吉川版『三国志』の考察 第207話 「漢中併呑(かんちゅうへいどん)」

【この記事をシェアする】

曹操(そうそう)は蜀(しょく)を手にした劉備(りゅうび)の動きを封ずるべく、まずは漢中の張魯(ちょうろ)攻めを決断する。

曹操は自ら大軍をひきいて遠征に臨み、策を用い陽平関(ようへいかん)を突破すると、敵方の楊松(ようしょう)を内応させ南鄭(なんてい)も陥す。張魯は降伏し、曹操は新たに漢中を版図に加えた。

第207話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 丞相府(じょうしょうふ)

「急に魏公(ぎこう。曹操〈そうそう〉)が、あなたと夏侯惇(かこうじゅん)のおふたりに内々に密議を諮りたいとのお旨である。すぐ府堂までお越しありたい」

賈詡(かく)の手紙を受け取った曹仁(そうじん)は洛中の屋敷から内府へ急ぐ。

井波版『三国志演義』(第66回)では、このとき曹仁と夏侯惇は許都におらず、曹操が使者を遣って呼び寄せたことになっている。

ここの政庁の府でも、彼は魏公の一門に連なる身なので、肩で風を切るような態度だった。どこの門も大威張りで通る。

だが、曹操のいる中堂の入り口まで来ると、「こらっ、待て!」と何者かに誰何(すいか)された。見ると、許褚(きょちょ)が狛犬(こまいぬ)のように剣をつかんで番に立っている。魏公はお昼寝中だから通ってはならないというのだ。

井波版『三国志演義』(第66回)では、夏侯惇よりひと足先に許都に到着した曹仁は、曹操に会うため夜中に丞相府にやってきたとある。また、このとき曹操はちょうど酒を飲んで寝たところであり、室内に入ろうとした曹仁を許褚が遮ったともあった。

曹仁はお昼寝中でも構わないと言うが、許褚はどうしても通さない。頑として入れなかった。

やむなく待っているうちに、ようやく曹操が昼寝から起きたとある。曹仁はやっと通され曹操に会うと、ありのまま話した。

聞くと曹操は、「それは『虎侯(ここう。許褚のあだ名)』らしい。彼のような男がいればこそ、予も枕を高くして臥(ふ)すことができる」と、かえって彼の忠誠を大いに褒めた。

まもなく夏侯惇が来て、賈詡も顔を出した。

井波版『三国志演義』(第66回)では、(許褚が曹仁の入室を遮った日から)数日も経たないうちに夏侯惇も許都に到着し、曹操は一緒に征伐について話し合ったとある。

曹操は3人をそろえてから、今日の用向きを語りだす。

「近ごろよくよく考えると、どうも蜀(しょく)をあのまま放っておくのは将来の大患だと思う。何とか今のうちに、玄徳(げんとく。劉備〈りゅうび〉のあざな)を蜀から切り離す方法はないだろうか?」

夏侯惇は、それをなすにはまず漢中(かんちゅう)が問題になると言い、今なら一鼓して討ち破れるだろうとの見解を述べる。

曹操が、西征の大旅団を編制して張魯(ちょうろ)を討つかと言いだすと、賈詡も言った。

「あそこを取れば、蜀の兵は扉の口を封じられた糧倉の鼠(ネズミ)のようなもので、中で居食いを続けていても、その運命は知れたものです」

(02)漢中

漢中は騒動した。とりわけ張魯と一門は連日の軍議に追われる。魏の大軍が三手に分かれてくるという。一手は夏侯惇、一手は曹仁、一手は夏侯淵(かこうえん)と張郃(ちょうこう)。そして曹操自身も中軍にあると。

井波版『三国志演義』(第67回)では、夏侯淵と張郃が先鋒、曹操自身が諸将をひきいて中軍、曹仁と夏侯惇が後詰め、という三手に分かれていた。

この動きに対し張衛(ちょうえい)を大将に、楊昂(ようこう)や楊任(ようじん)などが続々と陽平関(ようへいかん)へ向かった。

(03)陽平関の関外

陽平関は、その左右の山脈に森林を擁し、長いすそ野には諸所に険阻もあり、一望雄大な戦場たるにふさわしかった。関を隔つこと15里(り)、すでに魏の西征軍の先鋒は陣地を構築し始めている。

この陽平関の序戦では魏の先鋒が大敗を喫した。敗因は魏兵が地勢に暗かったことと、漢中軍がよく奇襲を計り敵を各所で寸断し、孤立した軍を捉(とら)えてはせん滅を加えるという戦法に出たことが奏功したものとみえた。

「若い若い。汝(なんじ)らの攻撃を見ていると、まだまるで児戯に等しい」

曹操は、前線からなだれ打って逃げてきた先鋒の醜態に怒り、夏侯淵と張郃に言った。そして自ら先陣を編制し、許褚と徐晃(じょこう)を従え一高地へ上った。

しかし、曹操が張衛らの布陣を見ていたところ、背後の山から驟雨(しゅうう)のように矢が飛んでくる。驚いて振り返ると、敵の楊昂・楊任・楊平(ようへい)などの旗印がふもとの退路を断ちにかかっていた。

「楊平」の名は(正史の)『三国志』や『演義』に見えない。

この日から翌日にかけ、またしても魏軍は莫大(ばくだい)な兵を損じた。3日目にも挽回がつかず、曹操も苦戦に陥り、万死のうちに一生を拾って逃げ帰ったほど。

陣を70里ほど退き、対峙すること50余日。曹操は「ひとまず許都へ帰って出直そう」と触れた。一夜のうちに魏の旌旗(せいき)は忽然(こつぜん)と搔(か)き消えた。

漢中軍の帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)では、「今こそ退く魏兵を追い、徹底的にせん滅すべし」となす楊昂の説と、「いやいや、曹操は謀計の多い人物だ。うかとは追えない」という楊任の説とが対立。

結局、楊昂は我説を張り、ついに五寨(ごさい)の軍馬を挙げ追撃に出てしまった。漢中の破滅はこれが重大な一因をなす。せっかくここまで勝ち続けていたものを、曹操の計に乗り一遍に無にしたものだった。

この日は「霧風」という、大陸的な気流の激しい中に咫尺(しせき。極めて近い距離。「咫」は8寸〈すん〉、「尺」は10寸)も分かたぬほど濃霧が立ち込めていたのである。

楊昂の軍勢が出た夕方、陽平関の下で開門を求める軍馬があり、味方が帰ったものと考えて門を開くと、魏の夏侯淵が3千の精鋭を連れ突き入ってきたのだ。

井波版『三国志演義』(第67回)では、このとき夏侯淵が突き入ったのは陽平関ではなく「楊昂の砦(とりで)」。楊昂の5つの砦の守兵が逃げ出した後、敗報を聞いた張衛も陽平関を放棄し、みなで南鄭(なんてい)へ逃げ帰ったとあった。

夜に入ったうえに留守は手薄だったため、炎の城頭高く、たちまち魏の旗が立てられてしまった。総司令の張衛はいち早く南鄭へ逃げ落ちる。

楊昂は後方の火の手に驚いて追撃をやめ、あわてて引き返してきたが、その途中で許褚の手勢に捕捉(ほそく)され完膚なきまでに粉砕された。楊昂自身も、あえなく屍(しかばね)を野にさらしてしまった。

井波版『三国志演義』(第67回)では楊昂を討ち取ったのは「張郃」。

残る楊任も、張衛の後を追って南鄭関へ逃げ延びたが、この惨めな敗戦に張魯が激怒。「それ以上退く者は即座に首を刎(は)ねる」と、厳重な督戦令を出した。

そのため楊任は再び陽平関を指して戦いに行ったが、途中で猛進してきた夏侯淵と出会い、これもまたあえなく路傍に戦死してしまった。

井波版『三国志演義』(第67回)では、楊任自身が討たれる前に、配下の部将の昌奇(しょうき)も夏侯淵に討たれたことになっている。だが、吉川版『三国志』では「昌奇」を使っていない。

曹操の大軍は切り開く先鋒の快速に続いて陽平関を抜き、南鄭関までひと息に来てしまった。

(04)漢中

漢中の府はすでに指呼の間にある。張魯は事態の重大に震え上がり、文武の百官に大呼した。

「今や存亡の最後に迫った。誰かこの危急にあたって漢中を救う者はないか?」

すると閻圃(えんほ)が、龐徳(ほうとく。龐悳)しかいないと叫ぶ。すでに馬超(ばちょう)はこの国にいないのに、その一族の龐徳だけが、どうしてひとり漢中に残っているのか?

龐徳は馬超の腹心には違いないが、「その一族」とまでは言えないのでは?

いぶかる者もあったが、もちろん張魯は知っていた。馬超が葭萌関(かぼうかん)へ向かったとき、龐徳は病のため行を共にしなかったのである。その後は病も癒え、近ごろは元気だという。

馬超が葭萌関へ向かったことについては、先の第203話(02)を参照。ただし、そこでは龐徳の病には触れていなかった。

張魯は膝(ひざ)を打ち閻圃の進言を容れ、すぐ呼びに遣る。龐徳は重大な命を受けるや、1万余騎をひきいて前線へ赴いた。

(05)南鄭関の関外

龐徳きたると聞くと、曹操は何とかして手捕りになし、魏の味方にしたいものだ、と全軍の諸将へ内示する。

これを受け、諸軍はもっぱら神経戦に持ち込む。数段に備えを立て、いわゆる車掛かりとなって、順番に接戦しては退き、新手が出てはすぐ次に代わるという戦法を採った。

しかし、龐徳は疲れない。この間にさえ許褚と馬を駆け合わせ、烈戦50余合(ごう)に及んで勝負なしに引き分けながら、なお余裕しゃくしゃくとして次の備えに当たっていた。

ここで賈詡が一計を献ずる。そのせいか翌日の魏軍は崩れ立ち、十数里退いた。龐徳は魏の陣屋を占領したが、いつになく敵の勢いに手ごたえがないので、決して油断はしていない。

果たせるかな、その夜半、魏の大軍が四方から起こってきた。龐徳は「その策には乗らぬ」とばかり、鮮やかに南鄭の城内へ引き揚げた。

占領した魏の陣屋にはたくさんの兵糧や軍需品があったので、それらの鹵獲品(ろかくひん)はみな先に城内へ搬入させていた。

ところが、この戦利品を搬入する雑軍の中に魏の間諜(かんちょう)が混ざっていたものとみえ、城内にある楊松(ようしょう)の屋敷を訪ねていた。

(06)南鄭 楊松邸

「手前は魏公曹操の腹心の者ですが……」と、男はひるみもなく正面を切る。そして、肌に着けてきた黄金の胸当てと曹操直筆の書簡を取り出し、「まずはご一覧ください」と言った。

楊松は漢中の重臣だが常に賄賂(わいろ)を好み、悪辣(あくらつ)な貪欲家(どんよくか)として有名な者だった。黄金の胸当てを見ると目を細め、垂涎(すいぜん)せんばかりな顔色を示した。

のみならず曹操の書簡には、彼が夢想もしなかった恩爵の好餌(こうじ)をもって裏切りを勧めてある。一も二もなく、楊松は内応を約した。

(07)漢中

楊松は漢中へ行き、すぐ張魯に龐徳の讒言(ざんげん)を呈する。彼は本気で戦っていない。曹操と内通しているかもしれないので、お調べになる必要があると。

このあたりでは「南鄭関(城)」と「漢中」が別の場所のように描かれていたが、漢中郡の郡治(郡の役所が置かれた場所)が南鄭県だったのであり、両者は同じ場所を指しているはず……。

張魯は、この佞弁(ねいべん)に乗せられ龐徳を呼び返した。龐徳が取るものも取りあえず帰ってみると、張魯は思いも寄らない怒り方で、果ては首を刎ねんと罵った。

傍らの閻圃が執り成したので、張魯は一命を預けておくとした。龐徳は怏々(おうおう)と楽しまぬものを抱き、是非なく再び戦場へ出る。

(08)南鄭関の関外

こうして龐徳は、あえて無謀な戦闘に突入。単騎で敵陣深くへ斬り入り帰ろうとしなかった。

その時、丘の上から曹操が呼びかける。

「龐徳、龐徳。どうして急に犬死にを焦るか。なぜわれに降伏し、大丈夫(だいじょうふ。意志が堅固で立派な人物)の命を全うしようとしないのだ」

龐徳は丘に向かって馬を躍らせたが、そのふもとで忽然と影を失う。深さ20尺もある落とし穴へ馬もろとも落ちてしまったのである。

龐徳は降伏し、その日から曹操の一臣に列した。

(09)漢中

伝え聞いた張魯は「楊松の言った通りだ」と、いよいよ楊松を信頼し何事も彼に諮った。

だが、もう南鄭も落城し、漢中市街は曹操軍の鉄環に包まれんとしている。すでに外郭の防御も放棄し味方が四散しだしたと知ると、張衛は焦土作戦を主張したが、楊松は反対して無血譲渡を勧めた。

張魯は転倒の中にも、「国財は民の膏血(こうけつ。苦労して手に入れた収入)から生まれた国家の物である。私にこれを焼棄するは天を恐れぬものだ」と、よく事理を分別。

そこで、城内の財宝や倉廩(そうりん)にことごとく封を施し、一門の老幼を連れ、その夜の二更(にこう。午後10時前後)ごろ南門から落ち延びた。

漢中占領後、曹操は言った。

「官庫の財宝を封印して兵火や略奪から救い、そのまま次代の司権者に渡すとなした行いは、けだし張魯一代の善行と言えよう。神妙な仕方と言うべきだ」

そこで人を巴中(はちゅう)へ遣り、降参するなら一族は保護してやろう、と言い送った。

(10)巴中

楊松は曹操の申し入れに応ずるよう勧めたが、張衛は何としても聞かない。勝ち目のない抗戦を続け、われから求め討ち死にしてしまった。

井波版『三国志演義』(第67回)では、張衛を討ち取ったのは「許褚」。

曹操が残敵を掃討しながら巴中へ出馬してきた折に、張魯は城を出て、ついにその馬前に拝伏した。もちろん楊松がそばについていた。彼は内心、自分の功を非常に高く評価している顔つきである。

ところが彼には目もくれず、曹操は馬を下り張魯の手を取った。そして慰めて言う。

「倉廩を封じて兵燹(へいせん。戦争のために起こる火事)から救われたことは、まさに天道の嘉(よみ)するところである。曹操はそのお志に対し、足下(きみ)を『鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)』に封ずるであろう」

なお曹操は、張魯の旧臣のうち5人を選んで「列侯(れっこう)」に加えたが、その中に閻圃の名はあったが楊松の名はなかった。

楊松は密かに自負した。

「おれにはもっと大きな恩爵が、やがて沙汰されるに違いない」

(11)漢中

漢中平定の祝賀日、街の辻(つじ)で首斬りが行われた。罪人の首は細々と痩せている。意外にもそれが楊松だった。

管理人「かぶらがわ」より

漢中の平定を果たし新たに龐徳を配下に加えた曹操。降伏した張魯を厚遇する一方、国を売った楊松は容赦なく切り捨て。

吉川版『三国志』には楊松タイプの人物が何人も出てきます。呂布(りょふ)に斬られた牛輔(ぎゅうほ)の腹心の胡赤児(こせきじ)とか、曹操に処刑された苗沢(びょうたく)とか。いつの時代も、欲に目がくらむと手痛い目に遭うものなのですね……。

胡赤児の最期については先の第41話(02)を参照。

苗沢の最期については先の第181話(09)を参照。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】