追い青州の城下まで迫ると、援軍の来訪に力を得た城内の青州兵が城門を開いて打って出る。賊軍は城下に火を放ったが、その炎を墓場として自滅するかのような敗亡を遂げた。

(06)青州(臨淄?)の城内

青州太守の龔景は鄒靖や劉備らを重く賞し、城内は三日三晩にわたり昼も夜も歓呼の音楽と万歳の声に満ちあふれた。

鄒靖は軍勢をまとめ幽州へ引き揚げたが、その際に劉備は、少年時代に教えを受けた恩師の盧植(ろしょく)が中郎将(ちゅうろうしょう)として広宗(こうそう)で戦っていることを伝える。

そして自分たちはこれから広宗へ行き、盧植の軍勢に加勢したいとして、劉焉への伝言を頼んで別れた。

(07)広宗 盧植の本営

兵士から劉備の来訪を伝えられても、すぐには思い出せない盧植。しかし、涿県の楼桑村で読み書きを教わったとも伝えられると思い出し、呼び入れて対面する。

ここで盧植が討匪将軍(とうひしょうぐん)の印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を帯びていたという記述があったが、史実の彼は北中郎将(ほくちゅうろうしょう)である。

劉備は参戦を許され、そのあと2か月ほど盧植の軍を援けていたが、賊軍は官軍の3倍の大軍を擁しているうえ、その強さも比較にならないくらい優勢であることがわかってきた。そのためかえって官軍のほうが守勢になり、いたずらに滞陣が長引いているという状況だった。

そのうち盧植は、このまま広宗にいるよりも、潁川(えいせん)に行き皇甫嵩(こうほすう)と朱雋(しゅしゅん。朱儁)の両将軍を援けてほしいと頼む。劉備は快諾。手勢の500に盧植が付けてくれた1千余の兵を加え、潁川へ急いだ。

(08)潁川 官軍の本営

劉備は朱雋に会い、盧植の牒文(ちょうぶん。文書を記すための薄い札〈牒〉に書かれた文)を示してあいさつした。しかし、朱雋は彼らが雑軍であったため冷淡な応対に終始する。

(09)潁川 官軍の前線にある陣地

劉備は、一面の原野と湖沼が広がっている地勢を見て一策を案ずる。

井波『三国志演義(1)』(第1回)では、ここで皇甫嵩が朱儁に火攻めを提案したことになっていた。

その夜、二更(にこう。午後10時前後)のころ、劉備は一部の兵を迂回(うかい)させ敵の後ろに回し、関羽や張飛とともに真っ暗な野を這(は)い敵陣へ近づく。そして、兵ひとりが10把(ぱ)ずつ背負っていた松明(たいまつ)に火を付けさせると一斉になだれ込んだ。

とそこへ、紅色の装備で固めた将にひきいられた5千騎の官軍が現れる。劉備が名乗ったところ、その将は旗本の7騎とともに近づいてきた。

「曹操(そうそう)」と名乗った将は、貴軍の火攻めの計に乗じ多数の賊を討つことができたと言い、劉備とともに勝利の凱歌を上げる。兵をまとめて本営へ引き揚げたが、その途中で劉備は曹操と話す時間を得、兵法と学識を備えた深みや広さのある人物だと感ずる。

(10)潁川 官軍の本営

朱雋は劉備の武功を喜ばず、すぐに広宗へ引き返し盧植軍に加勢するよう命ずる。しかも兵馬の休息はたったひと晩しか認めなかった。

井波『三国志演義(1)』(第1回)では、劉備らとその手勢がこの時の(長社県〈ちょうしゃけん〉での)戦いに加わっていたことにはなっていない。彼らが到着したのはすでに賊軍が退散した後だったとある。

管理人「かぶらがわ」より

初めての実戦を経験する劉備の義軍。広宗の戦場に颯爽(さっそう)と登場する曹操でしたが、紅色の装備というのは目立ちすぎなのでは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(01) 桃園の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました