吉川版『三国志』の考察 第257話 「孔明を呼ぶ(こうめいをよぶ)」

陸遜(りくそん)に大敗し白帝城(はくていじょう)へ逃げ込んだあと、劉備(りゅうび)は成都(せいと)に戻ろうとしない。この地を「永安(えいあん)」と改めて留まり続ける。

そして、先の戦いの折に諸葛亮(しょかつりょう)の進言を聞き入れようとしなかった己を恥じ、容易に立ち直る気配を見せなかった。

第257話の展開とポイント

(01)凱旋途中の陸遜(りくそん)

蜀(しょく)を破ったこと疾風迅雷だったが、退くこともまた電馳奔来(でんちほんらい)の速さだった。勝ち驕(おご)っている呉(ご)の大将たちは、半ばからかいぎみに陸遜に尋ねる。

「せっかく白帝城(はくていじょう)へ近づきながら、石の擬兵(敵を欺くための偽りの兵。疑兵)や乱石の八陣を見て急に退いてしまったのは、いったいいかなるわけですか? 本物の孔明(こうめい。諸葛亮〈しょかつりょう〉のあざな)が現れたわけでもありますまいに」

陸遜が石の擬兵や乱石の八陣を見て引き揚げたことについては、前の第256話(03)を参照。

陸遜はまじめに言った。

「そうだ。わが輩が孔明を恐れたことは確かだ。だが、引き揚げた理由は別にある。それは今日明日のうちに、事実となって諸公にもわかってくるだろう」

人々は一時逃れの遁辞(とんじ)だろうとおよそに聞いた。ところがそれから2日目、陸遜の本営には櫛(くし)の歯を引くような急変の知らせが呉国の諸道から集まってくる。

「魏(ぎ)の大軍が三路に分かれ、曹休(そうきゅう)が洞口(どうこう)に侵出し、曹真(そうしん)が南郡(なんぐん)の境へ迫り、はや曹仁(そうじん)は濡須(じゅしゅ)へ向かって、雲霞(うんか)のごとく南下しつつあります」

陸遜は手を打ち、明察が過たなかったことを自ら祝し、呉国のためにも大幸なりしよと、すぐさま対戦の姿勢を取った。

(02)永安宮(えいあんきゅう)

一方、大敗を受けて白帝城に隠れた劉備(りゅうび)は「成都(せいと)に帰って群臣に合わせる顔もない」と、深宮の破簾(はれん)にただ傷心を包んでいた。

そのうち漢中(かんちゅう)で諸葛亮に会った馬良(ばりょう)が帰ってきて、彼の言葉を伝える。

「いまさら言っては愚痴になるが、丞相(じょうしょう。諸葛亮)の言葉に従っておれば、今日のような憂き目には立つまいに……」

劉備はいたく嘆き、遠く彼を慕う。それでも成都帰還のことはなく、白帝城を改め「永安宮」と呼んでいた。

このころ蜀の水軍の将である黄権(こうけん)が、魏に入って曹丕(そうひ)に降ったといううわさが聞こえる。

側臣は黄権の妻子一族を斬ってしまうべきだと勧めたが、劉備は自分の罪だと言い、かえって家族を保護するよう命じた。

(03)洛陽(らくよう)?

黄権は魏に降って曹丕にまみえたとき、「鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)」に任じようと言われたが暗に仕えることを拒んだ。

このとき黄権がどこで曹丕にまみえたのかよくわからなかった。井波版『三国志演義』(第85回)を見てもイマイチはっきりしない。もしかしたら「許都(きょと)」かも?

ここへひとりの魏臣が入ってきて、わざと大声で伝える。

「いま蜀から帰った細作(さいさく。間者)の知らせによると、黄権の妻子一族は劉備の怒りに触れ、ことごとく斬刑に処されたそうでございます」

聞くと黄権は苦笑して言う。

「それはきっと何かのお間違いか、為にする者の虚説です。わが君はそのような御方では決してありません」

かえってそれらの者の無事を信ずるふうだった。曹丕はもう何も言わず、黄権を退ける。その後、三国の地図を広げ、密かに賈詡(かく)を召し寄せた。

曹丕が尋ねる。

「朕が天下を統一するには、まず蜀を先に取るべきか、それとも呉を先に攻めるべきだろうか?」

賈詡は黙考久しゅうして答えた。

「蜀も難し、呉も難し……。要は両国の虚を計るしかありません。しかし陛下の天威、必ずお望みを達する日はありましょう」

さらに曹丕は、いま三道から呉へ向かっている魏軍の結果を問う。だが賈詡は、おそらく何の利もありますまいと答えた。

曹丕は、賈詡の言葉には終始一貫したものがないとなじる。すると賈詡は面を冒して言った。

「そうです。先に呉軍が蜀軍に押され敗退を続けていたときならば、魏が呉を侵すには絶好な付け目であったに相違ございません」

「しかるに今は形勢まったく逆転し、陸遜は全面的に蜀を破り、呉は鋭気日ごろに百倍してまさに不敗の強みを誇っております。ゆえに今では呉に当たりがたく、当たるは不利だと申し上げたわけでございます」

井波版『三国志演義』(第85回)では「そうです。先に呉軍が…」以下の発言については、賈詡に続いて進言した尚書(しょうしょ)の劉曄(りゅうよう)のもの。吉川版『三国志』では、このくだりを曹丕と賈詡のやり取りでまとめている。

曹丕はすでに呉境へ兵を出しており、自分の心もすでに定まっていると言って耳を貸さない。三路の大軍を補強すると自身も督戦に向かった。

(04)濡須

一面で蜀を討ち、一面で魏を迎え、この間、神速円転。用兵の妙を極めた陸遜の指揮のため、呉は何らうろたえることもなく堂々と三道の魏軍に接し、よく防ぎよく戦った。中でも呉にとり最も枢要な防御線は建業(けんぎょう)に近い濡須城である。

魏はこの攻め口に曹仁を差し向け、曹仁は配下の王双(おうそう)と諸葛虔(しょかつけん)に5万余騎を授けて濡須を囲ませた。曹丕が督戦に臨んだ陣もまさにここで、魏の士気はいやがうえにも振るう。

このとき濡須の守りにあたった呉の大将は、まだ27歳の朱桓(しゅかん)だった。彼は若いながらも胆量のある人物だった

史実の朱桓は光和(こうわ)元(178)年生まれ。この年(魏の黄初〈こうしょ〉3〈222〉年)には45歳だった。ここで朱桓が大幅に若く設定されているのは、『演義』の設定を踏襲したためだと思われる。なお先の第135話(01)で、あざなの「休穆(きゅうぼく)」として登場している。

先に城兵から5千を割き、羨渓(せんけい)の固めに出してしまっていたため、城中の兵は少ない。諸人みな恟々(きょうきょう)と震え上がり言った。

「この小勢ではとても目に余る魏の大軍を防ぎきれまい。今のうちにここを退き後陣と合するか、後陣をここへ入れたうえ、さらに建業から新手の後ろ備えを仰がねば互角の戦いをすることはできまい」

朱桓は主なる部下を会し、遠く来た敵の大軍が抱える不利を説き、私の指揮を信じて百戦百勝の信念を持つよう言う。明日は自ら城を出て、その証(しるし)を明らかに見せてやるとも。

翌日、朱桓はわざと虚を見せ敵勢を近くに誘う。魏の常雕(じょうちょう)は短兵急に城門へ攻めかけてきた。

だが、門内は寂として一兵もいないようである。魏兵は不用意に城壁へつかまり、常雕も堀際まで馬を出して下知していた。

すると轟音(ごうおん)一発。数百の旗が櫓(やぐら)・望楼・石垣・楼門の上などに一遍に翻る。弩(ど)や征矢(そや。戦に用いる矢)が一度に魏兵の上へ降り注いできた。

続いて城門が八文字に開かれると、朱桓は単騎で乱れる敵中へ入って常雕をただひと太刀に斬り落とす。前隊の危急を聞き、中軍の曹仁は即座に大軍をひきいて進んできた。

しかし振り返ると、意外にも羨渓の谷間から雲のごとく湧き出した呉軍が退路を断ち、後ろから金鼓を打ち鳴らしてくる。

実にこの日の敗戦が魏軍の負け癖のつき始めとなった。以後は連戦連敗で、どうしても朱桓に勝てない。

そこへまた、洞口と南郡の二方面からも敗報が伝わる。ついに曹丕はここを断念。無念を呑みながら敗旗を巻き、ひとまず魏へと引き揚げた。

井波版『三国志演義』(第85回)では、ここで曹丕が軍勢をひきいて洛陽へ帰還したとあった。ならば、この第257話(03)は「洛陽」ということでよさそう。

管理人「かぶらがわ」より

陸遜の好判断と朱桓らの奮戦。結局、魏は三方面とも大した戦果を上げられませんでした。朱桓の年齢設定がいくらか残念か……。

あと、気になったのがタイトルの「孔明を呼ぶ」。まったく無関係とまでは言えませんけど、どうもしっくりこない。「濡須(の)攻防戦」とか、朱桓の活躍に絡んだタイトルのほうがよかったような……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】