吉川『三国志』の考察 第084話 「偽帝の末路(ぎていのまつろ)」

袁術(えんじゅつ)の北上を食い止めるという名目で軍勢を借り受け、ついに許都(きょと)から離れることができた劉備(りゅうび)。

そして徐州(じょしゅう)において袁術軍を大破すると、一時は強大な勢力を誇った袁術も、各地をさまよった末に吐血して果てた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第084話の展開とポイント

(01)徐州(じょしゅう)

かねて董承(とうじょう)らの義盟に名を連ねていた西涼太守(せいりょうたいしゅ)の馬騰(ばとう)。劉備(りゅうび)が都(許都〈きょと〉)を脱出してしまったので、本国に胡族(えびす)の襲来があったと触れ、にわかに西涼へ帰る。

建安(けんあん)4(199)年6月、すでに劉備は徐州に到着していた。徐州城には、先に曹操(そうそう)が仮の太守として車胄(しゃちゅう)を留めていた。

劉備は車胄に曹操の意向を伝えたうえ、急速かつ密かに袁術(えんじゅつ)の近況と淮南(わいなん)の情勢を調べてほしいと頼む。

ここでの劉備と車胄とのやり取りの中で、曹操が劉備に付けたふたりの部将が朱霊(しゅれい)と露昭(ろしょう)であることに触れていた。なお、露昭については正史『三国志』では路招とあり、『三国志演義』では路昭とある。

劉備は糜竺(びじく。麋竺)や孫乾(そんけん)らと再会し、車胄が設けた宴席に臨む。そして糜竺や孫乾らとともに城を出て、久しぶりに妻子のいる旧宅へ帰った。

(02)徐州 劉備邸

まず劉備は老母の部屋へ行き、帰還を報告。さらに、許都に上った際に天子(てんし。献帝〈けんてい〉)に拝謁することができ、長らく埋もれていたわが家が再び漢家(かんけ)の系譜に記録され、いささか地下の祖先の祭りもできるようになったと伝えた。

続いて妻子たちとも再会。やがて一堂は団欒(まどい)ににぎわい、いつしか劉備もその中に溶け入り、他愛ない家庭人になりきっていた。

(03)淮南

袁術は自ら皇帝(こうてい)と称して、居殿や後宮もすべて帝王の府に擬し莫大(ばくだい)な費えをかけていた。そのため民に重税を課し、暴政のうえにまた暴政を敷くという無理をしなければ、その維持もできない状態になっていた。

当然ながら民心は背き、内部はもめる。配下の部将の雷薄(らいはく)や陳蘭(ちんらん)なども、これでは行く末が思いやられると、嵩山(すうざん)へ身を隠してしまう。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・袁術伝)によると、雷薄と陳蘭がいたのは灊山(せんざん)だとある。

これに加え近年の水害で、まったく国政は行き詰まった。そこで袁術が起死回生の一策として思いついたのが、河北(かほく)の兄の袁紹(えんしょう)へ持て余した帝号と伝国の玉璽(ぎょくじ)を押しつけ、いよいよ身を守ることだった。

袁術は袁紹から内諾を得ると浅はかにも一切の人馬を取りまとめ、水害に飢えて動けない民だけを残し淮南から河北へ移ろうと決める。

皇帝の御物(帝室所有の宝物)や宮門の調度だけでも数百輛(りょう)の車を要す。後宮の女人を乗せた駕車(がしゃ)や一族老幼を乗せた驢(ロ)は延々数里(すうり)にわたった。

これに騎馬や徒歩の軍隊が続き、将士の家族や家財まで従っていくので、前代未聞の大規模な引っ越しとなる。その大列は北へ北へと移動し、やがて徐州に差しかかった。

(04)徐州

劉備は朱霊と露昭を左右に備え、総勢5万の軍勢で待ち受ける。

袁術の先鋒の紀霊(きれい)が打って出ると、張飛(ちょうひ)が応じて10合(ごう)ばかり戦い、たちまち紀霊を一槍(いっそう)に刺し殺す。

袁術の麾下(きか)は次々と討ち減らされたうえ、乱れ立った後方から一彪(いっぴょう)の軍馬が中軍を猛襲し、兵糧や財宝、婦女子などを車ごと略奪していく。この盗賊軍は先に嵩山(ここも灊山とすべきか)へ隠れた陳蘭や雷薄などの輩(ともがら)だった。

怒った袁術は自ら槍を持ち狂奔していたが、顧みると味方の先鋒は壊滅しており、二陣も蹴(け)破られ、黄昏(たそがれ)かけた夕月の下に数えきれない味方の死体が見えるばかりだった。

(05)江亭(こうてい)

袁術は昼夜も分かたず逃げ出したが、途中で強盗や山賊のたぐいに脅(おびや)かされ、強壮な兵は勝手に逃げ散ってしまい、ようやく江亭まで引き揚げてくる。

味方を数えてみると1千人にも足らず、その半数が肥え膨れた一族の者や物の役に立たない老吏、それに女子どもだった。

時は(建安4〈199〉年の)大暑の6月で、その困苦はひとかたでない。10里行けば10人減り50里行けば50人減っていく。袁術は一族の老幼や日ごろの部下たちも惜しげなく捨てて逃げた。

それでも、幾日が落ちていくうちに持っていた兵糧もなくなる。麦のすりくずを食べて3日も忍んだが、もうそれすらもなくなった。餓死する者は数知れない。

揚げ句の果て、着ている物まで野盗にはぎ取られてしまい、よろ這(ば)うごとく十数日かを逃げ歩いた。彼のそばには甥の袁胤(えんいん)ひとりしか残っていなかった。

ここで、ようやくふたりは一軒の農家を見つける。袁術は農夫に蜜水(みつすい)がほしいと言うが、血水ならあるが、蜜水などあるものかと突き放されてしまう。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第21回)では、袁術に蜂蜜水などないと言ったのは(袁術配下の)料理人。

袁術は、もはやひとりの民も持たない国主、一杯の水を恵む者もない身になったことを悟って号泣。そしてカッと口から2斗(と)の血を吐くと、朽ち木が倒れるかのように死んでしまった。

(06)廬江(ろこう)

袁胤は泣く泣くその屍(しかばね)を埋め、ひとりで廬江方面へ落ちていく。ところがその途中、徐璆(じょきゅう)が彼を捕らえて伝国の玉璽を見つける。徐璆は拷問にかけ、袁術の最期の様子を自白させた。

さらにこのことを文書で曹操に知らせ、併せて伝国の玉璽も送ったところ、功により広陵太守(こうりょうのたいしゅ)に任ぜられた。

『三国志演義』では、徐璆が高陵太守に任ぜられたとあった。

(07)徐州

劉備は所期の目的を果たしたため、朱霊と露昭のふたりを許都へ帰らせる。だが曹操から借りた5万の兵は、境を守るためにと称して徐州に留めた。

(08)許都

朱霊と露昭は許都へ帰り、劉備の言葉をそのまま曹操に伝える。曹操は烈火のごとく怒り、許しを待たずになぜ徐州に兵を残してきたのかと、即座にふたりの首を刎(は)ねようとした。

これを荀彧(じゅんいく)が諫め、このうえは車胄に謀略を授け、今のうちに劉備を討つのみだと言う。曹操はその言を容れ、密かに車胄に一書を送り策を授けた。

管理人「かぶらがわ」より

皇帝を僭称(せんしょう)した袁術でしたが、ここで悲惨な最期を迎えることに……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (04) 臣道の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました