吉川版『三国志』の考察 第242話 「曹操死す(そうそうしす)」

曹操は華陀(かだ。華佗)の治療を拒んだばかりか、彼を投獄し処刑してしまう。

その後、曹操の容体はいくらか持ち直すも、やはり回復には至らず、220年正月に66年の生涯を閉じた。

第242話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

せっかく名医に会いながら、曹操(そうそう)は華陀(かだ。華佗)の治療を受けなかった。のみならず、その言を疑い、獄へ投じてしまったのである。まさに、彼の天寿もここに尽きるの兆(しるし)というほかない。

「華陀」については先の第59話(04)を参照。

ところが、典獄(てんごく)の呉押獄(ごおうごく)は罪なき華陀の災難を気の毒に思い、夜具や酒食を差し入れたり、拷問にかけよと命ぜられても、密かにかばい報告だけをしていた。

井波版『三国志演義』(第78回)では、「呉」という姓で、「呉押獄」と呼ばれている牢番がいたとある。

華陀は深く恩を感じ、ある日、人目のない折に落涙して言う。

「呉押獄。情けはありがたいが、もし上司に知れたらたちまち御身(あなた)は免職になるであろう。わしもすでに老齢じゃ。長からぬ命と今は悟っておる。以後はどうか放っておいてほしい」

それでも呉押獄は、自分は姓と同じく呉の生まれで、若いころには医者の書生となって勉強したこともあったと明かし、そのような心配はいらないと言った。

井波版『三国志演義』(第78回)では、呉押獄が呉の生まれだったという設定はうかがえない。

華陀は恩返しの一端に、金城(きんじょう)の自宅に秘蔵している『青囊(せいのう)の書』を譲ろうと言い、家人あてに手紙を書く。

華陀が金城に住んでいたことについては、前の第241話(03)を参照。

このころ曹操の病が重体と伝わり、宮門の内外も各役所も何となく繁忙と緊張を加えていた。そのため呉押獄は、華陀からもらった手紙を深く肌身に秘し、つい10日余りを過ごしていた。

するとある日の早暁、突然、剣を提げた7人の武士が獄府へ来る。魏王(ぎおう。曹操)のご命令だと言って牢番に華陀のいる獄の扉を開かせ、中へ躍り込んだかと思うと、一声のうめき声が外まで聞こえた。

呉押獄がそこへ来て見たときは、血刀を提げた7人が悠々と帰っていくところだった。魏王のご命令で成敗したのだという。華陀が毎晩のように夢の中に現れるゆえ、斬殺してこいとのお言いつけだったとも。

呉押獄はその日のうちに役を辞め、金城へ旅立つ。そして、華陀の家を訪ねて手紙を渡すと、『青囊の書』を乞い受け郷里に帰った。

このあたりの記述からは、どうも「金城」が「涼州(りょうしゅう)の金城郡」と解釈されている気もするが……。「金城」の解釈については前の第241話(03)を参照。

(02)呉 呉押獄の家

「おれは典獄を辞め、これからは医者で立つ。しかも、天下の大医になってみせる」

呉押獄は久しぶりに酒など飲み、妻にも語り、その晩はわが家に寝た。翌朝、ふと庭面を見ると、妻が落ち葉を積んで焚き火をしている。

呉押獄はアッと驚き、「馬鹿っ。何をするか!」と焚き火を踏み消し叫んだが、もう『青囊の書』は落ち葉の火とともに灰になっていた。

だが、妻は血相を変え怒り立つ夫へ、灰のごとく冷ややかに言い返す。

「たとえあなたの身がどれだけ流行るお医者になってくれても、そのことから捕らわれて獄へ引かれたらそれまでではありませんか? 私は禍いの書を焼き捨てたのです。いくら叱られても構いません。夫を獄中で死なせるのを、妻として見ているわけにはまいりませんから……」

ために華陀の『青囊の書』は、ついに世に伝わらなかったのだという。

(03)洛陽

(建安〈けんあん〉24〈219〉年の)冬の初め、ひとたびは曹操の危篤が伝えられたが、12月に入ると容体は持ち直してきた。そこへ呉の孫権(そんけん)から見舞いの使節が入国する。

孫権は書簡に自ら「臣」と書き、「魏が蜀(しょく)をお討ちになるならば、臣の軍勢はいつでも両川(りょうせん。東川〈とうせん〉と西川〈せいせん〉。漢中〈かんちゅう〉と蜀のこと)へ攻め入り、大王の一翼となって忠勤を励むでしょう」と媚(こび)を示していた。

ここに至って、漢朝(かんちょう)の廷臣や「侍中(じちゅう)」「尚書(しょうしょ)」などの職にある一部の策動家の間に、曹操を「大魏皇帝(たいぎこうてい)」の位に上せ、あるかなきに等しい漢朝を廃し、自分たちもともに栄耀(えいよう)を図ろうとする運動が密かに進んでいた。

しかし曹操は、「予はただ周(しゅう)の文王(ぶんおう)たればよし」と言うのみで、自身が帝位に即こうとは言わない。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『周の文王』は)周王朝の事実上の始祖。文王自身は終生、殷(いん)の臣下であったが、その子の武王(ぶおう)が殷を伐(う)ち、周を開いた」という。

また、曹操は司馬懿(しばい)の進言を容れ、孫権を「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)・南昌侯(なんしょうこう)」とし「荊州牧(けいしゅうのぼく)」を兼ねさせることにする。

その晩、曹操は夢を見た。3頭の馬がひとつの飼桶(かいおけ)に首を入れエサを争い食っている。そのような夢を見たのだった。

朝になって話すと、賈詡(かく)は笑って言った。

「馬の夢は吉夢ではありませんか。ですから馬の夢を見ると、民間ではお祝いをするくらいですよ」

何(いずく)んぞ知らん、この一夢はやがて曹家に代わって司馬家が天下を取る前兆ではあった、と後になって付会して語る人々もあった。

新潮文庫の註解(渡邉義浩氏)によると「『飼桶(槽)』が『曹氏(槽と曹は同音)』を、『三馬』が『司馬父子(司馬懿・司馬師〈しばし〉・司馬昭〈しばしょう〉)』を暗示している」という。

12月の半ばごろから曹操の容体は再び険悪になった。一代の英雄児も病には勝てない。彼は昼夜となく悪夢にうなされた。

侍臣は、天下の道士を集めご祈とうを命ぜられるようにと勧めたが、曹操は苦笑して退ける。その後、すべての重臣を枕頭(ちんとう)に呼び、厳かに言った。

「予には4人の子があるが、4人ともがみな俊英秀才というわけにもいかない。予の観るところは平常のうちにお前たちにも語っておる。汝(なんじ)らよくわが意を酌み、忠節を継ぎ、予に仕えるごとく長男の曹丕(そうひ)を立て長久の計を図れよ。よろしいか」

曹操の子が4人とあることについては、先の第212話(02)を参照。

こう言うと、曹操はその瞬間に66年の生涯を一望に回顧したのであろう。涙雨のごとく頰(ほお)を濡(ぬ)らし、一族や群臣の嗚咽(おえつ)する眸(ひとみ)の中に忽然(こつぜん)と最期の息を終わった。

時は建安25(220)年の春正月の下旬、洛陽の城下に石のような雹(ひょう)が降っていた。

管理人「かぶらがわ」より

まさに『三国志』の巨星落つの観。やはり、この時代の主役は曹操だったのだと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】