吉川版『三国志』の考察 第241話 「梨の木(なしのき)」

【この記事をシェアする】

洛陽(らくよう)に留まっていた曹操(そうそう)は、このところ体の不調を訴えることが増えていた。

そこでみなの勧めに従い新たな宮殿の造営を決め、名工の蘇越(そえつ)に図面を描かせる。蘇越は大殿の棟木に、躍龍潭(やくりょうたん)の淵に生えている梨の神木を使う案を示す。

第241話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

戦陣にある日は年を知らない曹操(そうそう)も、凱旋して少し閑になずみ、栄耀(えいよう)贅沢(ぜいたく)をほしいままにしていると、どこが痛む、ここが悪いと、とかく体のことばかり訴える日が多くなった。

如何(いか)んせん彼も、すでに65歳という老齢(とし)である。体のままにならないのは自然だったが、まだ自分ではそう思わないらしい。

「どうもこう近ごろのように優れないのは、関羽(かんう)の霊でも祟(たた)っているのではあるまいか?」などと、ときどき気に病んだりした。

あるとき侍臣たちが勧める。

「この洛陽の行宮(あんぐう)も、もうずいぶん殿宇が古くなっていますから、自然怪異(けい)のことが多うございます。居は気を変えると申しますから、別に新殿を一宇(いちう)お建てになられてはいかがですか?」

曹操は、以前から「建始殿(けんしでん)」と名付ける大楼を造営したいという望みを抱いていた。だが、彼の求めるような良工が見つからない。今もそれを言うと、侍臣のひとりが「蘇越(そえつ)」という建築の名工を薦める。

曹操は賈詡(かく)に命じ、蘇越にその儀を伝えさせた。そして、賈詡の手から蘇越の設計図を受け取り気に入った様子を見せる。

しかし、大殿に使う9間(けん)という長さの棟木があるとは思えない。蘇越を呼び、そのような材木をどこから探してくるのか、と尋ねた。

蘇越は答えて言う。

「洛陽から30里(り)、躍龍潭(やくりょうたん)の淵(ふち)にひとつの祠(やしろ)がございます。そこにある梨(ナシ)の木は高さ10余丈(じょう)、千古の神木です。これを切って棟梁(はり)となされてはいかがでしょうか?」

曹操は梨の木とは珍しいと喜び、すぐに大勢の人夫を遣って切らせようとした。ところが、その神木の幹は鋸(のこぎり)の刃も斧(おの)もてんで受け付けないということで、幾日経っても運ばれてこない。すると曹操は、急に数百騎の供を連れ躍龍潭へ出かけていく。

(02)躍龍潭

曹操は神木の根元に寄って言った。

「普天(天下)の下、われに怪をなすものはない。いま汝(なんじ)を切って、わが建始殿の棟梁とする。汝、精あらば後生の冥加(みょうが)を喜んでよかろうぞ」

そして剣を抜くと、梨の幹へ一伐を加える。それを眺めていた土地の老翁(ろうおう)や神官などが、みなアッと声を放って泣く。その声とともに梨の木は震々と葉を振りこぼし、幹は血のごとき樹液をほとばしらせた。

「すでに予が斧初めの刃を入れた。もし木の精が祟るなら曹操へ祟るだろう。もう心配はないから恐れずに切れ」

工匠(たくみ)の蘇越や人夫らにそう告げ、洛陽へ立ち帰る。

(03)洛陽

しかし、曹操が宮門で車を降りたとき、すでに顔色は常ではなかった。少し気分が悪いとつぶやくと、すぐ寝殿に入ってしまう。

曹操は高熱を発し、梨の木の怪神が幾たびも予の胸を押したと言い張って聞かない。翌日も、なお頭痛を訴えてやまない。時折、梨の木の怪を口走ることも前夜と同じなのである。

侍医はあらゆる薬餌(やくじ)を試みたが、病人の苦悩は少しも減じない。日を経るにしたがい、彼の面には古い壁画の胡粉(ごふん)が剝落していくように、げっそりとやつれが見えてくる。

だが、今朝は珍しくいくらか気分がよいらしく、曹操は見舞いに来た華歆(かきん)と話し込んでいた。華歆は、いま金城(きんじょう)に住んでいるという華陀(かだ。華佗)を召すよう勧める。

「華陀」については先の第59話(04)を参照。

参考文献に挙げた立間版『三国志演義』の訳者注によると、「(ここでいう『金城』は、)洛陽北西角の『金墉城(きんようじょう)』」だという。この訳者注は興味深いもので、ここを「涼州(りょうしゅう)の金城郡」と解釈するより無理がないと思う。

曹操も意を動かす。名医の華陀の名はつとに聞いており、呉(ご)の周泰(しゅうたい)を療治した話も知っていた。

華陀が周泰を療治したことについては、先の第59話(04)を参照。

華歆は、華陀が療治した例として甘陵(かんりょう)の相夫人(しょうふじん)の話を聞かせる。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『甘陵の相夫人』とは)『甘陵相(官名)の夫人』の意」だという。

夫人が妊娠して6か月目ごろ、ひどい腹痛による苦悶(くもん)が三日三晩に及んだため、華陀に診てもらった。

華陀は脈を診るとすぐ、「あぁ、これは惜しい。孕(はら)まれたのは男子らしいが、すでに食毒にあたって腹中で絶命している。いま癒やさなければ母命も危ういところだろう」と言った。

そこで調薬して与えると、果たして男胎(母の腹の中にいる男の子)が下り、夫人は7日を経てもとの体に返ったのだと。

曹操が華陀を呼ぶよう言うと、さっそく華歆は使いを走らせた。華陀は到着した日に登殿し、曹操の病間へ伺候する。そして慎重に眼瞼(がんけん)や脈を調べると、「風息(ふうそく)の病」と診断した。

「風息の病」については各書で微妙に見解が異なる模様。これだと決めつけられないので、本文の内容から大まかなイメージを捉(とら)える程度にしておく。

曹操が根治する方法はないかと尋ねると、華陀は考え込んだ後、こう答えた。

「ないこともありません。けれど非常に難しい手術を要します。ご持病の病根は脳袋(のうたい)の内にあるので、薬を召し上がっても何の効果もないのです」

「ただひとつの方法は『麻肺湯(まはいとう。麻酔薬)』を飲んで仮死せるごとく、昏々(こんこん)と意識も知覚もなくしておいてから、脳袋を切り開き、風涎(ふうぜん。?)の病根を取り除くのでございます。さすれば十中の八、九は根治するやもしれません」

もし十中の一でもうまくいかなかったらどうなるか、と重ねて尋ねると、華陀は答えた。

「恐れながら、ご命数とおあきらめあそばすしかございませぬ」

曹操が勃然(ぼつぜん)と怒ると、さらに華陀は言った。

「はははは。私には自信がございますが、あえて謙遜(けんそん)して申し上げたのです。かつて荊州(けいしゅう)の関羽が毒矢に当たり苦しまれていたときも、手前が行きその臂(ひじ)を切り骨を削り、さしもの毒を取り除いて全治させておりまする。なぜ大王には、それしきの手術を恐れ華陀の医術をお疑いあそばすか?」

曹操はこれを聞くと、華陀がこの機会に関羽の仇(あだ)を報ずるつもりだと決めつけ、搦(から)め捕り投獄してしまう。

華陀が関羽の左臂を治療したことについては、先の第230話(01)を参照。なお井波版『三国志演義』(第78回)では、華佗(華陀)が周泰や関羽を治療した話は見えるが、そのほかの例話については別の話が採られていた。

管理人「かぶらがわ」より

吉川版『三国志』や『演義』における華陀の設定については先の第230話でも触れましたが、この第241話の描写も創作なのですよね。

ここで言いたいことは、関羽は黙って臂の骨を削られたのに、曹操は騒いで手術を受けなかった、ってことなのでしょう? こういった話の組み立て方は、ちょっと嫌な感じがしました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】