吉川『三国志』の考察 第011話 「檻車(かんしゃ)」

官軍の将軍(しょうぐん)である朱雋(しゅしゅん。朱儁)の命に従い、潁川(えいせん)から広宗(こうそう)へと引き返す劉備(りゅうび)の義勇軍。

その道中、勅使の左豊(さほう)に陥れられた将軍の盧植(ろしょく)を護送していく檻車と遭遇する。盧植は劉備の学問の師でもあった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第011話の展開とポイント

(01)広宗(こうそう)への道中

朱雋(しゅしゅん。朱儁)の命により、潁川(えいせん)から広宗へ引き返すことになった劉備(りゅうび)の義軍。その道中、劉備らは檻車を引く300人ほどの官軍の一隊に出くわす。

劉備が潁川の陣地を引き払った後、「毎日、500の手勢と行軍を続けていても……」という一文があった。前の第10話(07)で盧植(ろしょく)が付けてくれた1千余の兵はどこへ行ったのか? 潁川に残してきたということだろうか?

隊将から事情を聴いた劉備は、関羽(かんう)からいくらかの銀を渡させ、盧植と話す許しを得る。

盧植は、軍監(ぐんかん)として戦況の検分に来た左豊に賄賂(わいろ)を渡さなかったため身に覚えのない罪をかぶせられ、軍職を褫奪(ちだつ。奪うこと)されたことを語った。

劉備は、官兵を皆殺しにして盧植を助けるという張飛(ちょうひ)を大声で叱りつける。やがて檻車は遠くへ去っていった。

(02)広宗と涿県(たくけん)への分かれ道

劉備は、盧植が捕らわれの身となり洛陽へ送られたことから、広宗に向かう意味がなくなったとしてひとまず郷里の涿県へ帰ることにする。

ここでも劉備に付き従う手兵は500余人だとあった。やはり盧植が付けてくれた1千余の兵は含まれていないようだ。

(03)涿県への道中

突然、山崩れでも起こったかのように、一方の山岳から鬨(とき)の声が聞こえてくる。

張飛に物見を言いつける劉備。戻った張飛は、広宗方面から逃げ崩れてくる官軍を、黄巾(こうきん)の総帥たる張角(ちょうかく)の軍が勢いに乗り追撃してくるものだと報告。

すぐさま劉備は迎撃を決断し、賊の追撃を山路で中断する。また、奇策を巡らせ張角の本軍までかく乱したうえ、勢いを挽回した官軍と合流して50里(り)余りも賊軍を追った。

このとき広宗から敗走してきた官軍の大将は董卓(とうたく)という将軍(しょうぐん)だった。ひと息ついた董卓は、不意に加勢してくれた部隊の部将を呼ぶよう命ずる。劉備が関羽と張飛を連れ面前へ進むと、董卓は席を与える前に姓名を尋ね、彼らの身分をただした。

すると劉備はむしろ無爵無官の身を誇るように、自分たちは正規の官軍ではなく、天下万民のために大志を奮い起こして立った、一地方の義軍であると答える。

董卓はにわかに態度を変え、同席することさえ自身の沽券(こけん)にかかわるというように、すぐさま帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)の中に隠れてしまった。これに不満を爆発させる張飛。しかし劉備に諭され、男泣きして悔しさを堪え忍ぶ。

その夜、劉備らは董卓の陣を去り、手兵500とともに漂泊(さすらい)の旅を続けた。一度は郷里の涿県へ帰ろうとした劉備だったが、関羽からあまりにも無意義だと言われ、張飛も今後は何事も我慢すると言ったので、再び潁川の朱雋の陣地を目指すことにした。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(01) 桃園の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました