吉川版『三国志』の考察 第243話 「武祖(ぶそ)」

【この記事をシェアする】

曹操(そうそう)の跡を継ぎ「魏王(ぎおう)」となった曹丕(そうひ)は、長安(ちょうあん)から10万の軍勢をひきいて駆けつけた弟の曹彰(そうしょう)と話をつける。

次いで「建安(けんあん)25年」を「延康(えんこう)元年」と改元したうえ鄴都(ぎょうと)で大喪を執り行うと、亡き父に「武祖」の諡(おくりな)を奉った。

第243話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

曹操(そうそう)の死は天下の春を一時寂闇にした。魏(ぎ)一国だけでなく、蜀(しょく)や呉(ご)の人々の胸へも言わず語らず、人間は、ついに誰であろうと免れがたい天命の下にあることを、いまさらのように深く内省させた。

ここしばらくというもの、洛陽の市人は寄ると触ると彼の死を悼み、その逸話を語り、その人物を評し、何かにつけてその生前を偲(しの)び合っていた。

ここで曹操の出自や風采、趣向などについて、(正史の)『三国志』や裴松之注(はいしょうしちゅう)を踏まえて振り返る記述があった。

なお、その中で触れられていた、陳琳(ちんりん)が袁紹(えんしょう)のために檄文(げきぶん)を作ったことは、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・袁紹伝)の裴松之注に引く孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』などに見える。

ただ吉川版『三国志』においては先の第101話(01)で、袁紹が河北(かほく)4州へわたって檄文を発したことには触れられていたが、この檄文を作ったのが陳琳だったことは書かれていなかった。

(02)鄴都(ぎょうと) 魏王宮(ぎおうきゅう)

かくて魏は次の若い曹丕(そうひ)の世代に入る。彼は父の臨終のとき鄴都の城にいた。やがて洛陽を出た喪の大列をここに迎える日、曹丕は哀号を上げて城外の門に拝した。

ここで侍側の司馬孚(しばふ)が言う。

「太子(たいし。曹丕)には、いたずらに悲しみ沈んでおられるときではありません。また左右の重臣たちも、なぜ嗣君(世継ぎ)を励まし、一日も早く治国万代の政策を掲げ、民心を鎮めたまわぬか」

すると重臣たちは、いまだに太子が「魏王」の位を継ぐことを許すとの勅命が下っていないと答える。

これを聞いた兵部尚書(ひょうぶしょうしょ)の陳矯(ちんきょう)はやにわに声を荒らげ、たとえ勅命が遅くとも、ただちに太子を上せて王位に即け奉るべきだと述べた。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『演義』では陳矯がこの職(兵部尚書)に就いたことになっているが、後漢(ごかん)・三国時代にはこの官名はなかった」という。

また、「(『三国志』の)『魏書・陳矯伝』によれば、彼は『尚書』や『吏部尚書(りぶしょうしょ)』を歴任した。なお漢魏時代の尚書台では、軍事をつかさどる官署は『五兵(ごへい)』と呼ばれており、『兵部尚書』が置かれたのは隋(ずい)・唐(とう)時代のことである」ともいう。

そこへ亡き曹操の股肱(ここう)のひとりである華歆(かきん)が、許昌(きょしょう)から馬を飛ばしてきた。華歆はまず先君の霊壇にぬかずき、太子の曹丕に百拝を終えてから満堂の諸臣を見回して罵る。

「魏王の薨去(こうきょ)が伝わり、全土の民は天日を失ったごとくに震動哀哭(あいこく)し、職も手に付かない心地である」

「御身(あなた)ら多年高禄を食(は)みながら、今日このとき無為茫然(ぼうぜん)。いったい何をまごまごしておられるのか? なぜ一日も早く太子をお立てし、新しき政綱を掲げ、天下に魏の不壊(ふえ。堅固)を示さないのか?」

諸人が口をそろえ、すでにそのことは議しているが、まだ漢朝から何らのご沙汰も下らないので、差し控えているところであると陳弁した。

華歆はあざ笑い、自分が漢朝へ迫り天子(てんし。献帝〈けんてい〉)に奏し、ここに勅命を頂いてきたと言い、懐中から詔書を取り出し読み上げる。

この時の詔書は建安(けんあん)25(220)年春2月付のものだった。史実で曹丕が「魏王」を継いだ時期とも合致している。

こうして名分ができ形式も整うと、ここに曹丕は「魏王」の位に即いて百官の拝賀を受け、同時に天下へその由を宣示した。

この時、曹丕の弟で鄢陵侯(えんりょうこう)の曹彰(そうしょう)が、自ら10万の軍勢をひきいて長安(ちょうあん)から到着したとの知らせが届く。

曹丕は会わないうちからひどく恐れた。曹彰は曹操の次男だが、兄弟中では武剛第一の男である。察するに王位を争わんためではないかと邪推し、恐々と対策を考え始めた。

曹家には4人の実子があった。生前の曹操が最もかわいがっていたのは三男の曹植(そうしょく)だった。

このことについては先の第212話(02)を参照。

しかし華奢(きゃしゃ)なうえ、あまりに文化人的な繊細さを持ちすぎてもいた。そのため愛しはしても、「わが跡を継ぐ質ではない」と、つとに観ていた。

四男の曹熊(そうゆう)は多病だし、次男の曹彰は勇猛ながら経世の才に乏しい。ということで、後事を託すに足るとしていたのは、やはり長男の曹丕でしかなかった。

曹丕は親の目から見ても篤厚にして恭謙。多少は俗に言う総領の甚六(じんろく)的なところもあるものの、輔弼(ほひつ)の任に良臣さえ得れば、曹家の将来は隆々たるものがあろう、と重臣たちにもその旨は遺言されてあった。

「総領の甚六」は、落ち着きがあって小さく動き回らない、世間知らずの長男のこと。

諫議大夫(かんぎたいふ)の賈逵(かき)が、曹丕を慰めて言った。

「ご案じなさいますな。あの方のご気質は手前がよく飲み込んでおります。まずは私が参り、ご本心をただしてみましょう」

(03)鄴都の城外

こうして賈逵が出迎えると、曹彰はすぐに尋ねた。

「先君の印璽(いんじ。しるし)や綬(じゅ。組み紐〈ひも〉)はどこへやったかね?」

賈逵は色を正して答える。

「家に長子あり、国に儲君(ちょくん。世継ぎ)あり。亡君の印綬(官印と組み紐)は、おのずからあるべき所にありましょう。あえてあなたがご詮議(せんぎ)になる理由は、いったいどのようなお心からなのですか?」

曹彰は黙ってしまったが、さらに釘(くぎ)を刺されると、ここへ来たのは父の喪を発するためだと言った。

(04)鄴都 魏王宮

曹彰は賈逵に促され10万の兵を城外に留め置くと、ただひとり宮門に入り兄の曹丕と対面。手を取り合って父の死を悼み悲しんだ。

曹丕が「魏王」を継いだ日から(漢は)改元し、建安25年は同年の春から「延康(えんこう)元年」と呼ぶことになる。

華歆は功により「相国(しょうこく)」に、賈詡(かく)は「太尉(たいい)」に、王朗(おうろう)は「御史大夫(ぎょしたいふ)」に、それぞれ任ぜられた。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(ここでいう『相国』『太尉』『御史大夫』は、)いずれも魏国における三公。それぞれ朝廷の『司徒(しと)』『太尉』『司空(しくう)』に相当」という。

そのほか大小の官僚や武人すべてに褒賞の沙汰があり、曹操の大葬が終わる日、「高陵(こうりょう)」の墳墓に特使が立ち、「以後、諡(おくりな)して『武祖(ぶそ)』と号し奉る」という報告祭を営んだ。

井波版『三国志演義』(第79回)では、曹丕が于禁(うきん)に曹操の墓陵の管理を命じたとある。于禁は陵屋(みたまや)に描かれた(自分が関羽〈かんう〉にひれ伏して命乞いをしている図柄の)壁画を見ると、恥じ入って懊悩(おうのう)し、カッと腹を立てたために病気になり、まもなく死去したのだと。

なお井波版『三国志演義』(第75回)では、孫権(そんけん)は荊州(けいしゅう)の獄中にあった于禁を釈放し、曹操のもとに送り返したとあった。だが、吉川版『三国志』では先の第233話(01)で、獄中にあった魏の虜将の于禁を引き出し、「呉に仕えよ」と首枷(くびかせ)を解いてやったとあった。そのためこの第243話(04)でも、于禁が恥じ入った墓陵の件を採り上げていない。

葬祭の万端を終えたある日、相国の華歆が曹丕の前へ出て言う。

「御舎弟の曹彰の君には、先に連れてこられた10万の軍馬をことごとく魏城に付与され、すでに長安へお立ち帰りになりましたから、まずお疑いはありません」

「ですが、三男の曹植の君と四男の曹熊の君には父君の喪にも会したまわず、いまだに即位のご祝辞もございません。ゆえに令旨をお下しになり、その罪をお責めになる必要がありましょう。不問にしておくべきではありません」

曹丕は進言に従い令旨を発し、ふたりの弟へ使いを遣ってその罪を鳴らした。ところが曹熊のもとへ遣った使者は、帰ってくると涙を流して告げた。

「常々ご病身でもあったせいでございましょうが、問罪の状をお渡しいたしますと、その夜、自らお頸(くび)をくくって、哀れ自害してお果てあそばしました」

曹丕はひどく後悔したが事及ばず、曹熊を手厚く葬らせた。

そのうち曹植のもとへ遣った使者も帰ってきたが、この報告は曹熊の時とは反対に、いたく曹丕を憤らせた。

管理人「かぶらがわ」より

魏は新たな時代に入りましたが、さっそく兄弟間の騒動が……。

曹熊は早くに亡くなったということで、その没年もはっきりしません。ただ、魏の黄初(こうしょ)2(221)年に「蕭懐公(しょうのかいこう)」の諡号(しごう)を贈られていますので、それ以前であることは確か。

なので、この第243話で描かれたような話は、個人的には「まぁアリかな」というところ。それでも、曹熊は自害して果てたわけではないと思いますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】