吉川『三国志』の考察 第089話 「不戦不和(ふせんふわ)」

徐州(じょしゅう)の劉備(りゅうび)を攻めていた曹操(そうそう)配下の劉岱(りゅうたい)だったが、張飛(ちょうひ)の策にはまり生け捕られる。

だが劉備は、先に関羽(かんう)の手で生け捕っていた王忠(おうちゅう)ともども解放し、自分は曹操に敵対する意思がない旨を伝えてほしいと頼む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第089話の展開とポイント

(01)徐州(じょしゅう)の郊外

張飛(ちょうひ)は劉備(りゅうび)の許しを得ると、3千の兵をひきいて曹操(そうそう)配下の劉岱(りゅうたい)の生け捕りに向かう。

だが、劉岱は陣門を固く守って出ず、短兵急に押し寄せた張飛も手の下しようがない。毎日、寨(とりで)の下まで行っては、士卒をけしかけて悪口雑言を浴びせたが、敵は首さえ出さなかった。

そこで張飛は今宵の二更(にこう。午後10時前後)のころに夜討ちをかけるとして、準備を整えておくよう命ずる。これが済むと昼から士卒に酒を振る舞い、張飛自身もしたたか飲んだ。

そのうち、科(とが)のないひとりの士卒を散々に打擲(ちょうちゃく)した揚げ句、大木の上にくくっておけと言いつける。晩の門出に軍旗の血祭りに供えるとも言う。

すると夕闇を這(は)い木を登ってきた別の士卒が、何か耳元でささやいた後、くくられていた士卒の縄目を切る。ふたりは陣を脱走し、闇にまぎれてどこかへ去った。

まだ軍営で酒を飲み続けていた張飛はひとりの伍長(ごちょう)から、懲罰に処した士卒が逃げ出したとの知らせを受ける。しかし伍長を責めず、それでいいと言って笑う。

やがて二更のころ、張飛は3千の兵を3つに分け、そのひとつは間道を忍び、そのひとつは山を越え、そのひとつは止まって敵の前面に向かう、とそれぞれに命ずる。

この命令が伝わると、まず夜靄(よもや)の中に2千の兵が動く。張飛は残る1千の兵とともに留まり、なお一刻(30分?)ほど酒壺(しゅこ)を離さず、時折、星の移行を測っていた。

劉岱の寨では張飛側の脱走兵から今夜の夜討ちを聞き、ひどく緊張していた。それでも劉岱はこの密告が信じきれず、自らふたりの脱走兵を取り調べる。

科もないのに打擲されたという脱走兵を裸体(はだか)にさせると、顔や手足ばかりでなく、背にも臂(ひじ)にも縄目の跡がアザになっていた。疑い深い劉岱も半分以上は信じてきたが、心を決めかね夜討ちへの備えを怠っていた。

そうしていると二更を少し過ぎたころ、寨内に夜襲を知らせる警板の音が鳴り響く。劉岱は前面から襲ってきた敵を防ぎに出る。

張飛は崩れた味方と火に巻かれ逃げ惑っていたが、劉岱が追ってくるのを見ると馬を向け、手捕りにしようとおめきかかった。

劉岱は逃げ足だっていた敵が攻勢に転じたことを不審に思い、あわてて味方の陣門へ引き返そうとしたが、もはや手遅れ。

正面の寄せ手は張飛の兵の3分の1にすぎず、3分の2は寨の後ろや側面の山に回っていて、それが機を見て一斉になだれ込んできたため、すでに寨は奪われていた。

張飛はうろたえている劉岱を見つけて引っつかみ、連れて帰るよう士卒に命ずる。

その縄尻(なわじり)は、彼の命によってわざと陣を脱走し、劉岱に今夜の夜襲を密告したふたりの兵卒が持った。

残りの敵兵もあらかた降伏したので、張飛は寨を焼き払い、劉岱以下、多くの捕虜を引き連れて徐州へ帰る。

(02)徐州

劉備は戦況を聞くと限りなく喜び、手際を褒めた。そして自ら張飛らを城外まで出迎え、劉岱の縄目を解いてやると一閣に案内する。

劉備は、先に捕らえた王忠(おうちゅう)と新たに捕らえた劉岱のふたりに、改めて自分は曹操に背く気がないと言い、この衷情をくれぐれも丞相(じょうしょう。曹操)へ厚く伝えてほしいと頼む。

翌日、劉備は劉岱と王忠を城外へ送り出し、捕らえた部下たちもみな返してやった。ふたりは兵をまとめて許都(きょと)へ引き揚げたが、途中で張飛の手勢に襲われる。

ふたりが震え上がっていたところへ関羽(かんう)が一騎で駆けつけ、張飛を大声で叱った。劉岱と王忠は重ねがさねの恩を謝し、頭を抱えんばかりの態で許都へ逃げ帰った。

その後、劉備は徐州が守備に不利なため小沛(しょうはい)に拠ることにし、妻子一族は関羽に預け、かつて呂布(りょふ)のいた下邳(かひ)へと移す。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第22回)では、関羽に下邳を守備させ、甘夫人(かんふじん)と糜夫人(びふじん。麋夫人)もそちらへ移す。徐州(彭城〈ほうじょう〉?)は孫乾(そんけん)・簡雍(かんよう)・糜竺(びじく。麋竺)・糜芳(びほう。麋芳)に守備させ、劉備と張飛は小沛に駐屯したとあった。

『三国志演義 改訂新版』(立間祥介〈たつま・しょうすけ〉訳 徳間文庫)の訳者注によると「(ここでいう徐州は)彭城」だという。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (04) 臣道の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました